博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:学歴 > 大学

    1: エリート街道さん 2019/06/30(日) 17:39:17.65 ID:Xz/VQoBq
    マーチング

    MARCHING

    明治・青山学院・立教・中央・法政・ICU・日本・学習院
    【MARCHINGを語れ 】の続きを読む

    1: エリート街道さん 2018/02/02(金) 16:07:17.84 ID:lS12mLbi
    国立では東大
    私立では早慶

    全部関東の大学
    【なぜ、関西の大学は偏差値が低いのか  】の続きを読む

    1: 大学への名無しさん 2019/08/14(水) 13:41:00.16 ID:yXzLaF2d0
    国公立行けなかったらもう専門でもいい気がしてきた
    【ワタクと専門学校ならどっちがマシなのか 】の続きを読む

    1: カリスト(SB-Android) [CN] 2019/08/16(金) 08:32:44.37 ID:aYBiuXwu0 BE:155743237-PLT(12000)
    「明治に落ちて東大合格」すら普通という大異変 もはや大学ランキングは通用しない
    2019/08/15 11:00

    私立大学文系の入試が近年、異様なほどに難化している。
    主な要因は、文部科学省の指導による大学入学定員の厳格化だ。
    各大学は定員よりも多い合格者を出した場合、
    一定の割合に応じて私学助成金がカットされるようになったため、
    大学側は合格者を絞るようになった。
    これが「異様なほどの難化」につながっている。

    そして、この難化現象と並行するように、
    かつてはほとんど見られなかった合否事例を耳にするようになった。
    (中略)

    また、僕とは異なる大学予備校に出講する知人の講師はLINEでこんなメッセージをくれた。

    「あまり成績のかんばしくなかった生徒が案の定、専修大学がダメで、
    暗い気持ちになっていたんだけど、なんと明治大学には合格した! これは奇跡! 感動した!」

    その他にも「東洋大学にすべって早稲田大学に合格」。
    さらには「明治大学政治経済学部には不合格だったが、
    東京大学文科二類には合格した」といったミラクルも起きている。
    (中略)
    立教大学の新興学部である異文化コミュニケーション学部は偏差値67.5(河合塾、以下同)で、
    偏差値65の慶應義塾大学文学部や早稲田大学教育学部、
    上智大学文学部といった伝統的な難関学部を上回っている。

    また、中堅クラスのイメージが強い東洋大学の文学部や社会学部、国際学部、国際観光学部は偏差値60だ。
    これは明治大学文学部、青山学院大学文学部、中央大学法学部・経済学部・文学部、
    法政大学社会学部・現代福祉学部・文学部・国際文化学部、
    立教大学観光学部・コミュニティ福祉学部などと同ランクである。

    no title

    (後略)
    https://president.jp/articles/-/29639
    【大学入試・偏差値に異変 中央法と東洋文が同偏差 専修>明治>>>東大 等も 】の続きを読む

    1: 大学への名無しさん 2018/03/22(木) 13:22:21.10 ID:SHh0u0/C0
    大学選びでとても悩んでいます。
    国公立前期で大阪大に不合格となりました。
    同志社理工には合格していて、京工繊は今日の夕方、府立は明日が発表です。
    手応えはあったので、全て受かったと仮定してどこに行くべきなのか助言をください。
    浪人もほんの少しだけ考えています。
    【(理系)同志社か大阪府立か京都工芸繊維 】の続きを読む

    1: エリート街道さん 2019/05/12(日) 18:23:26.63 ID:0cgFDhuf
    上り調子の法政。VS明治・立教・中央があるのに、射程圏内に入ったVS青学スレがないのは不自然なので立てました。
    【青山学院大学 VS 法政大学 ファイッ!】の続きを読む

    このページのトップヘ