博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 経済

    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/18(火) 17:28:48.16 ID:CAP_USER
    全都道府県で1倍超の有効求人倍率、高い大卒の就職率、歴史的な低失業率――。安倍政権は「アベノミクスの成果」として雇用の指標をよく語ります。でも、非正規雇用が10人に4人にまで増え、そのほとんどの年収が200万円に満たないことはあまり触れられません。安倍晋三首相が「非正規という言葉を一掃する」と言いながら、歯止めなく増え続ける非正規雇用も、参院選での論点になりそうです。

     東京都内で独り暮らしの40代女性はいま、法務サービス会社の事務職として働く。1年更新で最長3年の非正社員だ。

     20年ほど前、「進学するなら自力で」と親に言われ借金して念願の大学に入った。4年秋に学費を滞納し、退学処分になった。「新卒」の就職も厳しかったころだ。証券会社やコンサルタント会社など様々な職場を転々としたが、どれも非正規雇用だった。いじめやパワハラも経験した。抗うつ剤、睡眠薬、安定剤などが手放せなくなった。

     官庁でも働き、間近で「すべての女性が輝く社会」「1億総活躍社会」といったスローガンを聞いたが、自分のことのようには感じられなかった。

    「いまさら何だ」憤り
     安倍政権は今月、30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」の就労支援策を打ち出した。非正規雇用が317万人、フリーターが52万人、職探しをしていない人が40万人とされるこの世代について、3年で30万人を正規雇用にする目標を掲げる安倍晋三首相肝いりの施策だ。だが、安定した職を求め、はね返され続けてきた女性は「いまさら何だ」と感じたという。支援策には将来の生活保護費が膨らむのを食い止めるねらいがあると知り、「どこまでプライドをぼろぼろにされるのだろう」と傷つきもした。

     憤ったのは、この女性だけではなかった。経済財政諮問会議の民間議員がこの世代を「人生再設計第1世代」と呼んだと報じられると、ネット上では「上から目線だ」「自己責任論に持ち込む魂胆にみえる」といった批判が噴出。建設や運輸分野の短期の資格取得支援といった施策は「人手不足に対処するためにこの世代を活用しようとの意図が透けてみえる。問題を解決する支援とは言い難い」(日本総研・下田裕介副主任研究員)と、厳しい評価を受けている。

     安倍政権はこの春から、働いた…
    https://www.asahi.com/articles/ASM6F73F1M6FULFA04B.html
    1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
    【【経済】年収200万円未満が75% 非正規のリアルに政治は 】の続きを読む

    1: タマちゃん(東京都) [ニダ] 2019/06/21(金) 20:19:02.09 ID:B0nAa+2k0 BE:752377682-2BP(3000)
    フリーランスの場合は老後に必要な貯蓄は4883万円必要って知っている?

    "たしかにフリーランスは見た目の収入は上がります。でもサラリーマンと違い、国民年金だし、退職金なんてものは存在しません。そのため、老後に必要なお金はサラリーマン以上に頑張って準備しなければなりません"

    "フリーランスになると年金が明確に減ることがよくわかったと思います。そしてサラリーマンの時より多く稼げているようにみえても、将来に対する備えをしたり、税金を支払うと想像より収入が少ないと感じるかもしれません"

