博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ: スポーツ

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/03/23(土) 12:52:24.65 ID:Ax8VWlMi0 BE:123322212-PLT(13121)
    「沖縄っていう場所があると聞きました 休暇はそこに行きたいです」 ザギトワ

    さいたまアリーナでの世界フィギュアスケート選手権で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手は、フリープログラムの終了後の
    記者会見で、シーズンオフの後のリフレッシュ休暇プランを語った。

    「これからいくつかショーに出演することになっていて、その後、日本に行きたいと思っているんですけれど、えっと、沖縄っていいましたっけ? 
    そこにいってゆっくりしたいです。」

    ある女性記者からザギトワに、16歳ですでに世界チャンピオン、五輪金メダリストとなった少女がこの先何をしようと考えているか、という質問がとんだ。
    するとこれにザギトワはこう答えた。

    「私は将来どうなるか思いを巡らすことは好まない人間なんです。だって明日、1分後にどうなるかだって、私たちは知らないじゃないですか。
    だから今日一日を生きる方を私は選びます。ただ、これだけははっきりわかっているのは、私は戦い続けるということです。」

    全文
    https://jp.sputniknews.com/figure-skating/201903236068484/
    【ザギトワ「今度の休暇は、沖縄に行ってゆっくりしたい」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/22(金) 23:35:26.60 ID:Ft2agPl49
    日本代表は22日、キリンチャレンジカップ2019・コロンビア代表と対戦して0-1で敗戦。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    鈴木武蔵がA代表デビュー
    【日本 0-1 コロンビア キリンチャレンジカップ2019】

    東口順昭 6 PKは反応し触ったが、弾き出せなかった
    佐々木翔 6 簡単に入れ替わられる場面はあったが、強さを生かして対応する場面も
    昌子源 5.5 ファルカオは自由にさせなかったが、後半に入りスピードで剥がされる場面も
    室屋成 6 後ろに引きすぎず、なるべく前で対応。果敢なオーバーラップも見せた
    冨安健洋 5.5 故意ではないが、ハンドによりPKを献上。先制されることに
    山口蛍 5.5 行くべきところ、待つべきところの判断が整理されていた印象
    柴崎岳 5.5 キャプテン務めた。シンプルなプレーに徹したが、もう少し存在感を示して欲しいところ
    中島翔哉 6.5 得意のドリブルでチームに推進力をもたらす。後半も仕掛け続けた
    南野拓実 6 強烈なシュートでゴールを狙った。ポジションは渡さないという意欲が感じられた
    堂安律 6 積極的な突破でボックス内に侵入。相手を慌てさせた
    鈴木武蔵 6 裏への抜け出し、ポストプレーとまずまず。前半の決定機はせめて枠に飛ばしたかった

    香川真司 5.5 ロシアW杯以来の代表戦。積極的にボールを呼び込んだが、チャンスは生まれず
    乾貴士 5.5 右サイドで途中出場。精力的に動き回った
    小林祐希 6 精度の高いキックでチャンスを演出した
    鎌田大地 5.5 1トップとしてピッチに立った。短い時間で違いを生むことはできなかった
    安西幸輝 ? 出場時間短く採点なし

    森保一監督 5.5 鈴木武蔵を最前線でテストし、香川も起用。しかし勝てなかった

    フットボールチャンネル編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00314533-footballc-socc
    3/22(金) 21:16配信 
    【【サッカー】コロンビア戦、香川真司復帰も見せ場なく低評価に…沈黙の中で最も高評価だったのは?【どこよりも早い採点】】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 01:49:50.56 ID:sXthjsm99
    中島翔哉が“躍動“も日本代表ゴール奪えず ファルカオのPKに泣く

    日本代表は、22日(金)19:20より日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップのコロンビア戦を迎え、ロシア・ワールドカップ初戦(2-1○)以来の再戦となったこのゲームは、0-1でコロンビア代表が勝利を収めている。
    この試合最初のチャンスを迎えたのはコロンビア代表。前半3分、ピッチ中央でボールを持つハメス・ロドリゲスが左サイドのファルカオに展開。左サイドから上げたクロスにビジャが反応しスライディングで合わせたシュートはクロスバーを叩いた。

    日本代表も反撃に出る。前半8分、堂安からボールを受けた南野はバイタルエリアから左足で強烈なシュートを放つ。枠をとらえたこのシュートはバルガスが好セーブを見せた。
    16分、日本の攻撃をけん引する堂安が魅せる。中島が左サイドで1人かわすと右サイドにいる堂安へパス。左足でボールを持った堂安は得意の角度からファーサイドを狙ったシュートを放つも惜しくもゴール左に外れてしまった。

    日本がペースを掴む。中島も積極的にロングシュートを放つなど、堂安、南野を中心に、コロンビアゴールに迫る。

    前半は日本代表がチャンスを多く作り、決定的なシーンを何度か演出した。
    0-0で迎えた後半8分、ビジャが右サイドからアーリークロスをあげる。反応したファルカオが頭で日本代表のゴールネットを揺らしたかと思われたが、ハンドの判定でノーゴールに。

