博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    1: しじみ ★ 2020/07/18(土) 04:38:32.00 ID:NdL4YBqa9
    日本人が苦手とする英語の「L」と「R」の発音を聞き分ける能力が、瞳孔の反応の違いに表れることを発見した、と豊橋技術科学大学の研究グループが発表した。リスニング能力の客観的な評価に活用し得るほか、瞳孔を指標にしてトレーニングすることで、能力を向上できる期待もあるという。

    英語学習者の多くはLight(光)とRight(右)、Glass(グラス)とGrass(草)にそれぞれ含まれるLとRのように、日本語にもともと存在しない音を含む聞き分けを苦手とし、上達の高い壁となっている。一方、目に入る光量を調整する瞳孔(黒目)の大きさが脳の働きにより、無意識の認知状態を反映して変わることが知られている。

    そこで同大情報・知能工学系の中内茂樹教授(認知情報学)らのグループは、英語の聞き分け能力を瞳孔から推定できるか調べるため、大学生20人に実験を行った。「Light」の発音を繰り返し再生する中に時折、違う単語「Right」を混ぜ、またその逆も行い、瞳孔の反応をカメラで調べた。被験者には音を気にせず聞き流し、注意をそらすため何も映らないモニター画面を見続けるよう指示した。実験に先立ち、被験者に対してLとRを含む似た単語20組、計40語の聞き分けのプレテストを行い、高得点群と低得点群に分けておいた。
    no title


    その結果、プレテストの高得点群は低得点群に比べ、違う単語を聞いた際に瞳孔が顕著に大きくなることが分かった。被験者は実験後、音の違いが簡単に分かったと一様に話したものの、高得点群は単語を聞いた直後から徐々に瞳孔が大きくなったのに対し、低得点群は反応開始が遅く、あまり大きくならなかった。またプレテストの成績と実験での瞳孔反応の度合いの間には比較的強い相関があり、プレテストが高成績だった人ほど反応が大きかった。
    no title


    グループは、高得点群では音に加え、より高次の要因である単語の意味まで想起することで、瞳孔が大きくなったと推測している。

    瞳孔反応の違いは「S」と「TH」など、ほかの発音にもみられる可能性がある。また英語話者にとっての中国語など、さまざまな外国語の聞き分け能力の指標になる期待があるという。研究をまとめた同大大学院工学研究科博士後期課程1年の金塚(きんづか)裕也さんは「これまではテストの解答を採点することでリスニング能力を評価してきたが、瞳孔反応により客観的に能力を評価できるのでは」と述べている。

    瞳孔反応の大きさを指標としてトレーニングすることで、効果的な学習につながる期待もあるという。中内教授は「ゴルフの練習ではボールが飛ぶのが見えるので、スイングの感覚がつかめる。リスニングでも脳で起きていることが瞳孔で確認できると、うまくいった時の感覚がつかめて学習意欲が保てるだろう」とする。

    成果は英国の科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に5月15日に公開され、同大が7月3日に発表した。

    https://news.mynavi.jp/article/20200717-1159113/

    【【研究/言語】英語のL(Light)とR(Right)、聞き分け能力は瞳孔反応で分かる 黒目の大きさが無意識の認知状態を反映】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/07/18(土) 16:48:06.46 ID:/L5fLgOT9
    人気俳優の三浦春馬さん(30)が18日、港区の自宅で死亡しているのが明らかになった。自殺とみられる。
    この日仕事の予定だったが、仕事に現れなかったため、関係者が自宅を訪れると首をつった状態で見つかったという。搬送先の病院で死亡が確認された。

    気になるのは自殺の動機だ。「変わった様子はなかった」とする証言がある一方、ある芸能プロ関係者はこんなことを言う。

    「昨今の芸能人のスキャンダルに対し、マスコミや世間が一斉にバッシングする風潮に疑問を感じていたんですよ。
    東出昌大の唐田えりかとの不倫もそう。明らかになった数日後、自身のツイッターで苦言を呈したことがあった」

    たしかに、三浦の1月29日付のツイッターには「明るみになることが清いのか、明るみにならない事が清いのか…
    どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う。
    国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」とある。

    ところが、これがネット民の猛反発を呼んだという。

    同関係者は「お前は東出を擁護するのか、と。当時は東出が大バッシング中でしたからね。
    逆に三浦が集中砲火を浴びて、けっこう参っていたと聞く。最近も木下優樹菜が引退に追い込まれたし、絶望したのかもしれない」と話す。