    ■引用元記事
    https://el.jibun.atmarkit.co.jp/noriwo_t/2019/06/4500.html 
    ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
    【【悲報】フリーランスの老後に必要な貯蓄額が判明 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [GB] 2019/06/19(水) 06:03:13.37 ID:EA76Cuwr0● BE:299336179-PLT(13500)
     京都総評が加盟労働組合の組合員を対象にこのほど実施した生活実態調査によると、「普通の暮らし」の必要額の試算は、京都市在住の25歳単身者との想定で月額約24万円だった。月150時間労働で時給換算すると1600円超となり、京都総評は「現行の京都府の最低賃金882円は低すぎる」と分析している。
     試算のモデルは25歳で大学卒業後就職して勤続3年、京都市北区在住の単身者。家賃4万1600円で1Kのアパートに住み、食費は男性の場合月4万4千円、女性は月3万5千円。同僚や友人との飲み会、食事は月2回(1回3700円)、恋人や友人との遊興費は月8千円とした。
     これらに光熱水道費、通信交通費などを積算。所有率の高かった家財の価格を耐用年数で割り、その月額を加えた。試算の結果、必要額はいずれも税、社会保険料込みで男性は月額24万5785円、女性は24万2735円となった。
     年収換算では約300万円。ワークライフバランスに配慮した月150時間労働で換算すると時給は1600円超となる。
     調査は昨年10月から19年1月にかけて府内全域の組合員を対象に行い、4745人から回答があった。調査項目は賃金、日常の昼食、通勤手段、洋服や家電の購入先など暮らしの実態や実感ほか、衣類や雑貨、家具のような多岐にわたる家財の有無や数量も尋ねた。
     今回は、最低賃金の影響を受けやすい10~30代の若年単身者412人の回答を基にした。この中で、7割程度が所有する家財や行っている生活習慣を「普通の暮らし」に必要な要素として、必要額を導き出した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000026-kyt-bus_all

    京都総評が試算した「普通の暮らし」(月額)
    no title
    【【子供部屋おじさん増加の要因】“普通の生活“に手取り月収24万円、手取り年収換算では300万円必要へ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2019/06/11(火) 20:42:31.44 ID:aE+OmeB/0 BE:194767121-PLT(12001)
    大手書店のTSUTAYA(東京都渋谷区)が、出版社から書籍を購入し販売する「買い切り」方式を始めることを明らかにした。書籍の返品率を下げるのが
    目的で、出版社と合意次第、始めたい考えだ。ネット通販大手の「アマゾンジャパン」(目黒区)が2月、「買い切り」方式を年内に試験的に開始すると
    発表しており、これまでの出版流通を変える動きが加速している。
    TSUTAYAによると、書籍を買い切る際、例えば書籍の20%だけを返品対象にするといった「返品枠」を設ける。ただ、それ以外の書籍は返品せず、
    値下げ販売もしないという。アマゾンも「返品枠」の設定を検討しており、この方式が同業他社にも広がる可能性がある。
     現在の書籍流通は出版社が価格を決めて取次店に卸し、取次店が書店に卸す方式が一般的だ。書店は書籍が売れ残った場合は自由に
    返品できるが、高い返品率が出版社の経営を圧迫するなど問題視されている。出版科学研究所によると、2018年の書籍の返品率は36・3%で、
    高止まりの状態が続く。TSUTAYAの鎌浦慎一郎取締役は「事前に返品枠を設けたうえで買い切るので、出版社は収益を安定させることができる」と強調している。【山口敦雄】

    https://mainichi.jp/articles/20190611/k00/00m/020/222000c
    【TSUTAYA、本を買い切り型に変更へ 同業他社に波及する恐れ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [US] 2019/06/01(土) 11:21:45.04 ID:uHGdRmUe0 BE:328765197-2BP(1669)
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20190530/2010003640.html
    1人暮らし 時給1639円必要

    京都市内で1人暮らしの25歳の男性が生活するために必要な費用は、娯楽費などを含めて1か月あたり24万5000円余りで、今の最低賃金で得られる収入とは大きな差があるという試算を労働団体がまとめました。

    京都総評=京都地方労働組合総評議会は、府内で働く組合員などを対象にアンケートを行い、最低賃金の影響を受けやすい10代から30代の1人暮らし400人余りの生活費や持ち物などについて分析しました。
    その結果、「京都市北区に住む25歳の男性の単身世帯」を想定した場合、1か月に必要な生活費の試算は24万5785円になったということです。
    これには食費や家賃など最低限の生活費のほか、「普通に暮らしていくために必要な水準」として、映画鑑賞などの娯楽費に月8000円、それに帰省にかかる旅行費用なども含まれています。
    週5日で1日8時間、お盆や正月などには連休も取得し、ひと月平均で150時間働くと仮定すると、この「月に24万5785円」の収入を得るためには、時給1639円が必要だとしています。
    調査を監修した静岡県立大学の中澤秀一准教授は、「現状の最低賃金では、1人暮らしができるのは雇用が安定している人に限られてしまう」と指摘し、京都総評は現在の京都府の最低賃金を882円から大幅に引き上げるべきだとしています。


