博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 経済

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/17(金) 13:30:25.85 ID:CAP_USER
    ソニーは17日、米マイクロソフトとクラウドサービスや人工知能(AI)分野で提携に向けて意向確認書を結んだと正式発表した。ゲーム向けクラウドサービスの共同開発に加え、マイクロソフトのAIとソニーの半導体や家電技術を組み合わせる。一部事業で競合関係にあっても、必要な技術や資産を持つ相手と積極的に組む。競争と協調を併せ持つ姿勢を鮮明にするソニー。強みと位置づけた分野をどれだけ磨き上げられるかが、勝ち残りのカギを握る。

    no title

    ソニーの吉田社長がマイクロソフトのナデラCEOと提携に向けて意向を確認した

    「長年にわたり、マイクロソフトは競合する領域もありますが、私たちにとって重要なビジネスパートナーです」。吉田憲一郎社長は発表に合わせ、こんなコメントを出した。ソニーの「プレイステーション」とマイクロソフトの「Xbox」は、任天堂も含む3社でゲーム機市場で激しくぶつかり合ってきたライバルだ。そんな2社が、ゲーム事業そのものはそれぞれ手がけるにしても、クラウドサービスという「バックヤード」で手を握る。


    背景にあるのは、競争環境の激変だ。専用機なしで高精細な映像や遅滞の少ない操作を楽しめる「クラウドゲーム」が注目を集め、米グーグルなどが年内に参入する。既に大市場となったパソコンやスマートフォン(スマホ)向けゲームに加えてクラウドゲームが広がり、競争環境は専用機以外も主戦場となってきた。

    自前で強力なデータセンターなどを抱えないソニーにとって、クラウド分野は他社と協業して弱みを補完する領域といえる。企業向けクラウドサービスを重視するマイクロソフトにとっても、クラウドサービスの拡大にとってゲーム世界2位のソニーと組むメリットは小さくない。

    競争環境が変化するのは、ゲームだけではない。家電ではAIスピーカーが家庭内の情報ハブとして注目を集め、米アマゾン・ドット・コムやグーグルが台頭。アマゾンは音声操作できる電子レンジを展開するなど、ハードとIT(情報技術)の垣根はなくなりつつある。

    ソニーが5割のシェアを握る画像センサーでは、従来のスマホ向けに加え車載分野が立ち上がりつつある。車載ではAIを搭載したエッジ処理とクラウドとの連携が求められるとされている。市場成長を見越して既に画像センサーでシェアを持つ韓国・サムスン電子だけでなく、中国勢も開拓に本腰を入れはじめた。

    自前にこだわれば、投資はかさみ、対応に時間もかかる。「中国勢などの変化の速さに対応するには、様々な提携が欠かせない」。あるソニー幹部はこう話す。競争すべき分野、協調すべき分野を明確に設定し、足りないパーツはオープン化で補う。

    今回の提携でわかるように、ソニーは自社の強みをゲームなどのコンテンツや半導体と位置づける。この競争領域である両分野は市場成長も期待でき、当然ライバルも手をこまねいていない。マイクロソフトとの連携を早期に具体化し、果実へとつなげられるか。競争と協調を織り交ぜた戦略の行方を占う、試金石となりそうだ。

    2019/5/17 11:15
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44916640X10C19A5000000/
    【【ゲーム業界】ソニー、マイクロソフト提携 競争と協調の先 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2019/05/14(火) 17:14:35.30 ID:sS+hiIVl0 BE:509143435-PLT(12000)
    解雇規制の緩和を 関経連が提言

    関西経済連合会は柔軟な働き方を実現する雇用のあり方の提言を発表した。
    社会全体で多様な人材を適材配置するのが狙い。
    事業所を廃止する場合、勤務地限定の従業員を解雇できるよう、規制緩和を求めた
    あわせて法改正や社会保障制度改革で高齢者や女性、外国人材を活用できる環境作りも要望した。
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO44098660T20C19A4LKA000/
    【財界「正社員を解雇しやすいようにしていきたい」 】の続きを読む

    5: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2019/05/08(水) 13:24:57.76 ID:2tyDlmR20
    トヨタはいよいよ中国の販売台数が日本国内販売台数を超えるみたいだな
    IRのはまだ2018年度みたいだけど:
    no title