    後半18分、ついにスコアボードが動く。
    途中出場のコロンビア代表FWサパタがPA内で放ったシュートが日本代表DF冨安の肘に当たり、PKの判定に。このPKをファルカオが決めこの試合の均衡を破った。(0-1)

    後半21分、日本代表は鈴木に代わって香川を投入。
    続けて後半25分、堂安に代わってリーガでプレーする乾をピッチへ。ヴィッセル神戸でイニエスタとプレーする山口に代わってオランダでプレーする小林をいれ、1点のビハインドを追いかける。

    後半も中島を中心に攻撃を展開。コロンビア代表陣地でプレーする時間が続くが1点が遠い日本代表。
    後半33分には南野に代えてベルギーでプレーする鎌田大地をピッチへと送る。

    後半37分、柴崎が左サイドの中島に大きく展開。中島はそこからドリブルを開始すると、キックフェイントで1人をかわすと、右足で強烈なシュート。このシュートはバルガスがわずかに触り、惜しくもクロスバーにはじかれた。
    終始日本代表がコロンビア代表ゴールへと迫る展開だったが、ゴールを奪うことが出来ず、試合は終了している。

    3/22(金) 21:16配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00010015-sportes-socc

    【得点者】
    0-1 ラダメル ファルカオ (後半19分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019032203

    【【サッカー】<日本0-1コロンビア>冨安がハンドを取られファルカオのPK弾で日本敗れる…キリンチャレンジカップ】の続きを読む

    1: サザンカ ★ 2019/03/22(金) 23:25:01.06 ID:/ep3dlJy9
    ザギトワ圧巻演技で初の世界選手権V 紀平4位、日本勢は表彰台ならず
    3/22(金) 21:26配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000210-spnannex-spo
    フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位発進のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が圧巻の演技を見せ、
    155・42点、合計237・50点で初の世界選手権優勝を飾った。

    SP4位の平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)は149・57点で合計223・80点だった。

    SP7位と出遅れた紀平梨花(16=関大KFSC)はフリーで巻き返した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と3回転トーループは見事に成功。
    2本目の3回転半ジャンプは転倒したが、その後のジャンプもきっちり着氷。笑顔で演技を終えた。
    フリー152・59点で合計223・49点をマークした。

    SP2位で全日本選手権女王の坂本花織(18=シスメックス)は145・97点、トータル222・83点。
    SP8位スタートで前回3位の宮原知子(20=関大)は、145・35点、トータル215・95点だった。

    公式順位
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0290.htm
    ショートスコア詳細
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0203.pdf
    フリースコア詳細
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0205.pdf

    【【フィギュアスケート】世界選手権~さいたま ザギトワ(ロシア)が復活の世界一 紀平4位 坂本5位 宮原6位 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/03/20(水) 23:40:24.96 ID:B+GEDLI69
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190320/k10011855371000.html
    2019年3月20日 21時51分

    フィギュアスケートの世界選手権は女子シングル前半のショートプログラムが行われ、坂本花織選手が2位につけた一方、紀平梨花選手はトリプルアクセルに失敗して7位スタートとなりました。

    さいたま市で開かれている世界選手権の女子シングルには40人が出場し、20日は前半のショートプログラムが行われました。

    去年の全日本選手権で優勝した坂本選手は冒頭の3回転の連続ジャンプなど3つのジャンプすべてに成功し、スピンやステップでも最高評価のレベル4を獲得しました。

    さらに持ち味のスピード感ある演技で自己ベストを3点余り上回る76.86をマークし、2位につけました。

    一方、今シーズン出場した国際大会で6連勝中の16歳、紀平梨花選手は冒頭のトリプルアクセルがシングルアクセルとなるミスが出て、その後の3回転の連続ジャンプなどは決めたものの、70.90で7位と出遅れました。

    去年、この大会で3位に入った宮原知子選手は3回転の連続ジャンプの2本目が回転不足となり、70.60で8位でした。

    ピョンチャンオリンピック、金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワ選手が冒頭の難度の高い3回転の連続ジャンプを決めるなどミスのない演技で82.08の高得点をマークしてトップに立ちました。

    オリンピック銀メダルのロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手は74.23で4位でした。

    世界選手権 女子シングル後半のフリーは22日行われます。

    no title
    【【フィギュアスケート】坂本花織2位 紀平梨花7位 ザギトワ首位発進 世界選手権SP 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [MA] 2019/03/13(水) 18:39:37.11 ID:RNKNAYnM0 BE:194767121-PLT(12001)
    空手の五輪存続を訴え 24年パリ大会「諦めない」
    https://www.daily.co.jp/general/2019/03/13/0012143801.shtml
    【少林拳は野蛮人と戦う為にできたと聞いたが空手はなんの為にできたの? 】の続きを読む

    このページのトップヘ