博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 海外

    1: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 05:30:03.17 ID:TCdiO8w10
    1位 イタリア
    歴史好きには堪らない、多くの史跡や貴重な文化財が街中にあるから一度は行ってみたい!
    2位 トルコ
    西洋と東洋の交わる国、イスラーム文化に触れつつ西欧文化も味わえる是非訪れたい国だ!
    3位 アメリカ
    やっぱり世界で一番の国家に一度は訪れてみたいよね。ブロードウェイを歩きたい!!!
    4位 イギリス
    洋楽好きの聖地!是非とも行きたい!
    5位 タイ
    東南アジアのエキゾチックを味わいたい!
    6位 フランス
    パリを歩きたい!
    7位 スペイン
    8位 ベトナム
    9位 ドイツ
    10位 ロシア
    【ワイの旅行したい国を並べてみた、どんなイメージ?】の続きを読む

    1: みつを ★ 2020/03/18(水) 04:31:00.52 ID:QFEFIqNS9
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56928160Y0A310C2000000/

    米、新型コロナで現金給付検討 経済対策、1兆ドルに
    2020年3月18日 1:28 (2020年3月18日 4:02 更新)


    【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権は17日、新型コロナウイルスの経済対策として、家計への現金給付を検討していると明らかにした。記者会見したムニューシン財務長官は「米国民は手元資金を必要としており、小切手を送るような施策を検討している」と述べた。政府高官は同日、「対策の規模は1兆ドル(約107兆円)になる」と明言した。

    【関連記事】
    NYダウ、一時1000ドル高 トランプ政権の景気刺激策好感
    FRB、企業に緊急資金供給 10年ぶりCP購入発動

    ムニューシン財務長官は17日、米与野党の議会指導部と相次いで会談し、大型の景気刺激策を詰める。トランプ大統領は労使が負担する給与税の免除を提案。新型コロナで売上高が急減する航空会社や宿泊業などの資金支援も盛り込む。総額で1兆ドル規模になる見込みで、実現すれば連邦政府の年間歳出(4.7兆ドル)の2割近い異例の大型景気対策となる。

    17日に記者会見したムニューシン氏は現金給付構想を明らかにした上で「2週間以内に実施したい」とも述べた。規模や手法などは議会側と詰める。新型コロナで影響を受ける外食産業や宿泊業などは、時給労働者が少なくない。店舗などの一時閉鎖で無給休暇を迫られるケースがあり、米政権と議会に現金給付によって内需の急減を避けたい思いがある。

    トランプ大統領は社会保障財源である給与税を、20年中は免除するよう議会に提案してきた。同税は労使それぞれが給与の6.2%を納税する仕組みで、税収は年1兆ドル強と全歳入の3分の1を占める。今春から免除すれば減税規模は8千億ドルと極めて大きいが、給与税は収入の断たれた失業者や休業者には減税効果が及ばず、緊急対策としての効果に疑問もある。

    米議会は3月6日、ワクチン開発などに充てる83億ドルの緊急補正予算を成立させた。16日には下院で新型コロナの検査無償化などを盛り込んだ「第2弾」の経済対策を可決済みだ。ホワイトハウスと議会は「第3弾」として家計や企業への大型の景気対策を検討。米航空業界は16日、連邦政府に500億ドルを超す支援を要請している。
    【【バラマキっていうのはこういう風にやるんだよ!】米、新型コロナで現金給付検討 経済対策、1兆ドルに】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/03/07(土) 16:00:33.97 ID:Sf3QwFXg0
    他の国が滅亡してもグリーンランドだけは生き残りそう
    【グリーンランドとかいう謎の地wwww】の続きを読む

    1: プロストラチン(光) [US] 2020/03/01(日) 09:39:20.18 ID:awQ3C/KS0● BE:969416932-2BP(2000)
    韓国女優のキム・ジョンウンが、新型コロナウイルスの世界的な広がりに伴ってしばらく韓国を訪問することができなくなった。

    キム・ジョンウンは29日、自身のインスタグラムに「明日からすべてのフライト停止..来ることも行くことも..できることがなくて心配と恋しさだけです..皆さん頑張ってください」という文と共に写真を2枚公開した。

