博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー

    1: ローリー卿(SB-Android) [ニダ] 2019/10/19(土) 22:00:40.86 ID:IXjVy1JM0 BE:971283288-PLT(13000)
    大韓サッカー協会は17日午後、ソウル市内で北朝鮮が撮影した90分間の試合のフル映像を韓国メディアに公開した。映像には今月15日に行われた韓国対北朝鮮の、選手たちの言葉通り激しい試合の様子が記録されていた。
    協会の公式ユーチューブ・チャンネルには前後半それぞれ3分のハイライト映像が公開されている。

    ■試合開始直後からラフプレー

     キックオフの笛が吹かれると同時に、北朝鮮選手たちは一斉に怒声を上げて殺到し
    エースの李に襲いかかった、
    李は肘うちで応酬、まずここでイエローカードが3枚切られた。 

    no title
    【サッカー北朝鮮VS韓国、頭突き、正拳突き、仕込み針、足を引っかけ倒れた所をコンビで襲う等 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/07/15(月) 16:52:30.40 ID:YYf4q2zo9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000092-spnannex-socc

     レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)が、インターナショナルチャンピオンズ杯(ICC)全3試合で起用される可能性が高いことが分かった。今季は3部所属のBチームでプレー予定だが、カナダ・モントリオールでのトップチームの合宿で評価は急上昇。14日付のスペイン紙「アス」で1面を飾るなど注目度は高まっており、20日(日本時間21日)のバイエルン・ミュンヘン戦を皮切りに全3戦でテストされる見通しとなった。

     評価はうなぎ上りだ。9日にモントリオール入りし10日から始動したばかりの久保だが、わずか4日ほどの練習でトップチームのコーチ陣のハートをつかんだようだ。チームは18日、ICC出場のため米国入りし強豪相手に3試合をこなすが、チーム関係者は「タケは3試合全部に出場する予定だ」と証言。スペイン地元紙のマルカ紙のララ記者、アス紙のホルハネス記者も「時間の配分は分からないが、久保は全3試合で起用されるはず」と口をそろえた。

     ICCでは日本時間21日のBミュンヘン戦を皮切りに、24日のアーセナル戦、27日のアトレチコ・マドリード戦と3試合を予定している。世界屈指の強豪との対戦で、合宿の成果、今後の課題など現在の実力を測ることが可能となる。早期のトップ昇格を目指す久保にとっては、アピールする大きなチャンスとなる。

     日増しに高まる評価を証明するかのように、マルカ紙と並ぶマドリード2大スポーツ紙のアス紙は「マドリードのコーチ陣を驚かせた。思ったよりトップチームに近いところにいる」との見出しで、久保を14日付の1面に抜てき。まだトップデビューすら未定の18歳に対し、破格の扱いとなった。記事の中では久保が11歳から3年半所属しながら獲得に失敗した、ライバルのバルセロナを引き合いに出し「バルサにとっては長年にわたって最大の過ちとなるだろう」とも報じた。

     無冠に終わった昨季からの巻き返しを図るチームは連日、午前、午後の2部練習を敢行。報道陣に公開されるのは午前練習の冒頭20分のみだが、クラブ公式動画では、ミニゲームでエースFWベンゼマのゴールを呼ぶ華麗なアシストがアップされるなど、順調にチームに溶け込んでいる様子。マルカ紙のララ記者も「注目度も実力もカスティーリャ(Bチーム)の枠を超えている」と驚きを隠さない。

     ICCで実力が認められれば、早期のトップ昇格の可能性も広がる。日本でもDAZNで生配信される3試合は、久保にとって最初の勝負の舞台となりそうだ。

     ▽インターナショナルチャンピオンズ杯(ICC) 2013年からスタートした国際親善大会。欧州シーズン開幕前の夏に行われる。参加チームは欧州5大リーグの名門クラブが中心で、今年はユベントス(イタリア)、マンチェスターU(イングランド)など12チームが参加。開催地は米国、欧州(英国、スウェーデン)、アジア(中国、シンガポール)の計16都市で行われる。

    【【サッカー】久保建英、21日レアルデビュー!トップチームで強豪相手ICC全3戦出る】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/12(金) 05:26:09.94 ID:qj61BXq99
    4/12(金) 5:00配信
    なぜ久保建英はU-20日本代表に選ばれなかったのか?

