博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ: スポーツ

    1: Egg ★ 2020/05/21(木) 23:06:17.77 ID:FJ6Z4ilI9
    青学大陸上競技部の原晋監督が21日、ツイッターを更新。夏の甲子園が中止になったことを受け、「現場の指導者が今一致団結して『どんな対策をしたらできるのか?』知恵をだし提言するのが仕事では?」と呼びかけた。

     前日20日、日本高野連が中止を発表。「甲子園ってそんな軽い存在だったのかな?」と切り出した原監督は「決まったから仕方ない…やってきた事は無駄ではない…人生の勝者になろう…それは平時な時にかける言葉ではないか?」と、何らかの行動が必要だと訴えた。

     甲子園だけでなく、インターハイなども中止となっていることから「他のスポーツ文化活動も再考すべきでは?」とつづった。

    5/21(木) 18:34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ab1181f5d27f64fcb5ddfa427b6b5d44665bb0ec

    写真no title
    【【陸上】<青学大・原監督>「甲子園ってそんな軽い存在だったのかな?」】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/03/07(土) 07:17:20.25 ID:77NGl1n/9
    3/7(土) 7:12配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-03070043-sph-base

    ◆オープン戦 エンゼルス―ロイヤルズ(6日、米アリゾナ州テンピ・ディアブロスタジアム)

     エンゼルス・大谷翔平投手(25)が6日(日本時間7日)、本拠地で行われたオープン戦のロイヤルズ戦に「4番・指名打者」でスタメン出場。1打席目は四球で出塁したが、2打席目に見逃し三振を喫し、3打席目も二ゴロに倒れて打率はついに1割を切った。

     2回先頭だった1打席目は、カウント3ボール、1ストライクから5球目の外角高め直球を見逃して四球を選んだ大谷。トラウトが3ランを放って迎えた3回1死走者なしの2打席目はカウント2ストライクから、3球目の内角球を見逃して、3球三振に倒れた。オープン戦は全6試合で三振。6回の3打席目は二ゴロに倒れ、打率は12打数1安打で8分3厘となった。

     大谷はオープン戦出場3試合目となった2月28日(同29日)のレンジャーズ戦でバットを折りながら左前安打。オープン戦7打席目にして初安打を放った。だが、その後は2試合ヒットなし。前日の5日(同6日)には今キャンプ初の休養日を迎えて、この日を迎えていた。試合前にはブルペンで21球を投げてから打撃練習をして、試合に出場。今季初めて、ブルペンでの投球練習をした日の試合出場となった。フリー打撃では、逆方向への打球を中心に29スイングで3本が柵越え。何度も素振りをして、バットの軌道を確認していた。
    【【MLB】エンゼルス・大谷が6試合連続の三振 打率はついに1割切りの.083に…】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/03/01(日) 10:50:52.30 ID:HDr2myBp9
    デイリースポーツ3/1(日) 9:25配信
    東京マラソン スタート地点の沿道観戦者「めちゃおるやん」


     東京五輪代表選考会を兼ねて行われる大一番が始まった。

     日本陸連、東京マラソン財団ともに沿道での観戦自粛を求めていたため閑散としていると思われたスタート地点の都庁周辺だが、一定人数の観戦者が見られた。マスクをつけている人は多いが、沿道には声援が響いた。

     ツイッター上には「めちゃおるやん」「結構いるね」「応援を禁止にするべき」などの投稿が見られた。

     今大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、約3万8000人が走るはずだった一般参加を中止、エリートの部の約200人のみと規模を縮小した。日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ、前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ、18年アジア大会金メダリストの井上大仁(27)=MHPS=らが出走している。

     スタート時の気温は11・7度。湿度は48パーセントで、天気は晴れ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000033-dal-spo
    no title
     
