博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:就職 > アルバイト

    1: エウロパ(大阪府) [CA] 2019/08/14(水) 09:22:17.01 ID:8vuyWbk80 BE:329591784-PLT(12100)
    アルバイトの求人広告で「仲間と和気あいあいと働ける職場です」ということを謳い文句にしている職場は
    実際どうなのか。8月10日の「ひねくれ3」(テレビ東京系)では、こうした職場に限って結構怒られるしマウ
    ンティングをしてくる先輩がいるので違和感を覚える、という投稿が紹介された。

    これにハライチの岩井勇気さんは、「アットホームな職場です」「先輩後輩関係なく和気あいあいとしてい
    ます」といったことをアピールしている求人には「騙されちゃいけないんですよ」と警鐘を鳴らした。

    岩井さんは続けて、「『和気あいあいと働ける職場です』というのは完全にそこで(人間関係が)出来上がっ
    ちゃってるんだから、(新人が)入れるわけがないのよ」と語る。そのため、「『人間関係はまだできていませ
    ん』って書かれている職場の方が良いです」と、人間関係についてポジティブな宣伝がされていない求人広
    告を狙ったほうが良いと勧めた。

    岩井さんの言う通り、「人間関係が良い」ということは"今働いている人達"による部分が大きい、ということを
    加味する必要がある。まだ人間関係ができていない職場の方が、自分の居場所を見つけやすいので、オー
    プニングスタッフの求人を探すのもいいだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16924863/
    【アルバイト求人「アットホームな職場です」「和気あいあいと働ける職場です」←騙されちゃいけない 】の続きを読む

    1: テンペル・タットル彗星(長野県) [CN] 2019/08/14(水) 20:23:18.91 ID:tG0B0FnU0 BE:323057825-PLT(12000)
    ネット上でもよく議論になる、つい気づかずやってしまう飲食店での迷惑行動。いったいどのくらい迷惑なのかをアンケート調査。数字にして白黒はっきりつけてみた!

    【調査1】皿を皿を重ねてまとめる ⇒ 迷惑指数.........52%

    「汚れが同じくらいの皿を重ねるならいいのですが、ソースがべったりついている皿にコップなどが重ねられているとうんざりする」(居酒屋)

    迷惑指数は約半数と、全15項目を見渡してもやや高め。特に油汚れしているものの上には重ねてほしくないとの意見が多かったので、そのような皿は注意しよう。

    【調査2】20時に予約を入れる ⇒ 迷惑指数.........20%

    「20時に予約を入れられると、ピークの19時に来た予約なしの客を入れられない。その席は20~22時の一回転しかできず、店の売り上げが落ちる」(焼き鳥)

    【調査3】3人なのに5人くらいになるかもと入店してくる ⇒ 迷惑指数.........38%

    「3人で来店しているのに『5人に増えるかも』と言われてしまうと、6人席に通すしかない。うちの店は6人席がひとつしかないので、後から来た6人客を断ることになる。それで、最終的に来なかったことも」(居酒屋)

    「食べた皿を重ねる」「20時に予約を入れる」飲食店でやりがちな15の行為は、店側にとってありがたいか迷惑か?【前編】
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-01095160-playboyz-soci
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【飲食店がブチ切れする客の迷惑行為 「汚れた皿を重ねる」「運んでいる時に注文」「同じのと注文」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(WiMAX) [DE] 2019/05/04(土) 22:31:36.25 ID:O6V2hVmh0 BE:292723191-PLT(19081)
    24時間営業が当たり前になっているコンビニだが、その経営は苦しい。
    とりわけ大都市圏では人手不足から日雇いバイトまで雇わなくてはならない状況になっている。

    「レジ打ちの日雇いバイトはあちこちのコンビニで導入されています。
    多くの店舗が名札に<ハケン>とか書いているので一目瞭然でしょう。
    そこまでしなければならないほど人手は足りない。
    コンビニバイトは仕事内容も増える一方ですから、なり手も少ない。
    こんな状況で24時間営業を維持するのは到底困難だと思いますよ」(フリーライター)

    バイトの求人サイトを見てみると、コンビニバイトで「日払い(当日手渡し)」をうたい
    一日だけと記載しているものが多数見つかる。

    どこの店舗も相当切実なのである。中には面接・研修なしを表示しているものも多く、
    もはや人間がレジに立っていて、店が開いてればよいというわけである。

    これまで24時間営業を当たり前としてきたコンビニ業界だが、もはや現状がそれを許さなくなっている。
    コンビニが24時間営業という常識はもうすぐ終わりそうだ。
    https://www.cyzo.com/2019/05/post_201793_entry.html
    【日払いバイト(当日手渡し)一日だけ。人手不足のコンビニが募集 】の続きを読む

    1: FROM名無しさan 2018/12/08(土) 18:16:29.52 ID:yy/ReAzJ
    ヤマト運輸の【センター】で仕分け作業をする人のスレッドです。

    【ベース】で働く方は、「ベース」で検索して対象のスレッドをご確認下さい。


    ※センターとは??
     街中にある小・中規模の集配所。直接お客様に届けたり集荷をする前線基地。

    ※ベースとは??
     郊外や辺鄙な倉庫街にある巨大物流施設。24時間稼動する工場のような場所。 

    【【バイト】ヤマト運輸の仕分け作業ってどうなの?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/08/24(金) 22:26:42.14 ID:hSKu+5c/0 BE:971283288-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
    5月末、このページのスクリーンショットともに「銭湯は全部こうなればいいんだ!!」と書いた、あるTwitterユーザーの投稿が4万9千回以上リツイートされ、11万を超える「いいね」がついた。

    誤解のないように補足すると、街の銭湯は原則的にタトゥーをした人でも受け入れている。「タトゥーお断り」が多いのは、日帰り温泉やスーパー銭湯など、銭湯以外の公衆浴場だ。

    タトゥー禁止が目立つ日帰り温泉にあって、「全面OK」の方針をとる大和の湯のスタンスは異例と言える。
    「新世代に開かれた温泉」

    先述のQ&Aは、こんな風に続く。

    《大和の湯では刺青がある方の入館を特にお断りしてはおりません。以前は刺青をしている方に対しての良くないイメージがありました。しかしここ最近、
    特に若い人の間でファッション・タトゥーも流行しているように、刺青そのものが問題視される時代ではなくなってきているようです。

    また刺青をしていても今ではきちんと良い仕事をして社会に貢献している人もいれば、刺青をしていなくても悪いことをする人も大勢います。
    「大和の湯」では人を見かけによって判断することはしません。少なくともそのように努力することが、新しい世代に向けて開かれた温泉の姿であると認識しています》http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010000-bfj-soci&p=2


    【フラワーショップで働いてるんだけど花の名前覚えられない 】の続きを読む

    1: FROM名無しさan 2018/04/06(金) 07:34:28.76 ID:LuEfgkqD
    テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のクルーのスレです。
    情報交換や各ベニューのことを話し合いましょう!!
    ※ 次スレ>>980が立てて下さい。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    基本的に解らないことや知りたいことはトレーナーやリードに聞きましょう
    聞くことも勉強です(ベニューによって結構違いがあります)
    *どうしても解らないことはレス検索(Ctrl+F)してから聞きましょう
    誰かが優しく教えてくれるかも!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
    【ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)バイト板】の続きを読む

    このページのトップヘ