博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 脳科学

    1: 野良ハムスター ★ 2019/01/09(水) 16:56:16.23 ID:Kb5kol4p
    掲載日:2019年1月8日

    北海道大学大学院薬学研究院の野村洋講師、京都大学大学院医学研究科の高橋英彦准教授、東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、脳内のヒスタミン神経系を刺激する薬物をマウスあるいはヒトに投与すると、忘れてしまった記憶をスムーズに思い出せるようになることを発見しました。本研究成果は2019年1月8日付でBiological Psychiatry誌(オンライン版)に掲載されました。

    発表概要

    覚えてから長時間経過すると、記憶は思い出せなくなります。しかし、ふとした瞬間に思い出せることがあるように、一見忘れたように思える記憶であっても、その痕跡は脳内に残っていると考えられます。しかし忘れた記憶を自由に回復させる方法は存在しません。本研究グループは、脳内のヒスタミン神経系を活性化する薬が記憶に与える影響をマウスとヒトで調べました。その結果、記憶テスト前にヒスタミン神経系を活性化すると、忘れてしまった記憶でも思い出せるようになることを見出しました。この薬の働きには、嗅周皮質と呼ばれる脳領域の活動上昇が関わっていました。また、特にもともと記憶成績が悪い参加者ほど薬の効果が大きいことがわかりました。

    本研究成果は、脳内ヒスタミンや記憶のメカニズムの解明に有益であると共に、アルツハイマー病などの認知機能障害の治療薬開発の一助となることが期待されます。

    https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z0111_00001.html

    詳しくはこちら
    https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400105359.pdf
    【【薬学】「忘れた記憶を復活させる薬」を発見 東大・京大・北大 】の続きを読む

    1: 次郎丸 ★ 2019/01/09(水) 00:16:34.22 ID:TvHtL6HY9
    かすかな記憶、薬で復活 認知機能障害治療に光
    毎日新聞 2019年1月8日 22時00分(最終更新 1月8日 22時57分)
    https://mainichi.jp/articles/20190108/k00/00m/040/218000c

     刺激物質ヒスタミンの分泌を脳内で促す薬を投与すると、「忘れたようなかすかな記憶」をスムーズに思い出せるようになることがマウスとヒトの実験で判明したと、北海道大などの研究チームが8日、米医学誌電子版に発表した。
    記憶力が悪い方が効果は大きかったといい、アルツハイマー病など認知機能障害の治療薬開発につながる可能性があるとしている。


     チームは、脳内の神経細胞で情報のやりとりにヒスタミンが使われ、記憶に関係している点に着目。マウス実験では、匂いや触感で触れた経験を判断する性質を利用し、実験箱で複数のおもちゃを入れ替えて観察した。

     3日経過すると、最初からあるおもちゃと入れ替え後のおもちゃを区別できなくなった。しかしヒスタミンの分泌を促進する薬を与えたところ両者を区別できるようになり、効果は1カ月後も続いた。

     人の実験では、ヒスタミンの分泌促進作用がある市販薬と偽薬(プラセボ)を活用。20~40代の男女38人に写真約100枚を見せ、1週間後に覚えているか確かめた。市販薬を投与した場合の正答率は46%で、偽薬投与を3%上回った。

     偽薬投与で最も成績が悪かったグループは、市販薬投与で正答率が約25%から約50%に向上。しかし最も成績の良かったグループの正答率は約60%から約40%に低下したという。

     チームは、ヒスタミン分泌で脳内の神経細胞全体が活性化され、記憶の断片をすくい取る感度が高まったと分析。ただし活性化による「ノイズ」で、鮮明な記憶を持つ人は逆に思い出しにくくなったのでは、と結論づけた。
    チームの野村洋・北大講師(神経科学)は「記憶のメカニズムの解明につながる成果だ」と話している。
    【【医学】‘’かすかな記憶” 薬で復活 認知機能障害治療に光 北海道大研究チーム 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/12/28(金) 13:18:22.86 ID:CAP_USER
    情報通信研究機構(NICT)は12月26日、攻撃行動に加担する人に心と脳の働きを調査し、その結果、人が攻撃に加担する程度とその人の社会的不安傾向が相関することを見出したと発表した。

