博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 海外

    1: シャチ ★ 2018/11/10(土) 02:08:38.78 ID:CAP_USER9
    ノルウェーで海軍のイージス艦とタンカーが衝突する事故があり、イージス艦の船体がほぼ横倒しになりました。

     8日朝、ノルウェー南西部ベルゲン付近の北海で、ノルウェー海軍のイージス艦「ヘルゲ・イングスタッド」と石油タンカーが衝突しました。イージス艦の船体は大きくえぐられて穴が開いたため、一部が海に沈んでほぼ横倒しになりました。当時、イージス艦には137人の乗組員が搭乗していて、8人が軽傷です。一方、タンカーからの油漏れはないということです。イージス艦はNATO(北大西洋条約機構)の軍事演習から戻る途中で、衝突の原因はまだ分かっていません。現地メディアによりますと、このイージス艦は2009年に就航した最新型で、価格は日本円で約500億円ということです。

    ソース ANN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181109-00000037-ann-int
    【【ノルウェー】海軍のイージス艦、石油タンカーと衝突 大穴が開き、横転 】の続きを読む

    1: やなぎ ★ 2018/11/10(土) 00:31:10.79 ID:CAP_USER9
    2018/11/10 00:26
    https://this.kiji.is/433649185582023777?c=39550187727945729

    【カイロ共同】日本外務省筋によると、ヨルダンのペトラ遺跡で9日、土石流が発生し、多数の日本人観光客が巻き込まれ、10人以上と連絡が取れなくなっている。


    【【速報】ヨルダンで土石流、日本人多数と連絡取れず 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/11/06(火) 19:51:08.49 ID:CAP_USER9
    木本結梨香さん(26)
    no title


    中米のグアテマラで、20代の日本人女性2人が家の中で何者かに襲われ、1人が死亡、1人が大けがをした事件で、2人は最近、複数の男につきまとわれ暴力を振るわれたと近所の人などに相談していたということで、警察が事件との関連を調べています。

    グアテマラ北部のペテン県で4日未明、現地に住む20代の日本人女性2人が家の中で襲われ、現地の日本大使館によりますと、1人が死亡、1人が大けがをして病院で手当てを受けています。

    地元の警察などによりますと、死亡したのは、木本結梨香さん(26)で、大けがをしたのは、茂呂澤ちえさん(28)です。

    警察によりますと、4日朝に発見された時、木本さんには頭や腹に殴られた痕があり、すでに亡くなっていたほか、茂呂澤さんもナイフで切りつけられて倒れていて、家の中からは、金品がなくなっていたということです。

    2人は、キリスト教系の宗教団体「エホバの証人」の布教活動のため3年前からグアテマラに住んでいましたが、最近、複数の男につきまとわれ、暴力を振るわれたと近所の人たちなどに相談していたということで、

    警察は、事件との関連を調べています。

    ペテン県は、首都グアテマラシティーの北にあり、観光名所となっているマヤ遺跡があります。

    地元住民によりますと、この地域は最近、治安が悪化していて、住民たちが警察に見回りを強化するよう要望していたということです。

    3年前の2015年12月にグアテマラで撮影された木本結梨香さんの写真には、木本さんが、現地の子どもたちにタブレットで動画を見せながら、布教活動をしている様子が写っています。

    ■母親 あゆみさん「スペイン語 流ちょうに話せるほど」

    母親のあゆみさんによりますと、木本さんは、グアテマラに行く前から現地で使われているスペイン語をラジオなどで勉強していて、最近は流ちょうに話せるほど上達していたということです。

    ■2人は「エホバの証人」信者

    木本結梨香さんたち2人は、キリスト教系の宗教団体「エホバの証人」に入っていました。教団はアメリカに本部があり、世界各国に合わせて845万人余りの信者がいると公表しています。教団のホームページによりますと、日本支部は神奈川県海老名市にあり、全国に21万人余りの信者がいるということです。

    今回の事件を受けて、宗教団体「エホバの証人」は、「この痛ましい事件を本当に悲しく思いますし、被害者のご家族やご友人のつらいお気持ちを考えますと、心が痛みます」とコメントしました。