    三浦さん自殺の一報が流れる数時間前、同じ事務所で親交のある俳優の賀来賢人(31)はインスタグラムのストーリーで以下の投稿をしている。

    「人が好きなモノや、一生懸命やっている事を馬鹿にするのなんか超簡単で、否定したり、好きだ嫌いだ言う事も超簡単。
    本当に超簡単。靴紐結ぶより。SNSがもっとポジティブになる事を願ってます。」

    ファンの間では「意味深だ」と騒然となっている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f1aa11ab4901b82931fbed58bbbf93781a89d55

    【【芸能】 三浦春馬さん SNSで誹謗中傷されていた!】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/17(金) 06:06:34.30 ID:IxYrakEi9
    [7.16 リーガ・エスパニョーラ第37節 エイバル3-1バリャドリー]

     リーガ・エスパニョーラ第37節が16日に開催され、MF乾貴士の所属する15位エイバルはホームで14位バリャドリーと対戦し、3-1で勝利を収めた。乾は2試合連続でスタメン出場し、1-1の前半28分に決勝ゴールとなる今季2得点目をマーク。後半20分までプレーし、チームの2連勝に貢献している。

     すでに残留を決めているエイバルは前半21分に先制した。左CKからキッカーのMFペドロ・レオンが右足でクロスを供給。DFペドロ・ビガスがヘディングで合わせ、右ポストを叩いたボールがネットを揺らす。同28分にはバリャドリーMFフェデ・サン・エメテリオからGKホセ・アントニオ・カロへのバックパスがずれると、乾が素早く反応。ボールを拾って無人のゴールに決め、追加点を奪った。

     乾は昨年12月20日の第18節グラナダ戦(○3-0)以来、19試合ぶりとなる今季2点目を記録。2-1の後半20分にFWシャルレスとの交代で退いた。エイバルは同26分に1点を返されたが、同アディショナルタイム2分にMFパブロ・デ・ブラシスがPKを沈め、ダメ押し弾を奪取。3-1でバリャドリーを振り切り、6月以来の連勝を飾った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0031c18207ff06ee0fc5f0937b363f70e380a0e

    【【サッカー】乾貴士が流行に乗ったタピオカのようにノリノリのタピオカゴール!!】の続きを読む

    1: 就職戦線異状名無しさん 2020/04/14(火) 00:07:01.74 ID:Uj4B2NWL
    トヨタグループに詳しい人来てください

    【トヨタグループ就活スレ】の続きを読む

    1: 就職戦線異状名無しさん 2019/04/01(月) 22:35:13.87 ID:Ufl7mCa5
    理系で大学院に進むかもしれないんですが、いつから就活を始めればいいんでしょうか。文系の人は大学3年から夏のインターンだとかが始まるとかで、
    面接、ES、筆記の対策してみたりするんでしょうが、
    理系で大学院に進む予定の人は勉強に勤しんでいればいいのか教えて欲しいです。

    【大学院進学者の就活について教えてください】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/14(火) 11:33:46.48 ID:yrVkW5JzM
    なに?

    【テニプリ河村隆(パワーS・寿司S・人望S)←こいつが天下を取れなかった理由】の続きを読む

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/04/13(月) 14:40:26.92 ID:CAP_USER
    →アメリカ・アラバマ州沿岸の海底で、6万年前のイトスギが発見される
    →イトスギの中に見つかった「フナクイムシ」という生物が、新薬開発に応用できるとのこと

    2004年、メキシコ湾を襲ったハリケーン・アイバンにより、アラバマ州・モービル湾の海底18メートル付近で、太古のイトスギが出土しました。
    no title


    このイトスギは、およそ6万年前のもので、現在のアラバマ沿岸に繁茂していた森の木でした。その後の気候変動により、イトスギは何千年ものあいだ、海底の土壌中に埋もれていたようです。

    これほど古い木が発見されただけでも貴重なことですが、今回、ルイジアナ州立大学、サザン・ミシシッピ大学、ユタ大学などの研究により、この木が新薬開発に応用できることが判明しました。

    その鍵を握るのは、木の中に発見されたある太古の生物とのことです。

    報告の詳細は、「NOAA(アメリカ海洋大気庁)」に掲載されています。

    Bioprospecting for Industrial Enzymes and Drug Compounds in an Ancient Submarine Forest
    https://oceanexplorer.noaa.gov/explorations/20ancient-forest/welcome.html

    ■木の中の「小型生物」が新薬の鍵を握る?

