博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:就職 > 企業

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/09/25(火) 19:58:31.37 ID:2k54GPHw0 BE:323057825-PLT(12000)
    職場で英語を「準公用語化」する動きが広がっている。
    資生堂が10月から本社部門の会議や社内文書の言語を英語に切り替えるほか、ホンダなども2020年の英語公用語化を掲げる。
    日本語と柔軟に使い分けることで現場の負担をやわらげ、英語をスムーズに浸透させるのが狙いだ。
    モチベーション低下などの副作用を抑えつつ、いかに国際競争力を高めるか。その現実解ともいえる動きだ。

    英語「準公用語化」資生堂やホンダで 日本語も許容
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35704530V20C18A9000000/
    【ホンダ、英語を公用語に 】の続きを読む

    1: 就職戦線異状名無しさん 2014/08/12(火) 14:25:17.80
    ・高卒の多い職場

    ・女性の割合が多い職場

    まあ共通するのは嫉妬ですね
    身に覚えのないくだらない噂を立てて
    人を陥れるのが生きがいになってる
    工場とか生保がブラックといわれるのもこの由縁です
    逆に言えばこの二つの要素を避けれれば
    かなりの確率でブラックは避けられます
    【ブラック職場の特徴】の続きを読む

    1: 就職戦線異状名無しさん 2018/07/14(土) 15:38:44.74 ID:CLsmXVhH
    またっり安泰
    地元で最上位の給与
    30代で1000万
    ボーナスは年3回
    モテモテでヤリたい放題
    電力マンは地元のスーパーエリート!
    超絶勝ち組電力マン!! 
    ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

    【電力業界について雑談するよ 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/09/06(木) 06:24:02.99 ID:CAP_USER
    大手半導体メーカー、「東芝メモリ」が岩手県に建設を進める新工場で働く大卒者の採用が募集人員の3割程度にとどまる見通しになっていることがわかりました。東芝メモリは、高卒者の募集人員を増やすなど、生産拠点と位置づける新工場の稼働に向け、採用計画の見直しを迫られています。

    「東芝メモリ」は東芝が経営再建の一環でアメリカの投資ファンドなどに事業を売却した大手半導体メーカーで、記憶用半導体、「フラッシュメモリー」の生産拠点と位置づける新工場を岩手県北上市に建設しています。

    会社では新工場を来年完成させ、再来年までに生産を軌道に乗せる予定で、これに合わせて来年春に卒業する大学生や高校生など合わせて510人の採用を計画しています。

    しかし、このうち、大卒者は、県外に就職を希望する学生も多く企業間の競争が激化していることから、170人の募集人員のうち、3割程度の採用にとどまる見通しになっていることが関係者への取材でわかりました。

    このため東芝メモリは、新工場の生産計画への影響を避けるため、今月始まった高卒者の採用で、募集人員を200人から290人へと大幅に増やすなど、採用計画の見直しを迫られています。

    東芝メモリの関係者は、今のところ新工場の生産計画に変更はないとしていますが、安定的な稼働に向けて人材の確保が課題となっています。
    2018年9月6日 6時01分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011611201000.html
    【【企業】東芝メモリ 新工場の大卒者採用が募集人員の3割程度に 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/08/24(金) 18:12:36.49 ID:ag34tFZy0● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    新幹線300キロ体感 トンネル内で座らせ研修
    https://mainichi.jp/articles/20180824/k00/00e/040/305000c

    no title



    JR西日本が新幹線のトンネル内に、通常業務では線路内に立ち入らない車両検査の社員を座らせ、最高時速300キロを間近で体感させる研修をしていることが、同社や関係者への取材で判明した。
    同社はボルト締め付けの確認などの重要性を学んでもらう目的だと説明するが、労働組合や専門家には効果を疑問視する声がある。【根本毅】


    【JR西の300kmで走る新幹線のトンネルの1mの溝に潜り耐える研修の図があの事件を思い出させる。 】の続きを読む

    このページのトップヘ