    同成果は、NICT 脳情報通信融合研究センター(CiNet)の高見享佑 協力研究員(大阪府立西寝屋川高校教諭)、春野雅彦 研究マネージャーの研究グループによるもの。詳細は、英国科学雑誌「Social Cognitive and Affective Neuroscience」に掲載された。

    近年、SNSでの炎上や学校におけるいじめなど、攻撃行動が大きな社会問題になっている。こういった攻撃行動は、攻撃を主導する人のほかに、周りでこれに加担する人がいることで重大化すると考えられる。今回、研究グループではキャッチボール課題を考案し、脳の領域間結合を調べる安静時fMRIを用いて、攻撃に加担する人の心と脳の働きの一端を調査した。

    キャッチボール課題は4人グループで行われた。8セッション(1セッションの総投球数は8球)からなり、ボタン操作によって投げる相手とボールの強さ(Normal ballとStrong ballの2種)を選ぶことができる。被験者以外の3名(P1、P3、P4)はコンピュータプログラムにより制御されている。なお、Strong ballは球速が速いだけでなく、投げられた相手には格闘ゲームのような不快音が与えられ、次の投球ではStrong ballを投げられない仕組みになっている。

    P1とP3はセッション5まで、投球の偏りでP4に攻撃が向いていることを示すが、さらにセッション6と7では、「P4にもっとStrong ballを投げよう」または「P4にStrong ballを投げろ。そうしないと君に投げるよ」というメッセージを被験者に送ることで、攻撃行動していくようになっている。

    この課題に対する被験者の行動から、恒常的な攻撃欲求、仕返し、他者への同調、脅しへの服従、慣れの5要因について解析したところ、攻撃行動(P4へのStrong ball)へ加担を増やす要因は、他者への同調のみであることが明らかになったという。また、同調の程度と性格指標の相関から、社会的不安傾向との相関が見出された一方で、従来のアンケート結果から重要視されてきた共感性との相関は確認できなかったとしている。

    さらに、安静時fMRIで測定された脳の領域間結合強度と攻撃に加担する程度の相関について調べたところ、これと似た結果が得られたという。146個の脳領域について、これらの間の結合を検討したところ、扁桃体と側頭・頭頂接合部、前帯状皮質と後帯状皮質の2つの結合強度のみが相関を示したといい、扁桃体と前帯状皮質がともに不安に関係する脳部位とされることから、キャッチボール課題での行動解析で得られた結果とよく一致したとしている。

    研究グループでは今後、加担を超えた攻撃行動に関する心と脳のメカニズムの解明も一層進め、いじめなどの攻撃行動を減らすための情報処理技術の開発や脳計測によるその効果の検証などへの発展が期待されるとしている。


    ■考案されたキャッチボール課題の概要。被験者は全員P2を操作し、その他の3名はコンピュータで制御されている(出所:NICT Webサイト)
    no title

    ■キャッチボール課題の流れ。青い矢印がNormal ball、オレンジの矢印がStrong ballを示している。セッション2では恒常的な攻撃欲求、セッション3では仕返し、セッション4と5では他者への同調が、被験者の中にどれだけあるかが測定できる。(出所:NICT Webサイト)
    no title

    ■被験者の行動と5要因、心理指標との相関の解析結果。攻撃行動への加担には他者への同調があるとみられ、同調の程度と相関がある心理指標は、社会的不安傾向であると明らかになった。(出所:NICT Webサイト)
    no title


    https://news.mynavi.jp/article/20181227-747963/


    【【脳科学】いじめに加担する人の多くは社会的不安を抱えている - 脳の反応から解明】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/15(土) 21:55:00.04 ID:CAP_USER9
    ◆「金縛り」とは?