    公開された写真の中のキム・ジョンウンは、マスクをつけている。香港内でも、新型コロナウイルス感染症の影響があることを実感させる。

    香港は最近、韓国から出発した旅行者への入国禁止措置を下すことを決定した。3月から航空便も停止される。

    またキム・ジョンウンは26日、新型コロナウイルス拡散防止を助けようと1000万ウォン(約100万円)を寄付した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-00252537-wow-asent
    【キム・ジョンウンさんがインスタを更新】の続きを読む

    1: ロドバクター(東京都) [FR] 2020/02/22(土) 19:37:41.33 ID:7mKIjiUk0● BE:887141976-PLT(16001)
    アメリカの大学生が新型コロナウィルスをテーマにしたパーティーを開催し批判殺到となっている。

    CNNなどによると、ニューヨーク州立大学アルバニー校の一部の学生が新型コロナウィルスをテーマにしたパーティーを開いて
    大きな批判を受けていると報じた。

    インスタグラムにはパーティーの様子の動画が投稿されており、氷とコロナビールがいっぱいのバケツと
    手術用マスクをかぶった大学生の姿が登場する。また、この映像には、「コロナウイルスも、
    私たちのパーティーを防ぐことができない」というキャプションもついた。
    炎上開始するとこの映像は削除されたが、その影響はかなり大きかった。

    アルバニー校アジア学生連合は「校内のアジアコミュニティのメンバーは、先週末行われた今回のパーティーを容認することはできない」とし
    「全世界的に多くの死者を生んでいる新型コロナウィルスの事態はアジア人のための巨大な固定観念も生んでいる」と嘆いた。
    また、アジアの学生連合は、学校側に問題のパーティーを主催した団体を処罰することと関連し、学生の謝罪文を要求した。

    これに対してアルバニー大学側は声明で、「学校の許可を得ずにコロナがテーマとなっているパーティーが
    開かれたことは知っている」とし「このパーティーのテーマは非常に不愉快、多くの人々に傷を与えた。
    これは私たちの1万8000人の学生を代表していない」と述べた。続いて「今回のパーティーに参加した学生は、
    懲戒処分を受けることができる」と付け加えた。

    ただし、大学側はこのパーティーがいつ、どのように多くの学生が参加しどの懲戒を受けるかについてはまだ明らかにしなかった。

    https://gogotsu.com/archives/56240
    no title
    【アメリカの大学生 コロナビールを飲みながら新型コロナウィルスパーティーを開き批判殺到】の続きを読む

    1: ミクソコックス(大阪府) [US] 2020/02/12(水) 16:42:26.11 ID:n/b32Fbj0● BE:784885787-PLT(16000)
    新型コロナウイルス感染者の対応のために、中国当局が湖北省武漢に建設した隔離施設、
    火神山病院に務めているという医療従事者は匿名サイトで、院内では毎日、
    200~400人が軍部により運び出され、新しい患者が直ちに入室すると書き込んだ。

    中国国内メディアによると、火神山病院は、中国軍が管轄し、軍医が対応する。
    院内警備は兵士が行い、情報統制が強いことから「強制収容所」と例えられている。

    中国国内メディアによると、火神山病院は、中国軍が管轄し、軍医が対応する。
    院内警備は兵士が行い、情報統制が強いことから「強制収容所」と例えられている。
    英字の匿名インターネット掲示板4chanに2月8日、ある匿名ユーザーは
    「火神山病院の実験室技師」と自己紹介し、「状況はあなたが知っている以上に悪い」
    「私たちも懸命に働いているが、ただ(患者数が)多すぎる」と英語で書き込んだ。
    このユーザーは、自身の身元証明の一部として、制御室に似た出口のそばで、
    「4chan 2020-2-8」と書いたメモ用紙を撮影した。手には手袋をはめている。
    【武漢の隔離収容施設 毎日、数百人が死亡『誰か水をくれ マスク分けてくれ せめて抱きつく胸をくれ』】の続きを読む

    このページのトップヘ