博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:ネットビジネス > 仮想通貨

    1: 名無しさん@涙目です。(WiMAX) [US] 2018/11/15(木) 17:07:29.13 ID:0J+gEw4D0 BE:292723191-PLT(19081)
    仮想通貨ビットコインが急落。8月以来の6000ドル割れとなり、ここ1年余りで最も安くなった。
    最近は値動きが落ち着いていたが、一転して激しく変動した。

    ビットコインは一時15%安の5322ドルと、2017年10月以来の安値を付けた。
    当初の下げの大半はわずか30分ほどの間に起きた。
    イーサとライトコイン、XRPも17%を超える大幅安。

    ビットコインから派生したビットコインキャッシュは一時21%安。
    ビットコインキャッシュも分裂するため、その後にいずれかのバージョンを買う資金を確保するため
    ビットコインが売られたとの臆測もある。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-15/PI7LRM6K510O01
    no title
    【ビットコインが急落。1年ぶりの安値に 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/01/28(日) 06:49:46.25 9
    トキ 仮想通貨で貯金全額失う


    仮想通貨に貯金全額のトキ「吉本ファイナンス確定」
    1月27日(土)20時59分 日刊スポーツ

    仮想通貨取引所大手「コインチェック」から約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」
    が流出した騒動で、「貯金全額」をつぎ込んでいたことを明かしたお笑いコンビ、藤崎マーケットのトキ(33)が27日夜、
    大阪市内で、取材に応じた。
    https://news.biglobe.ne.jp/topics/entertainment/0127/42762.html
    記事全文を読む


    【トキ 仮想通貨で貯金全額失う 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/18(火) 03:53:50.46 ID:CAP_USER
    仮想通貨は史上最大の暴落として歴史に名前を残しそうだ。年初につけたピークからの下げは80%に達し、ドットコム・バブル破裂時のナスダック総合指数の下落率を上回った。

    仮想通貨は12日も下落。MVISクリプトコンペア・デジタル・アセット10指数の1月高値からの下げは80%となった。2000年のバブル破裂後、ナスダックのピークから底までの下落率は78%だった。

    12日の下げは規模2番目の仮想通貨、イーサが中心で、ニューヨーク時間午前7時50分時点で前日比6%安の171.15ドル。今月の下落率は40%に広がった。規模が最大のビットコインはほぼ変わらず。MVISクリプトコンペア指数は3.8%下落。コインマーケットキャップ・ドット・コムが算出する仮想通貨全体の時価総額は1870億ドル(約20兆8500億円)と、10カ月ぶり低水準。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-12/PEXXVX6S972A01
    【【仮想通貨】仮想通貨、今年の下落率が80%にードットコム・バブル破裂を超える 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/09/11(火) 02:16:01.29 ID:CAP_USER9
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-10/PETEVS6JTSE801?srnd=cojp-v2

    仮想通貨の爆発的成長期、終わった可能性-イーサリアム創設者

    Eric Lam、Gregor Stuart Hunter
    2018年9月10日 11:00 JST
    →「さらに1000倍成長するような機会はもうない」-ブテリン氏
    →既に関心を持つ人々をより深く関与させることが次のステップ

    仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブロックチェーン(分散型台帳技術)の存在が一般に知れ渡るようになる中、同業界の爆発的な成長局面は終わってしまった可能性があるとの見解を示した。

      ブテリン氏は8日、香港のイーサリアム・インダストリー・サミット会議でのブルームバーグとのインタビューで「ブロックチェーンのスペースは天井が視野に入るところまで来ている」と述べた上で、 「現時点で一般的な教養のある人と話すなら、彼らは恐らく最低1回はブロックチェーンについて聞いたことがあるだろう。そのスペースでさらに1000倍成長するような機会はもうない」と語った。

      同氏はブロックチェーン・コミュニティーにおける当初6-7年のビットコインやその他仮想通貨の成長は、より広範な導入を目指したマーケティング活動に依存していたと指摘。その上で、「この戦略が行き止まりに近づきつつある」との認識を示した。

      次のステップについて同氏は、既に仮想通貨に関心を持つ人々をより深く関与させることだろうと発言。「関心のある人々を、真の経済活動における実際の利用へと向かわせることだ」と述べた。
          