    「あれ、目が覚めたのかな?」と思って薄目を開けると、まだ真っ暗で、身体が動かない……! 真夜中に突然異常な感覚にとらわれる金縛り。

    金縛りというのはもともと、仏教用語の「金縛法(きんばくほう・かなしばりほう)」からきています。
    これはお不動さんの名で親しまれている不動明王が敵や賊を身動きできなくする密教の秘法です。
    ぴったりの言葉を当てはめたものだと感心しますね。

    金縛りは怪談話などとつなげて語られることが多いようですが、この傾向は実は日本だけのものではなく、世界的に見ても幽霊や生霊、悪魔、魔女、妖精、空想上の生物などが起こす超常現象だと考えられてきました。

    しかし最近では科学的な見地からも研究が進み、「睡眠麻痺」という睡眠障害の1つだと考えられています。
    金縛りが起きるメカニズムと原因、気になる対策法について解説します。

    ◆「金縛りは霊の仕業」と考えられたのは、独特な感覚の恐怖のせい?

    金縛りになると、以下のような独特の感覚を覚える方が多いようです。

    ・怖くて叫ぼうとするが、声が出ない
    ・身体の上に何かが乗っているようで、だんだん息苦しくなる
    ・逃げようとしても身体が動こうとしない
    ・胸の上のものはこの世のものとは思えない
    ・焦ってくると心臓がバクバクする
    ・もうだめだ! と思った瞬間に、身体の自由を取り戻して一息つける
    ・変なものが見えたり聞こえたりする(幻覚は25~75%の人が経験)

    睡眠専門医である私もこれまでに金縛りを数回経験しました。初めてなったときはとても怖くて、金縛りが解けるとともに叫んでしまいましたが、3回目くらいにはなんとなく慣れてきました。

    ◆金縛りの経験者は2人に1人とも……

    国際的な研究グループによると、一生の間に金縛りを経験する確率は40~50%、日本の調査でも40%の人が少なくとも1回は経験するとされています。
    一方で、多くの学生を対象にした調査では5%、すべての年齢を対象にした調査でも6%という低い発生率の報告もあります。

    また国際的な調査によると、金縛りを繰り返す割合は健常な人の3~6%と決して多くありませんが、インターネットを用いた研究では、
    金縛り経験者の36%がエピソードを繰り返していました。
    金縛りになった人の3人に1人は、複数回経験しているということです。思春期や青年期に初めて金縛りを経験する人が多く、主に10~20歳の間に起きているようです。


    no title

    【【生活】金縛りは心霊現象じゃない…科学的な原因と対処法 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/11/30(金) 19:33:41.04 ID:CAP_USER
    「神経精神医学的な症状は脳の1つの部位に問題が生じたもの」という従来の考え方に挑戦する新たな研究が行われています。研究者は、脳の1つの部位ではなく、複数の部位からなる「ネットワーク」が破壊されることによって自由意志が阻害されるとみています。

    Lesion network localization of free will | PNAS
    http://www.pnas.org/content/115/42/10792.short

    Study looks at brain networks involved with free will | EurekAlert! Science News
    https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-10/vumc-sla092618.php

    How Brain Injuries Deprive People of a Sense of Free Will - Scientific American
    https://www.scientificamerican.com/article/how-brain-injuries-deprive-people-of-a-sense-of-free-will/

    2017年、脳の働きを解析するため、脳の損傷部位と脳内各領域のネットワークを重ね合わせた「Lesion network mapping」という手法が発表されました。バンダービルト大学の神経学准教授であるRyan Darby氏は新たに、Lesion network mappingを利用して行動決定に関連する自由意志について調査しています。

    ハーバード大学メディカル・スクールの研究者と共に行われたDarby氏の研究は、発話や行動のモチベーションを持たない無動無言症の患者と、自分の意志とは無関係に体が動くと感じるエイリアンハンド症候群の患者を対象としたもの。Darby氏は長年神経学に携わってきましたが、エイリアンハンド症候群の患者の手がなぜ本人の意志とは無関係に物をつかんだり、勝手にシャツのボタンを外したりするのかは明らかになっていません。

    エイリアンハンド症候群は、卒中によって脳が障害を受けた時に発生します。しかし、同じような症状を報告する患者であっても、障害を受けた脳の部位は異なることがあります。このことから、研究者は「同じ脳のネットワークの、異なる部位に障害を受けたのでは」という可能性について考えだしました。今回の研究では、エイリアンハンド症候群と無動無言症の患者の障害を受けた部位と、障害を受けていない人の脳が持つ「テンプレートのネットワーク」とが比較されました。

