博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > ニュース

    1: ばーど ★ 2018/11/19(月) 22:26:18.70 ID:CAP_USER9
    日産自動車の西川広人社長は横浜市の本社で記者会見し、ゴーン容疑者の不正行為は「断じて容認できる内容ではない」と述べ、「株主や関係者の皆様に多大な心配を掛け、深くおわびしたい」と陳謝した。

    2018/11/19 22:17
    https://this.kiji.is/437240501297792097 
    【【日産会見】日産・西川社長、不正行為「断じて容認できない」「株主や関係者の皆様に多大な心配を掛け、深くおわびしたい」 】の続きを読む

    1: やなぎ ★ 2018/11/19(月) 22:16:39.10 ID:CAP_USER9
    2018年11月19日 22時12分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181119/k10011716641000.html

    フランスの自動車メーカー、ルノーの会長を務めるゴーン氏が逮捕されたことについて、訪問先のベルギーのブリュッセルで会見したフランスのマクロン大統領は、「今の状況で何らかの発言をするには十分な情報がない。フランス政府は、ルノーと日産の提携やルノーのグループ会社、それに従業員の雇用の安定について注意深く見守るとともに、株主として支援していきたい」と述べました。
    【【ゴーン氏逮捕】フランスのマクロン大統領「ルノーと日産の提携 注意深く見守る」 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/11/19(月) 22:56:21.00 ID:CAP_USER9
    ■ゴーン容疑者ら2人逮捕 報酬を50億円過少申告の疑い

    日産自動車(本社・横浜市)の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が自らの報酬を約50億円少なく申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、ゴーン容疑者と、同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)を逮捕し、発表した。

     日産自動車(本社・横浜市)の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が自らの報酬を約50億円少なく申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、ゴーン容疑者と、同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)を逮捕し、発表した。

     特捜部によると、2人は共謀のうえ、2011年3月期~15年3月期までの5年度分の有価証券報告書に、実際は計約99億9800万円だったゴーン氏の報酬を、計約49億8700万円と過少に記載し、関東財務局長に提出した疑いがあるという。

     特捜部は、日産の本社など関係先の捜索も行っている。

     ゴーン氏は、経営危機に陥った日産にルノーから派遣され、1999年に最高執行責任者(COO)、2000年に社長に就任。01年6月から社長兼最高経営責任者(CEO)となり、日産の再建を進めた。05年にはルノー社長にも就いた。16年には、燃費不正問題の発覚をきっかけとした三菱自動車との提携を主導し、16年12月に三菱自会長にも就任した。

     日産については、17年4月に社長兼CEOを退いて会長に就いた。

    2018年11月19日20時15分
    https://www.asahi.com/articles/ASLCM6QGWLCMUTIL04G.html
    ----------------------------------
    ■日産自動車「当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について」 ※全文

    日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、内部通報を受けて、数カ月間にわたり、当社代表取締役会長カルロス・ゴーン及び代表取締役グレッグ・ケリーを巡る不正行為について内部調査を行ってまいりました。

    その結果、両名は、開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明いたしました。

    そのほか、カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明しております。

    当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してまいりましたし、引き続き今後も協力してまいる所存です。

    内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。また、グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。

    このような事態に至り、株主の皆様をはじめとする関係者に多大なご迷惑とご心配をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。早急にガバナンス、企業統治上の問題点の洗い出し、対策を進めてまいる所存であります。

    2018年11月19日  日産自動車
    https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-860852d7040eed420ffbaebb223b6973-181119-01-j?lang=ja-JP 



    【【速報】日産のゴーン会長(64)、ケリー代表取締役(62)を逮捕 金商法違反容疑 共謀して報酬を50億円過少申告の疑い 東京地検特捜部 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/14(水) 19:05:22.69 ID:CAP_USER9
    11月14日、平成最後となる大晦日の「NHK紅白歌合戦」の出場者が発表された。
    3年ぶり3回目の出場となるMISIAのほか、企画枠として人気ゲーム「刀剣乱舞‐ONLINE‐」を原作とした、いわゆる“2.5次元ミュージカル”「刀剣乱舞」も出場するという。

    注目は5人組歌謡コーラスグループ「純烈」だ。

    「かつて戦隊ヒーローや仮面ライダーを演じ、子どもたちのみならずお母さんたちもキュンキュンさせていた高身長のイケメン俳優を中心に、07年に結成されました。
    オジサン世代となった彼らの合言葉は『夢は紅白、親孝行』。昭和を彷彿とさせるコーラス歌謡を引っさげて、全国の健康ランドやスーパー銭湯でライブ活動を展開。
    そのルックスと、スーパー銭湯という会場ゆえのお客さんとの距離の近さで、おばさまたちから絶大な人気を得ました。
    当初は6人組でしたが、16年に1人が卒業し、現在は5人組となっています。
    今年4月には、メンバーの小田井涼平がタレントのLiLiCoと17年に入籍していたことを発表し、さらに話題となりました」(芸能ライター)

    今年は紅白出演に向けて戦略を立て、「ごごナマ」「うたコン」「NHKのど自慢」に出演。NHKへの貢献にもぬかりはなかった。

    平成最後の大晦日に、昭和の香り漂う歌謡曲に酔いしれてみるのもいいかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1570423/
    2018.11.14 18:15 アサジョ


    【【芸能】スーパー銭湯アイドル「純烈」がついに念願の紅白出場! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [JP] 2018/11/13(火) 20:26:41.86 ID:6o+Puh/O0 BE:592048191-PLT(13345)
    来年の春に「おおさか東線」が全線で開業することに伴い、JR西日本は13日、奈良駅と新大阪駅を結ぶ快速列車の直通運転を始めると発表しました。

    「おおさか東線」は、新大阪駅と八尾市の久宝寺駅の間を結ぶ路線で、このうち南側の久宝寺駅から大阪・鶴見区の放出駅の間はすでに開業しています。
    残りの放出駅から新大阪駅の間は現在も建設中で、来年の春に全線での開業を予定しています。
    これに伴い、JR西日本は13日、奈良駅と新大阪駅を結ぶ快速列車の直通運転を始めると発表しました。
    平日は朝に上りで4本、夕方に下りで4本のあわせて8本を運行し、土曜と休日も朝に上下で2本ずつ、夕方に上下で2本ずつのあわせて8本を運行します。
    久宝寺駅から先の停車駅はJR河内永和駅高井田中央駅、放出駅の3つで奈良駅と新大阪駅の間の所要時間はおよそ1時間です。
    一方、快速列車の放出駅と尼崎駅の間の運転は取りやめとなります。
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20181113/2050001426.html
    【新大阪-(おおさか東線)-放出-久宝寺-奈良 快速運転へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