    研究チームは、イトスギが生きていた時代の環境や気候条件を調査するため、採取したサンプルを分析にかけています。

    イトスギは、海底の土壌に埋もれていたおかげで保存状態が良く、酸化や腐食が防がれていました。
    no title


    同チームのクリスティン・ドゥロン氏は「樹皮を切り取ると、空気に充満するほどの強い樹液が出てきました。また、木の繊維や年輪も目で確認することができました」と話しています。

    分析の結果、イトスギの年輪は、現生するイトスギのそれよりも間隔が狭く、サイズも均等であることから、当時の気候は現代よりずっと寒冷であったことが分かりました。

    さらに、木の中には、およそ300におよぶ古代生物の死骸が見つかっています。
    no title


    中でも研究チームが特に注目したのが、「フナクイムシ(shipworm)」です。

    フナクイムシは、細長い水管が発達した小型の軟体生物で、体の前面には2枚の貝殻を持っています。彼らは、海底に沈んだ木材に住み着き、貝殻は樹皮に穴を開けるために使用されます。

    そのため、フナクイムシは「海のシロアリ」とも呼ばれるそうです。
    no title


    採取されたフナクイムシからは、100種ほどの細菌株が抽出されており、しかもその多くが新種と判明しています。

    研究チームは、その中から12種の細菌株を選び出し、DNA配列の解析を行いました。

    その結果、これらの遺伝情報が、対寄生虫の治療薬や痛み止め、抗ガン剤、抗ウイルス剤といった新しい抗生物質の開発に応用可能と特定されたのです。
    no title


    一方で、新薬開発のためには、遺伝情報の分析も含め、さらなるサンプルが必要です。

    しかし現在、メキシコ湾での調査は新型コロナウイルスの影響により自粛されています。

    そこで研究チームは、無人の潜水ロボットを用いることで、イトスギの眠る海底の調査を継続する予定です。

    早くとも来年には、本格的な研究が再開されるとのことで、新薬開発に期待が寄せられています。

    https://nazology.net/archives/56549

    【【研究】海底で発見された「6万年前の木」に住む生物が新薬開発の鍵を握っていた】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2020/06/15(月) 17:14:43.55 ID:CAP_USER
    過労や強いストレスが、なぜうつ病を引き起こすのか。この謎の答えの鍵を握るウイルス由来のたんぱく質を、東京慈恵会医大の研究チームが確認した。このたんぱく質はうつ病の発症リスクを大幅に高めるといい、このたんぱく質の存在が確認された人は、そうでない人に比べ12・2倍うつ病になりやすかった。研究チームはうつ病の血液検査法の開発や発症の仕組みを調べる手がかりになると期待している。

     慈恵医大の近藤一博教授(ウイルス学)らは長年、疲労とウイルスの関係を調べ、疲労が蓄積すると唾液(だえき)中に「ヒトヘルペスウイルス(HHV)6」が急増することを突き止めていた。

     HHV6は、赤ちゃんの病気である突発性発疹の原因ウイルスで、ほぼ全ての人が乳幼児期に感染し、以降ずっと、体内に潜伏感染している。

     普段は休眠しているが、体が疲れると、HHV6は目覚め「弱った宿主から逃げだそう」と、唾液中に出てくる。その一部が口から鼻へ逆流する形で、においを感じる脳の中枢「嗅球(きゅうきゅう)」に到達し、再感染を起こしていた。

     近藤教授らは、再感染すると、嗅球で「SITH(シス)1(ワン)」というたんぱく質が作られ、この働きで脳細胞にカルシウムが過剰に流れ込み、死んでいくことを培養細胞やマウスの実験で突き止めた。さらに、嗅球の細胞死によって、記憶をつかさどる海馬での神経再生が抑制されていた。

     ストレス状態に置かれたマウスが、状況から逃げる行動をあきらめるまでの時間を計る「うつ状態モデル」とされる実験では、嗅球でこのたんぱく質が作られるようにしたマウスは通常のマウスより早くあきらめ、抗うつ剤を与えると、通常マウス並みに戻った。