    この結果、エイリアンハンド症候群の患者の障害は、楔前部に接続したネットワーク上にあることが判明。楔前部は自己認識や行動選択に関係する部位です。

    そして、無動無言症の患者が障害は、自発行為に関係する前帯状皮質を中心としたネットワーク上に存在することが判明しました。この2つのネットワークは被験者の自由意志の認識を変える脳の部位を含んでいることのことも、過去の研究からわかっています。

    このことから、人の行動を決断する自由意志は特定の脳の部位に存在するのではなく、複数の部位からなる「ネットワーク」によって作用するのだと研究者らは結論づけています。このネットワークが破壊された時に、「意志の認識」ができなくなるわけです。

    今回の研究には参加していないスタンフォード大学の精神医学准教授であるAmit Etkin氏は同研究について、「これは何十年分にも及ぶデータを使用したクリエイティブな方法です。以前は意味をなさなかった、しかし今では意味をなす新しいことを理解するための新たな概念化といえます」と語りました。

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20181129-brain-networks-free-will/
    【人の「自由意志」は脳の1つの部位ではなく「ネットワーク」によって生み出されるという考え】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/25(木) 13:53:59.91 ID:CAP_USER
    呼吸が脳の活動、特に記憶に対してどのような影響を与えるかという研究を行っていたスウェーデンのカロリンスカ研究所の研究者が「鼻呼吸を行うことで匂いの記憶は強化された」という実験結果を発表しています。

    Respiration modulates olfactory memory consolidation in humans | Journal of Neuroscience
    http://www.jneurosci.org/content/early/2018/10/22/JNEUROSCI.3360-17.2018

    Breathing through the nose aids memory storage -- ScienceDaily
    https://www.sciencedaily.com/releases/2018/10/181022141509.htm

    何かの匂いをかいだ時、匂いの元となる分子が鼻の奥にある嗅覚受容体に結合し、受容体の電気信号が嗅覚受容神経を通じて「嗅球」と呼ばれる脳組織に到達します。そして、嗅球が信号を元に処理した嗅覚情報を大脳へ送ることで、嗅覚が認識されていると考えられています。

    この嗅球は、記憶に関わる脳組織である海馬との間にも回路を持ち、嗅覚と記憶が密接に関係していることは、これまでの研究からも明らかとなっていました。このことから、カロリンスカ研究所で臨床神経科学を研究するArtin Arshamian氏は「口呼吸ではなく鼻呼吸によって匂いに関する記憶が強化されるのではないか」という仮説を唱え、比較実験を行いました。

    Arshamian氏率いる研究チームは、被験者に12種類の異なる匂いをかがせました。その後、1時間にわたって口呼吸あるいは鼻呼吸を行わせたあと、「最初に嗅がせた12種類の匂い」と「全く別の12種類の匂い」を嗅がせて、以前に嗅いだことのある匂いかどうかを調査。その結果、1時間鼻呼吸を行っていたグループの方が、口呼吸を行っていたグループよりも匂いを強く記憶していたことがわかりました。

    記憶の過程は「符号化」「固定化」「想起」の3段階に大きく分けられます。Arshamian氏は、今回の実験結果から「呼吸が記憶の固定化に影響を及ぼす」ことが示されたと論じています。

    ただし、鼻呼吸が具体的にどのように記憶の固定化に影響を与えているのかというメカニズムは解明されていないとのこと。Arshamian氏によると、以前までは電極を脳に直接挿入しなければ嗅球の活動を測定することができませんでしたが、2018年現在は電極を挿入しなくても測定できる方法が確立されているそうです。Arshamian氏は「次の目標は、呼吸中に脳内で実際に何が起こっているのか、そしてそれが記憶の形成にどう関わっているのかを調べることです」と答えています。 

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20181024-breathing-through-nose-aid-memory/
    【鼻呼吸によって記憶力が強化されることが判明】の続きを読む

    このページのトップヘ