    算定方法(PDF)
    http://www.labor.or.jp/sohyo/wp/wp-content/uploads/2019/05/be5c623aa71d93a88f349dbb21ecad5a.pdf
    【1人暮らし 時給1639円必要 】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/17(金) 13:30:25.85 ID:CAP_USER
    ソニーは17日、米マイクロソフトとクラウドサービスや人工知能(AI)分野で提携に向けて意向確認書を結んだと正式発表した。ゲーム向けクラウドサービスの共同開発に加え、マイクロソフトのAIとソニーの半導体や家電技術を組み合わせる。一部事業で競合関係にあっても、必要な技術や資産を持つ相手と積極的に組む。競争と協調を併せ持つ姿勢を鮮明にするソニー。強みと位置づけた分野をどれだけ磨き上げられるかが、勝ち残りのカギを握る。

    no title

    ソニーの吉田社長がマイクロソフトのナデラCEOと提携に向けて意向を確認した

    「長年にわたり、マイクロソフトは競合する領域もありますが、私たちにとって重要なビジネスパートナーです」。吉田憲一郎社長は発表に合わせ、こんなコメントを出した。ソニーの「プレイステーション」とマイクロソフトの「Xbox」は、任天堂も含む3社でゲーム機市場で激しくぶつかり合ってきたライバルだ。そんな2社が、ゲーム事業そのものはそれぞれ手がけるにしても、クラウドサービスという「バックヤード」で手を握る。


    背景にあるのは、競争環境の激変だ。専用機なしで高精細な映像や遅滞の少ない操作を楽しめる「クラウドゲーム」が注目を集め、米グーグルなどが年内に参入する。既に大市場となったパソコンやスマートフォン(スマホ)向けゲームに加えてクラウドゲームが広がり、競争環境は専用機以外も主戦場となってきた。

    自前で強力なデータセンターなどを抱えないソニーにとって、クラウド分野は他社と協業して弱みを補完する領域といえる。企業向けクラウドサービスを重視するマイクロソフトにとっても、クラウドサービスの拡大にとってゲーム世界2位のソニーと組むメリットは小さくない。

    競争環境が変化するのは、ゲームだけではない。家電ではAIスピーカーが家庭内の情報ハブとして注目を集め、米アマゾン・ドット・コムやグーグルが台頭。アマゾンは音声操作できる電子レンジを展開するなど、ハードとIT(情報技術)の垣根はなくなりつつある。

    ソニーが5割のシェアを握る画像センサーでは、従来のスマホ向けに加え車載分野が立ち上がりつつある。車載ではAIを搭載したエッジ処理とクラウドとの連携が求められるとされている。市場成長を見越して既に画像センサーでシェアを持つ韓国・サムスン電子だけでなく、中国勢も開拓に本腰を入れはじめた。

    自前にこだわれば、投資はかさみ、対応に時間もかかる。「中国勢などの変化の速さに対応するには、様々な提携が欠かせない」。あるソニー幹部はこう話す。競争すべき分野、協調すべき分野を明確に設定し、足りないパーツはオープン化で補う。

    今回の提携でわかるように、ソニーは自社の強みをゲームなどのコンテンツや半導体と位置づける。この競争領域である両分野は市場成長も期待でき、当然ライバルも手をこまねいていない。マイクロソフトとの連携を早期に具体化し、果実へとつなげられるか。競争と協調を織り交ぜた戦略の行方を占う、試金石となりそうだ。

    2019/5/17 11:15
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44916640X10C19A5000000/
    【【ゲーム業界】ソニー、マイクロソフト提携 競争と協調の先 】の続きを読む

    このページのトップヘ