    【【速報】トヨタの売上高が30兆円突破 日本企業でダントツ1位。トヨタグループがサムスン化へ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(静岡県) [US] 2019/04/27(土) 15:56:08.91 ID:XFgDf0Qf0 BE:762376718-PLT(12000)
    【ベルリン時事】「発電や電池製造の過程を考慮すれば、電気自動車(EV)の二酸化炭素(CO2)排出量は最新のディーゼル車より多い」。

    ドイツの著名エコノミストらがこんな研究報告書を発表し、論争になっている。
    ディーゼル車の排ガス不正を受け、独自動車業界が進めるEVシフトに冷や水を浴びせかねない内容だ。

    報告書をまとめたのは、ドイツを代表するシンクタンク、IFO経済研究所のジン前所長ら。
    サイズなどが共通するメルセデス・ベンツのディーゼル車「C220」と、米テスラのEV「モデル3」のCO2排出量を、走行に必要な発電量などを考慮して比較した。

    ドイツではCO2を多く排出する石炭火力発電が電源全体に占める割合が高く、モデル3の排出量が最大28%多くなったという。
    エコノミストらは報告書で、「EVを排出ゼロとうたうのは、政治的ごまかしだ」と訴えた。 

    http://news.livedoor.com/article/detail/16381469/
    【著名研究者「発電や電池製造の過程を考慮すれば、電気自動車のCO2排出量はディーゼル車より多い」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/04/24(水) 20:45:36.31 ID:VsMMpyVe0● BE:201615239-2BP(2000)
    無料通信アプリ、LINEの先月までの3か月間の決算は、スマホ決済の普及に向けて行ったキャン ペーン費用がかさんだことなどから、最終的な赤字が103億円に膨らみました。

    発表によりますと、LINEの先月までの3か月間の決算は、売り上げが広告収入の伸びなどで前の年の同じ時期より13.5%多い553億円でした。

    一方、最終的な損益は103億円の赤字と、13億円の赤字だった前の年の同じ時期と比べて、赤字額が大きく膨らみました。

    これは、スマホ決済の「LINEPay」の利用者を増やすため、支払額の20%を還元するキャン ペーンを行ったことや、加盟店の獲得のために一部の手数料を無料にしたことなどによるものです。

    会社は、キャン ペーンによってスマホ決済の利用者は大幅に増えているとしていて、今後も積極的に続ける方針です。

    スマホ決済は、IT企業や携帯電話会社、金融機関の相次ぐ参入で乱立状態になっていて、大胆なポイント還元を売りにした利用者の獲得競争も激しくなっています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190424/k10011895301000.html
    【【悲報】LINE 赤字103億円に スマホ決済20%還元キャン ペーンで 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(WiMAX) [DE] 2019/04/23(火) 22:00:08.30 ID:DviCcRL80 BE:292723191-PLT(19081)
    補選での2敗など求心力に陰りが見えた安倍晋三首相にとって、夏に控える参院選必勝の切り札とされるのが
    3回目の「消費税増税延期」説だ。

    安倍側近も「景況感次第で延期もあり得る」(萩生田光一・幹事長代行)と示唆しているが、有権者も同じ手には引っかからない。

    そこで浮上しているのが消費税率を5%に引き下げる消費税減税というサプライズである。

    麻生太郎・副総理兼財務相らは増税断行を目指してきたが、4月16日から始まった日米貿易交渉で風向きが変わった。
    トランプ政権は消費税の輸出戻し税を自動車などへの「輸出補助金」と批判し、10月からの消費増税を問題視したからだ。

    そのうえ景気に急ブレーキがかかる雲行きがある。大和総研が3月に発表した「日本経済中期予測(改訂版)」では、
    〈2019年以降、トランプ政権の迷走、中国経済や欧州経済の悪化、残業規制の強化、株価下落による
    個人消費の悪化など内外の様々な下振れリスクが顕在化した場合、日本の実質GDPは最大で3.6%程度減少する可能性がある〉
    と見ている。

    リーマンショック当時のGDPマイナス3.7%に匹敵する事態だ。
    逆に舵を切れば、景気減速を防ぎ、選挙にも有利、米国の圧力もかわす一石三鳥になる。
    それが「サプライズ減税」の動機のようだ。
    https://www.news-postseven.com/archives/20190423_1357836.html
    【安倍政権、増税延期どころか「消費税5%に下げる」案が浮上 】の続きを読む

    このページのトップヘ