      ブルームバーグがビットスタンプの価格情報を集計したデータによると、リップルやライトコインを含む競合の仮想通貨が8日に新たな売りを浴びる中、イーサリアムは1月に付けた今年高値から85%余り下落し、足元では200ドルを下回って推移している。

    原題:Crypto Growth Nears ‘Ceiling,’ Ethereum Co-Founder Buterin Says(抜粋)

    ヴィタリック・ブテリン氏フォトグラファー:David Paul Morris / Bloomberg
    no title
    【【仮想通貨】爆発的成長期、終わった可能性-イーサリアム創設者 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [BR] 2018/08/16(木) 14:51:21.94 ID:aPGzoUC90● BE:632443795-2BP(10000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nigete.gif
    6000万タワマン族"ほぼ赤字家計"の末路

    高収入なのに貯金ができない家庭の問題点は何なのか。都内湾岸地域のタワーマンション住まいの4人家族。ローン返済や無自覚な浪費のため毎月収入分をほぼ使い果たし、私立中学・高校志望の娘2人の学費・塾代を出せない。
    そこでビットコインを始めたところ、哀れ大損……。娘の針路と家計の大ピンチをどう乗り越えればいいのか。ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが家計費目にメスを入れる――。

    ■東京ベイエリアの6000万円タワマン族は「転落直前」
    「昨年11月末に10万円で始めたところ、1カ月で2.5倍に値上がりして、調子に乗って100万円つぎ込んだら、今年になって大暴落してしまって……。気がついたら大事な貯金が半分に減ってしまいました」
    疲れ切った様子で相談にきた都内在住の会社員・池内正雄さん(42歳・仮名)と会社員・直子さん(42歳・仮名)のご夫婦。夫の同僚から「簡単に儲かる」という話を聞いて、ものは試しとビットコインを始めた。
    最高の滑り出しだったのですが、その後は損失が続き、取り返しのつかないところまできてしまったそうです。一体、何が起こったのでしょうか。
    池内家は、夫婦と中学2年生と小学5年生の娘さん、猫2匹とともに、東京ベイエリアの高層マンションに住んでいます。いわゆる「タワマン族」としての豊かな生活を満喫しています(3LDKで約6000万円の新築物件)。
    手取り月収はご主人が約42万円で、奥さまは約31万円の合計約73万円、ボーナスもふたり合わせて年間220万円。世帯年収は額面で約1500万円の極めて恵まれた高収入家計です。

    ■年収1500万世帯「娘の学費欲しさ」で賭けに出て、顔面蒼白
    しかし、8年前にマンション購入のため、貯金のほとんどを頭金(1000万円)として使い、また月々の支出も非常に多く(計71万円)、貯金も毎月わずかしかできません(月1.7万円)。
    昨秋の時点での貯金は240万円しかなく、来春のふたりの娘の私立学校への進学費用を不安に思ったそうです。
    そのため、それぞれ年平均100万円以上する塾代や学費を捻出するためには「簡単に儲かる投資」で一気にお金を増やすことができたらいいなと考えていたそうです。
    投資のきっかけは正雄さんの同僚からこう聞いたことでした。「ビットコインは儲かるよ、自分も1.5倍くらいに増えたし」。
    そんなに儲かるならと正雄さんは、仮想通貨関連の書籍を読んで基本的な仕組みを理解したうえで、「まずは手堅く」と10万円分のビットコインを買ってみました。
    最初は順調でした。昨年11月末に買った10万円分のビットコインが、わずか1カ月で約26万円に値上がりし、これに味をしめた正雄さんは、即座に100万円分を追加購入。ところが、今年初めの大暴落で約3分の1にまで値下がり。
    焦った正雄さんは、損失分を一挙に取り返そうと、FXや個別株にまで手を出しては失敗を繰り返し、気がつくと何と110万円もの投資額が約30万円にまで減ってしまったそうです。

    いかそ
    https://news.infoseek.co.jp/article/president_25933/
    モッピー!お金がたまるポイントサイト

    【タワマンを6000万円で購入した世帯年収1500万円会社員が教育費捻出のため仮想通貨を始めるというお話 】の続きを読む

    このページのトップヘ