    また、木本結梨香さんたち2人がグアテマラで布教活動を行っていたことについて「一般的には信者が自主的に外国で布教活動することが多く、今回も自主的に滞在していたのではないかと思われる」としています。

    ■成績トップで音楽短大卒業
    no title


    木本結梨香さんは、平成23年から2年間、東京 上野にある上野学園大学短期大学部の音楽科でフルートを学んでいました。

    学校によりますと、入学した当時から学内の定期演奏会の奏者に選ばれるなど活躍し、将来は音楽教室の講師になりたいと話していたということです。

    音楽活動以外のすべての教科を合わせた在学中の成績も、学年トップで卒業したということです。

    ■動画サイトに演奏発表会の様子が投稿
    no title


    インターネットの動画投稿サイトには、木本結梨香さんの名前でフルートとピアノを演奏する発表会の様子が投稿されています。

    このうち5年前の平成25年5月の発表会とされている映像では、

    ※省略

    ■グアテマラ 日本人が巻き込まれる事件も多数発生

    メキシコの南に接する中米のグアテマラは、人口がおよそ1700万人で、外務省によりますと、去年10月の時点で385人の日本人が暮らしています。

    以下全文ゾース先で 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541486853/
    【【中米】グアテマラで日本人女性2人死傷 事件前“複数の男から暴力” 神奈川出身のフルート奏者(26) 現地で「エホバの証人」宣教活動】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ES] 2018/10/24(水) 18:07:27.42 ID:qLq0CCkG0● BE:604048985-2BP(2000)
    ■米NASA、自然にできた「四角い氷床」発見 南極での観測中

    (CNN)米航空宇宙局(NASA)は24日までに、南極で行っていた氷河の観測中に「四角い氷床」を発見したと明らかにした。

    NASAは10月16日、南極の氷河の変化について定期的に観測する「オペレーション・アイスブリッジ」の実施中、四角い氷床を発見していた。

    観測に参加していた科学者のジェレミー・ハーベック氏がラーセンC棚氷のすぐ近くに浮かんでいる四角い氷床を発見した。

    ハーベック氏は「比較的直線的な縁がある氷山を見かけることは多いが、2つの角がこれほど直角なものをこれまでに見たことはなかった」と述べた。

    NASAもSNS上で画像を公開しているが、この氷床が自然に発生したものかどうかという疑問もわきそうだ。

    専門家によれば、直線や鋭角を持つ氷床を目にすることは珍しいことではないという。
    直線は、雪の結晶の構造のためであり、氷が圧力に反応してどのように割れるかによる。そのため、ときどき自然に直角になるという。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15491577/

    no title


    【【画像】南極にヤバイものが出現してしまう 何かのメッセージか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/10/24(水) 20:04:12.88 ID:fLcdEDJ60 BE:123322212-PLT(13121)
    【サンフランシスコAFP=時事】道端に不快な「落とし物」が多いとされる米サンフランシスコの住民が、街頭で汚物を目にした際に
    スマートフォンで市当局に通報できる無料アプリ「スナップクラップ」を開発し、今月提供を開始した。(写真は資料写真)
     スナップクラップは、スマホのGPS機能を活用。ユーザーは公共の場に落ちている汚物の写真を撮り、その位置情報を市当局に
    共有して清掃を依頼するという仕組みだ。
     開発者のショーン・ミラーさんは地元メディアの取材に対し、同市に転入してからというもの、道端に落ちている犬のふんや人の排せつ物を
    よけて歩かなければならないことを苦々しく思っていたと語った。
     その上、市当局への従来の連絡手続きが煩雑だったことから、簡単に通報できるようにしたかったと、開発理由を説明した。
     地元紙サンフランシスコ・クロニクルによれば、市の清掃局に対し、路上の汚物を取り除いてほしいという依頼が毎日後を絶たないという。
     同市とシリコンバレー一帯では、IT産業の拡大に伴う住宅価格の高騰でホームレスの増加が問題となっており、道端で用を足さざるを得ない人も多い。
    スナップクラップの提供開始は、同市のホームレス問題の深刻さも改めて浮き彫りにしている。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=20181024037815a&g=afp
    【サンフランシスコ市民「街中が犬や人間のうんこだらけで辛い…」→通報用アプリ開発 】の続きを読む

    このページのトップヘ