     また、計166人の血液で、このたんぱく質があることの証明になる「抗体」を調べるとうつ病患者の8割で確認され、量も健常人に比べ、うつ病患者で極めて多かった。

     これらの結果から、研究チームは、過労やストレスからうつ病が発症する経緯を(1)過労などでHHV6が唾液に出る(2)嗅球に再感染し、SITH1を作る(3)SITH1によって嗅球や海馬などで脳細胞の状態が激変する(4)意欲減退などが起きる――という流れではないかと推論している。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/82ad6000d953fe70c3cee162ef60e33ceb9cb8e3

    【【医学】うつ病の「引き金」物質を確認 疲労やストレスで増加】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2020/06/24(水) 17:29:48.10 ID:CAP_USER
    →明るさにかかわる錯覚の原理は100年以上研究されている
    →脳が錯覚に介在している場合、ありえない錯覚のパターンが見つけ出され、脳の錯覚への介在が疑われる
    →実験の結果、明るさの錯覚は脳でなく網膜の単純な神経回路で起きていた

    no title

    上の図は明るさを用いた錯覚を引き起こす典型的なものです。

    影の部分にある「B」が描かれたマスは、明るい部分にある「A」と描かれたマスはより明るくみえます。
    no title


    「A」マスの右下の濃い色のマスが上下で色合いが変化しているのが錯覚のキーになっている。「A」マスの右下のマスを取り除くと、一気に同じ色にみえてくる/Credit:EdwardH.Adelson(文字はナゾロジー編集部記入)
    ですが、周りのマスをはぎ取っていくと、実際は同じ明るさにあることがわかります。

    脳を研究する研究者たちは、この錯覚(明るさ、輝度コントラスト)の背後にあるメカニズムを、100年以上にわたって解明しようと努めてきました。

    しかし、ヒトの認識にかかわる部分は容易に解明できませんでした。

    研究者たちはただ漠然と、「脳の調節機能にかかわる高度な働きが関与しているのだろう…」と、考えるしかなかったそうです。

    ですが新たなMIT(マサチューセッツ工科大学)主導の研究によって、輝度コントラストの錯覚の発生地点は脳ではなく、網膜であることが証明されました。

    錯覚は私たちの脳に辿り着く前の段階で、既に起きており、脳は後から認識するに過ぎないというのです。

    MITの研究者たちは、認識問題の霧をどうやって切り抜けたのでしょうか?

    ■常に影のほうのドットが明るくみえる訳ではない

    no title

    画像をみると、まず脳は画像の各位置の明るさを特定します。

    しかしながら、この特定は画像から発せられる光量に比例するとは限りません。

    私たちの知覚は、特定の場所の色の濃さを、その場所を照らしている光の量とかけあわせて認識するからです。

    そのため、上の図のように、影の場所にある明るいドット(右上と左下)に認識力を多く注いだ場合、明るい場所にある暗いドット(左上と右下)よりも、明るくみえる錯覚を起こします(実際には左右のドットは同じ色)。

    反対に、明るい場所にある暗いドット(左上と右下)に認識力を多く注いだ場合、影の場所にある明るいドット(右上と左下)がより明るくみえてしまいます。

    問題は「そのかけあわせが何処で行われているか?」になります。

    錯覚の研究が盛んにおこなわれるようになった19世紀から現在に至るまで、このかけあわせは脳で行われると考えられてきました。

    脳の明るさの調節を行う高度な働きが、錯覚をうみだしたと考えていたからです。

    しかし、この説には不可解な点がありました。
    no title


    なぜなら、上の図のような「影の方のドットが暗くみえる」逆パターンが存在したからです。

    「だからどうした?」

    と、思われるかもしれませんがMITの研究者たちは、これは重要かつ決定的な事実だと考えました。

    というのも「影の方のドットが明るくみえる」ように脳が介入をかけているなら、本来、逆は起こらないはずです。

    しかし、逆がある。

    すなわち、明るさの判断には脳の介在そのものが無い可能性が出てきたのです。

    続きはソースで

    https://nazology.net/archives/63082

    【【研究】錯覚が起きているのは脳ではなく、目の「網膜」だと判明!】の続きを読む

    1: デフォルトの名無しさん 2018/11/12(月) 14:55:13.35 ID:Tf74ZWQr
    何にも知らない0からの出発、超初心者のためのC++相談室

    【0からの、超初心者C++相談室】の続きを読む

    このページのトップヘ