博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 電気

    1: 774ワット発電中さん 2013/12/30(月) 22:51:44.65 ID:iNTxFr+F
    電子工作といっても
    模型に動力を積んで制御する人や
    ゲーム機を作る人、
    LEDで遊ぶ人、

    何か呼び名を作って細分化するべきだと思う
    【電子工作って幅広過ぎね?】の続きを読む

    1: 774ワット発電中さん 2011/10/28(金) 23:04:45.57 ID:Srfjer50
    高域濾波器、低域濾波器、帯域濾波器などを高周波に慣れない初心者でもわかるようなフィルタを自作していこう
    【フィルタ回路を作ろう】の続きを読む

    1: ゆりも(茸) [NL] 2019/10/08(火) 14:49:22.71 ID:uYVk9UOv0 BE:422186189-PLT(12015)
    2019年10月8日
    H&Iグローバルリサーチ株式会社

    *****「配電ユニットの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****

    H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した
    「配電ユニットの世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト
    (取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。

    配電ユニットの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

    ***** 調査レポートの概要 *****
    ・日本語タイトル:配電ユニットの世界市場予測(~2024年)
    ・英語タイトル:Power Distribution Unit Market by Type (Basic, Metered, Switched, Monitored, ATS, Hot Swap, Dual Circuit),
    Phase (Single & Three),
    Power Rating (Up to 120V, 120-240V, 240-400V, above 400V),
    End User, and Region-Global Forecast to 2024
    ・商品コード:EP 7334
    ・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
    ・発行日:2019年9月20日
    ・ページ数:147
    ・レポート言語:英語
    ・レポート形式:PDF
    ・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
    ・調査対象地域:グローバル
    ・産業分野:エネルギー及び電力

    https://news.biglobe.ne.jp/economy/1008/dre_191008_6580001097.html
    【なぜ日本のコンセントは100Vなのか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2019/02/20(水) 14:39:02.74 ID:UnM7bINA0 BE:422186189-PLT(12015)
    オシロスコープは、電子工作で何かと活躍してくれるステキ計測器。

    しかし安物でも数万円、まともな製品なら10万円以上とかなりの覚悟が必要なだけに、いつかは手に入れたいと思いつつも二の足を踏んでいる人も多いでしょう。

    そんなオシロスコープが2590円で手に入るとしたらどうします?

    そりゃ、買いますよ!

    ......たとえそれが、部品をひたすらハンダ付けしなくてはならないDIYキットだとしてもね。

    https://japanese.engadget.com/2017/03/26/2590-diy/
    サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
    【オシロスコープが新品2590円!! 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/05/30(水) 16:22:52.03 ID:CAP_USER
    防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の大型降雨実験施設で29日、
    ドローンの飛行実験が行われ、報道陣に公開された。

     この施設は国内で唯一、観測史上最大の1時間換算で300ミリの豪雨を降らすことができ、
    雨粒の衝撃で機体がどう傾くかなど影響を調べ、
    将来的にドローン向けの「大雨アラート(警報)」の作成につなげるのが狙いだ。

     日本気象協会とドローン販売のイームズロボティクス(福島市)などが28日から2日間行った。
    この日は1時間換算で180ミリ、300ミリの「局地的豪雨」の中、
    ドローンは落下することなく水平移動した。
    1時間換算で300ミリの豪雨は2011年の新潟・福島豪雨で観測された。
    協会によると、過去2年間のドローン事故の約2割は豪雨や強風などの気象現象が原因だという。

     災害時の物資輸送や状況確認など、様々な分野でドローンの活用が期待されており、
    実験後、協会環境・エネルギー事業部の森康彰副部長は「飛行は成功した。
    この結果を生かしてアラート開発を実現したい」と話した。
    ドローン操縦などを担当したイームズラボ(埼玉県)の伊豆智幸最高技術顧問は
    「想定外の場所に浸水するなど課題も見つかった。実験の成果をより安定した飛行につなげたい」と話した。 

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20180530-OYT1T50042.html
    【1時間300ミリの豪雨で実験、ドローン落ちず 防災科学技術研究所】の続きを読む

    1: 774ワット発電中さん 2012/02/05(日) 20:05:05.61 ID:al5EpiDk
    モーターは回るの?電車は動くの?ゲームがやれるの?テレビが見れるの?アイロンが熱くなるの?…
    【どうして電子が流れただけで】の続きを読む

    このページのトップヘ