    【【自粛はどうした?】東京マラソン、スタート地点の沿道観戦者「めちゃおるやん」】の続きを読む

    1: チオスリックス(秋田県) [TW] 2020/02/29(土) 15:53:41.60 ID:4xL6BD3w0● BE:194767121-PLT(13001)
    【ソフトバンク】開幕投手候補の東浜が4被弾「まだまだ修正しないといけない」
    https://hochi.news/articles/20200229-OHT1T50105.html
    【イチロー「トラって筋トレしてないよね?」】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/22(土) 13:23:44.764 ID:QVOo4Cm60
    日本代表のコスチューム披露しててワロタwww
    そりゃそうだよなww今中止になったら90兆円の赤字だもんな
    コロナ拡散の方を選ぶよねww
    【オリンピックの中止の声が世界から聞こえてきたけど日本は聞こえないフリしてワロタwww】の続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/16(日) 10:40:30.90 ID:UcSavm6B9
    欧米では一般的な複数の競技に打ち込む「ダブルスポーツ」。日本でも普及することのメリットは大いにあります
    no title


    野球の競技人口の減少について、この連載では書いてきたが、実は競技人口の減少は野球だけの話ではない。日本中学校体育連盟(中体連)が発表している競技人口のデータによれば、他のスポーツも、減少あるいは伸び悩んでいる。

    ■激減する野球人口、しかし他スポーツも増えてはいない

     2010年と2018年の主要球技の競技人口の推移。本来は女子の競技人口も紹介すべきだが、野球との比較をするために男子のみとする。

    ■軟式野球 

    2010年 29万1015人 → 2018年 16万6800人(-42.7%)
    ■サッカー
    2010年 22万1407人 → 2018年 19万6343人(-11.3%)
    ■バスケットボール
    2010年 17万4443人 → 2018年 16万3100人(-6.5%)
    ■ソフトテニス
    2010年 16万7674人 → 2018年 14万9258人(-11.0%)
    □中体連男子部員数全体
    2010年 135万9597人 → 2018年 118万7442人(-12.7%)

     この数字を見れば、野球関係者は、顔色を失うかもしれない。ほんの10年前までダントツの1位だった野球の競技人口は43%も減った。今やサッカーに抜かれ、バスケットボールやソフトテニスにも肉薄されている。

     しかし、他のスポーツの競技人口も増えてはいないのだ。さらに中体連、つまり中学校の運動部活全体の部員数も1割以上減少している。この間の18歳人口の減少率は、4~5%だから、中学でスポーツ系の部活をする子供自体も減っていることがわかる。

     パイが小さくなる中で、最も栄えていた野球はシェアを奪われ、どんどんやせ細っているのだ。この傾向は、小学校でも同様だし、最近は高校生にも波及しつつある。

     筆者はこれまで「野球人口の減少」に警鐘を鳴らしてきた。野球は昭和時代から圧倒的に栄えたスポーツだけに、その成功体験から脱することができず、その指導は旧弊で今の時代に合っていないし、健康管理面でも立ち遅れている。

     ここ数年、野球界でも未就学児童や小学校低学年への普及活動が始まったが、すそ野を増やす普及活動では、サッカーなどに比べれば周回遅れの状態だ。

    今、「野球改革」を断行しなければ、近い将来、衰亡の危機を迎えるのは必定だ、と常々言ってきた。

    しかし筆者は「野球改革」を実施したとしても、サッカーやバスケなどからシェアを奪い返すことができるとは考えていない。せいぜい、今のシェアをこれ以上減らさないようにするのが関の山だろう。

    またサッカーやバスケなど他のスポーツも、少子化の中で、シェアを高めることはできても競技人口の絶対数を増やすことはほとんど期待できない。縮小するマーケットの中でのパイの奪い合いが続いているという印象だ。

    2/16(日) 5:40配信 東洋経済
    https://toyokeizai.net/articles/-/330392?display=b
    【【10年前までダントツの1位だった野球の競技人口】<43%も減少>今やサッカーに抜かれバスケやテニスにも肉薄..Wスポーツという秘策】の続きを読む

    このページのトップヘ