     5月下旬からポーランドで開催されるFIFA・U-20ワールドカップ2019へ向けて、14日から千葉県内で行われる3日間のトレーニングキャンプに臨むU-20日本代表候補メンバー21人が11日、日本サッカー協会(JFA)から発表された。

     正式メンバー発表前で最後となる今回のキャンプには、昨シーズンのJリーグ新人王を獲得したMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)、公式戦で6試合連続無失点を継続中のGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)らの主力が招集された。一方でJ1の舞台で代役がきかない存在感を放ちつつある、17歳の久保建英(FC東京)は選外となった。

     ワールドカップ出場権を獲得した昨秋のU-19アジア選手権で、久保はFWとして準決勝までの全5試合に出場してチームをけん引した。年末のブラジル遠征でも引き続き招集されたが、今年3月はヨーロッパへ遠征したU-20代表ではなく、MF齊藤未月(湘南ベルマーレ)らとともに、ひとつ上のカテゴリーとなる東京五輪世代のU-22代表の一員としてU-23アジア選手権予選を戦った。

     今回のトレーニングキャンプは、U-22代表の活動とは重複していない。ならば、エース格の久保はなぜ選外となったのか。理由は2つ考えられる。まずは実力を把握しているという判断のもと、齊藤とともに所属チームでフル回転している状況が考慮されて、休養を与えられたことだ。

     5度の先発を含めてリーグ戦で全6試合に出場している久保は、10日のサガン鳥栖とのYBCルヴァンカップでも後半17分から、予選リーグ3試合目にして初出場。終了6分前に決勝点となる直接FKを叩き込み、55年ぶりに秩父宮ラグビー場で開催されたサッカーの試合で歴史に名前を刻んだ。

     リーグ戦におけるプレー時間を見れば、すでに427分間に達している。期限付き移籍した横浜F・マリノス時代を含めて、昨シーズンまでの合計251分間を、開幕から1ヵ月半が経過した時点ではるかに超えた。今後の戦いを考えれば心身に蓄積しているはずの負荷も考え、正式メンバー決定後の5月中旬から開始予定の直前キャンプ、そして本大会へ備えさせるのがベターとなる。

     もうひとつの理由は、U-20代表から久保を卒業させるかたちで、U-22代表として来夏に迫った東京五輪へ、あるいは年齢無制限のフル代表へ挑戦させていくプランが描かれていることだ。

     6月はU-22代表がフランスで開催されるトゥーロン国際大会に、フル代表は豊田スタジアムでトリニダード・トバゴ、ひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドル両代表と対戦するキリンチャレンジカップ2019に続き、招待国としてコパ・アメリカにそれぞれ臨む。

     U-20ワールドカップを勝ち進めばともに日程が重複するだけに、U-20代表とU-22代表、あるいはU-22代表とフル代表を兼務させることは物理的に不可能となる。コパ・アメリカに関してはJFAが選手を拘束する権利だけでなく、各クラブが選手を派遣する義務をも負わない。リーグ戦も中断しないだけに、招集されたとしてもFC東京が難色を示し、交渉も難航するだろう。
     
     スペインの名門FCバルセロナの下部組織を志半ばで退団・帰国した久保は、2015年5月にFC東京U-15むさしで再スタートを切った。以来、FC東京は周到な計画のもとで、久保のフィジカル面の成長度合いも慎重に見極めながら、いわゆる「天井効果」を排除する作業を施してきた。
     
     サッカーの育成年代でよく使われる「天井効果」とは、突出した才能をもつ若手を年齢に合わせたカテゴリーでプレーさせ続ければ刺激が少なくなり、マンネリ感を覚え、やがては伸び悩んでしまう状態をさす。そして、成長を阻む「天井効果」を排除する作業とは、要は固定観念にとらわれることなく、天井の高さを上げていく、要は飛び級で昇格させていくことを意味する。

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010000-wordleafs-socc
    【【サッカー】なぜ久保建英はU-20日本代表に選ばれなかったのか? 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/06(土) 18:03:17.86 ID:WK8u/EjB9
    地獄から這い上がってきた宮市亮に「今、楽しいですか?」と聞いてみる。

    「ようやくサッカー選手らしくなってきた、サッカー選手になった。そんな感じです」

    笑っていた。少し恥ずかしそうにしながら。ただ、言葉は力強かった。プロになって9年、26歳になった。けがも完全に癒え、ようやくサッカー選手としての日々を思う存分、生きている。

