博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:就職 > 就職活動

    1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2019/03/16(土) 15:43:24.16 ID:Qx3YYe8D0● BE:601381941-PLT(13121)
    「応募してはいけない企業」の求人ワード。“少数精鋭”を謳うところは危険!?

    前回、26歳にして転職回数20回、インタビュー時に21社目の内定を得ていた男性・吉田さん(仮名)に、
    応募してはいけない地雷求人ワードを語ってもらった。新年度を迎えるこの時期、決意を新たに、新天地を求める
    人も少なくないだろう。

    そこで今回も彼に、応募してはいけない求人ワードを解説してもらった(以下は吉田さんの解説。あくまで、数々の
    求人を見てきた個人体験にもとづいたものである)

    ◆少数精鋭

    まず第一に、会社員に「精鋭」と呼ぶにふさわしい人材はほとんどいません。なのでこれは置いておき、「少数」から
    解説します。このような求人の場合「人が少なすぎて現社員がヒーヒー言っている。そこで仕方なく人材を募集する」
    といったパターンが非常に多いんです。とりあえず人が欲しく、後に解説する「未経験歓迎」を謳う企業が多いのもそのためです。
    「未経験」を採っている時点で、ちっとも「精鋭」じゃないんですけどね。

    そして置いておいた「精鋭」ですが、このワードは広告制作会社などの下請け企業の求人に多く、ようは「社畜」です。
    尋常じゃない仕事量、長時間勤務、クライアントからの我が儘、理不尽に耐え抜く「精鋭」を欲しています。なんとなく
    かっこいい響きに騙されてはいけません。特にクリエイティブ系の仕事をしている本当に「精鋭の人材」ならば、零細下請け企業で
    働いていることはないでしょう。

    ◆未経験歓迎

    本来、仕事で未経験が歓迎されるのは新卒採用だけ。転職市場でこのワードが出た場合考えられるのは、「新卒採用を
    行っていないが、若い人材が欲しい場合」「誰でもできる仕事の場合」、そして先ほど少し話した、「とにかく人が欲しい場合」
    のみです。1つ目の場合はもちろんOK。2つ目は、まあ本人が良いなら問題なし。意識が高いくせに何の実績もない奴がハマるのが3つ目。

    不動産など、難易度の高い営業職や、受注量が半端ない下請けの仕事に多く、「君の人生、このままでいいのか?」のようなコピーに、
    意識高そうな社員の写真も合わせた、凝った広告である確率が高め。「これまでくすぶっていた人生変えたい」という
    求職者の淡い希望を踏みにじるような過酷な労働を強い、違う意味で人生が変わる可能性大です。ちなみに僕はこのような
    ワードに踊らされ、NHKの料金回収の仕事を選んでしまった過去があります。当時24歳でしたが、洞察力が皆無でした。

    ◆みなし残業〇〇時間

    (略)

    ◆幹部候補

    (略)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16168698/
    【「少数精鋭」「未経験者歓迎」… 絶対に応募してはいけない求人ワードとは 】の続きを読む

    1: 就職戦線異状名無しさん 2019/01/31(木) 13:26:01.52 ID:3ieeYjt5
    勝ちか負けかそれが全てか

    《大学》
    《就職先(内定先)》
    《蹴った会社》
    《自分が優先したいこと》
    ex.転勤はなし等

    ファイッ!
    【就職勝ち負け判定スレッド 】の続きを読む

    1: 就職戦線異状名無しさん 2019/02/16(土) 22:31:07.04 ID:f/Y0nn/v
    どうすんねんな
    【真面目に何も就活やってない20卒来い 】の続きを読む

    1: 靄々 ★ 2019/02/22(金) 15:39:30.57 ID:jx4H4HsC9
     昨今、書店にはマナー関連の本がずらりと陳列されている。テレビ番組でも度々マナー特集が組まれ、講師が作法のできていないタレントを正す場面もよく見られる。
    しかし、もし世に存在するマナーのいくつかがマナー講師による創作で、実はなんの根拠もないものだったとしたら……。
     ***
    “部屋に入るとき、ノックは3回”
    “暑くてもスーツの上着は脱がない”
    “取引先で出されたお茶には手をつけてはならない”

     マナーブームが盛り上がりを見せている昨今だが、上にあげたように非合理的だったり、明らかに嘘とおぼしきマナーも存在するようだ。
    『本当に必要とされる最強マナー』(日本文芸社)などの著書のあるコラムニストの石原壮一郎氏は次のように語る。

    「代表的なのは『“了解いたしました”は失礼だから“承知いたしました”を使うべき』というマナーですね。
    これは国語辞典編纂者の飯間浩明氏によってきっぱり否定されています。
    『いたしました』という言葉だけですでに敬語としては十分なので、『承知』まで使わなくても失礼にはあたりません。
    それから、未だに会社の代表電話にかけてから繋いでもらうのがマナーだと思っている人がいます。
    携帯電話があるこのご時世で、わざわざ取り次いでもらい手間を取らせるほうがマナー違反。
    担当者の携帯に直接かけるほうがお互いに幸せです」(石原氏、以下同)

     ほかにもこんな事例がある。
    2018年8月テレビ朝日系「くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」で放送された「(酒の席で客人のおちょこに日本酒を注ぐ際に)とっくりの注ぎ口を使うと失礼」というマナー。
    丸いふちにある注ぎ口が縁の切れ目を連想させるため、マナーとして良くないという理屈である。

     しかし、これに対してネット上では懐疑的な意見が噴出し、とっくりメーカーや酒造メーカーまでもが「聞いたことがない」「本当かどうか分からない」と見解を示した。

     何故、このような意味不明なマナーがまかり通っているのだろうか。

    カネほしさに創作マナーを拡散する講師
     2018年2月、ツイッター上では「マナー講師は食い扶持をつなぐため、マナーを創作している」という趣旨の投稿が話題になった。
    その真偽について石原氏に訊ねたところ、「マナー業界全体が結託して創作を行っているわけではない」と前置きしつつも、講師による創作行為は「あるでしょうね…」と語る。

    「セミナーなどでは、参加者に新しい情報を知って帰って欲しいという半ばリップサービスの気持ちから、講師が創作したマナーを教えることがあります。
    そうすれば耳目を集めますし、またお客さんが来てくれるかもしれない。
    ただ、それは漢字の意味の拡大解釈(たとえば『“口”に“+プラス”で“叶う”、だからポジティブな言葉を発せば夢が叶う』など)と同様に、
    ほとんどはこじつけに近く、『言ったもの勝ち』のような状態です」

     さらにその中でも、就活マナーをめぐる状況は悪影響が大きいという。

    ※全文は記事からご覧ください
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190222-00557034-shincho-bus_all
    2/22(金) 7:31配信 デイリー新潮
    【【言ったもの勝ち】ウソを拡散するいんちきマナー講師の“罪” 特に「就職マナー」講座は要注意! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2019/02/18(月) 22:32:40.57 ID:TDYQn9U90 BE:971283288-PLT(13000)

    今採用の電話きた
    【不動産屋に内定でた 】の続きを読む

    320: 就職戦線異状名無しさん 2019/02/15(金) 00:38:30.10 ID:DkuCx5ig
    >これまでに周りの人を巻き込んで成し遂げた1番の成果は何ですか。
    こういう経験ガチでないんだけどどうしたら良いの?
    連帯責任として周りの人を巻き込んだことしかないんだが

    【【20卒】就活中のおまえら来いよ5】の続きを読む

    このページのトップヘ