博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 爬虫類

    1: しじみ ★ 2018/10/26(金) 22:08:51.33 ID:CAP_USER
    ■800万年前にできた火山に分断され、別々の進化を遂げていた

     アフリカの中央部で、新種のワニが発見された。ワニの新種が正式に記載されるのは、じつに80数年ぶりのことだ。

     カメルーンからタンザニアにかけての広大な場所に生息するこのワニは、Mecistops leptorhynchusと名付けられ、10月24日付けの学術誌「Zootaxa」に論文が掲載された。

     この種はこれまで、西アフリカに生息するアフリカクチナガワニ(学名:Mecistops cataphractus)と同じ種だと考えられてきた。アフリカクチナガワニの学名が変更されることはない見込みだ。今回の新種記載によって、現在、近絶滅種(critically endangered)に分類されているアフリカクチナガワニの生息数はさらに減少することになる。

     論文の筆頭著者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもある米フロリダ国際大学のマット・シャーリー氏は、現在のアフリカクチナガワニの野生での生息数をわずか500匹と推定している。

    ■800万年以上前に分断されていた

     シャーリー氏によれば、アフリカクチナガワニのウロコは大きくて重く、皮膚も固いが、新種M. leptorhynchusの外見の印象はより柔らかくなめらかだ。また、アフリカクチナガワニの頭部には骨が隆起している部分があるが、M. leptorhynchusにはそれがない。

     だが、何より大きな違いは遺伝子にある。論文によると、2つの種の遺伝子が分かれたのは800万年以上前、現在のカメルーンにあたる場所に火山群ができたころだ。火山活動によってこの一帯の往来を妨げる山ができ、それ以来遺伝子の交流が途絶えることとなった。

     こうして地理的に隔てられたことで2種はそれぞれ独自の進化を遂げた。現在では、特定の重要な遺伝子の塩基対が5%以上も異なっているという。

    続きはソースで

    no title

    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/102600241/
    【【動物】アフリカでワニの新種が見つかる、80年ぶり】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/05/17(木) 16:22:29.72 ID:CAP_USER
    南太平洋に浮かぶニューギニアで、鮮やかなライムグリーン色の血液が流れるトカゲが見つかった!
    なんと人間の致死量の40倍に相当する胆汁が含まれているのだという。

     今月16日に米科学誌『サイエンス・アドバンシズ』に掲載された論文によると、
    米ルイジアナ州立大学生物科学科のザカリー・ロドリゲス研究員らのチームは、
    ニューギニア古来のトカゲ「プラジノハエマ(Prasinohaema)」に着目。

     調査チームは、ニューギニアの低地に生息する51種類のトカゲ計119匹を捕まえて調査した。
    このうち新種を含む6種類27匹は緑色の血液を持つトカゲで、残りの45種類92匹は通常の赤い血液だった。

    遺伝子解析の結果、緑色の血液のトカゲには、4つの遺伝的系統があり、赤い血を持つ共通の祖先から進化を4回経て、
    現在の体になった可能性があることがわかった。

     ギリシャ語で「緑の血液」を意味する「プラジノハエマ」の血液には、肝臓の細胞で作られる胆汁が高濃度で含まれている。
    この胆汁の色素が抗酸化物質として、病気の予防に役立っているのではないかと指摘する研究者もいるが、
    実際にどのような機能を持っているかはいまだ解明されていない。

      血液検査で肝機能の項目に登場する「ビリルビン(単位mg/dl)」をご存知だろうか?
    役目を終えた赤血球から出されたビリルビンは、肝臓で処理されて胆汁に排出される成分で、
    数値が高いと皮膚が黄色くなる黄疸の原因になることで知られている。

     しかし、これまでの研究でビリルビンがマラリアの原因の寄生虫を殺す毒があることも明らかになっていることから、
    ロドリゲスさんは、トカゲの緑の血液にも、有効な物質が含まれている可能性があるとして、
    引き続き研究を続けていくと話している。

    画像:ニューギニアに生息する血の色が緑のトカゲ(Chris Austin/LSU)
    no title


    関連動画
    The Mystery of Lime-Green Lizard Blood https://youtu.be/EV3uxYTS3p4



    ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24811.html
    【人間の致死量の40倍に相当する胆汁「緑の血」の生き物 ニューギニアで進化 その正体は?】の続きを読む

    1: 猛者さうるす 2012/06/23(土) 22:48:26.38 ID:H63r6+b0
    人間にとって一番危険な蛇ってなによ?
    1:毒の量、強さもしくはパワー
    2:身近にいるか、数が多いか
    3:凶暴か、積極的に攻撃してくるか
    などの観点から考えて、議論してください。1でパワーと書いたように、
    別に毒蛇でなくてもOKです。大蛇とか。(メクラヘビとかはないでしょうけど)
    とにかく「人間」にとって危険で、有鱗目ヘビ亜目であればいいですよ
    ではどうぞ。 たまに顔だします。
    【危険なsnake議論】の続きを読む

    このページのトップヘ