    「毎日痛みもなく練習場に行って、練習着に着替えて、外に出て、サッカーをして、週末に向けて準備する。週末は試合に出てゴールを決める。もう、半端ないです」

    大迫の活躍で流行語になったフレーズも飛び出した。

    アーセン・ベンゲル監督に才能を認められ、18歳の誕生日に名門アーセナルと契約を結んだ。中京大中京高の卒業式にも出ず、Jリーグも経験せず直接、欧州に渡った。

    存在そのものが日本の明るい未来だった…

    10代で日本代表に初招集され、国際Aマッチデビュー。あの時は、宮市の存在そのものが、ある意味、日本サッカーの輝ける未来だった。

    だが、度重なるけがに泣かされ、いまだに1シーズン通してプレーした経験がない。今はドイツ2部。
    北部の大都市ハンブルクのザンクトパウリというチームで、開幕からずっと戦力として存在感を示し、シーズン終盤の激しい1部昇格争いに力を注ぐ。

    「ここまで、けがもなく、常にいい状態。今シーズンは1度も離脱していない。それが大きなこと。離脱せず、毎日毎日練習を積み重ねることがどれだけ大事かを、身に染みて実感しています」

    練習から常に100%を求められ、日々、過酷な生存競争にさらされている。その先にようやく、週末のリーグ戦や各国代表での国際Aマッチ、晴れ舞台がある。
    注目を浴びる試合の90分は、気の遠くなるような日々の地道な積み重ねの先にだけある。今は、それを確かな手ごたえともに痛感する毎日だ。

    「昔、若い時はビッグクラブ、プレミアリーグにいましたし、もちろんプロなんで結果を求めるんですけど、とにかく結果だけを求めていた。バクチというか、1発当ててやろうと。
    でも、けがをして地道に積み重ねて結果を出すことが大事で、それでしか結果は出ないんだということを学びました。結果は出すものじゃなくてついてくるものだと」

    日本人離れした爆発的なスピードで相手をぶち抜くプレースタイルを引っさげ、欧州に乗り込んだ。高校時代、100メートルを10秒84で走った。
    異次元ともいえるスピードは欧州でも通用した。だが、常にフルスロットル。いつもけがと隣り合わせ。
    復帰しても、すぐまたアクセルをベタ踏み。取り返そうとして、けがを繰り返す悪循環。いつしか自分を見失ってしまった。それが長い、長いトンネルの入り口だった。

    「常に焦りがあった。早く結果を出さないといけないと。海外に行って、まわりを見たら、ビッグクラブでみんなどんどんステップアップして上に行く。
    ネイマールも同世代。毎日すごく焦っていた。とにかくあいつらに追い付きたいし、できる、できるはずだって」

    いつしかもう、宮市亮ではなくなってしまう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00010000-nksportsg-socc
    4/6(土) 13:59配信

    no title

    no title
    【【サッカー】地獄を見た宮市亮「ようやくサッカー選手になった」 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/05(金) 17:56:05.37 ID:A4L3FQLG9
    4/5(金) 16:14配信
    森保ジャパン、コパ・アメリカ前強化試合の対戦相手が1カ国決定!FIFAランク93位のトリニダード・トバゴと

    JFA(日本サッカー協会)は5日、6月5日に開催されるキリンチャレンジカップ2019の対戦相手が決定したことを発表した。


    今年の6月にコパ・アメリカへと参戦する日本代表。招待国として、20年ぶりに南米王者を決める大会へと出場するサムライブルーは、これまでコロンビアやボリビアと対戦し、準備を進めている。

    そんな日本代表にとって、大会までの強化試合は残り2試合。そして5日、JFAは6月5日に豊田スタジアムで開催されるキリンチャレンジカップの対戦相手がトリニダード・トバゴに決定したことを発表した。現在FIFAランキング93位の同国とは、2006年に対戦し、2-0と勝利を収めている。なお、フジテレビ系列にて全国放送されることが決定している。

    9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われる大会前最後の強化試合の相手については、追って発表されることになるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00010013-goal-socc
    no title
    【【サッカー】森保ジャパン、コパ・アメリカ前強化試合の対戦相手が1カ国決定!FIFAランク93位のトリニダード・トバゴと 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/26(火) 22:12:03.34 ID:PzjQFUly9
    3/26(火) 21:24配信
    日本代表を救ったのは中島翔哉!森保ジャパン、ボリビアに大苦戦も背番号8の一発で勝利

    日本代表は26日、ノエビアスタジアム神戸で行われるキリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦した。

    6月のコパ・アメリカ参戦へ向け、準備を進める森保ジャパン。22日に行われたコロンビア戦では0-1と敗れ、森保ジャパン発足後2敗目を喫した。3月ラウンド最後となる相手は、FIFAランキング60位のボリビア代表。森保一監督は前日会見で「基本的には総替えで戦う」と語った通り、コロンビア戦からは先発メンバーを11人変更。ロシア・ワールドカップ以来初めて香川真司が先発出場。その他、初招集を受けた鎌田大地や橋本拳人もスタメン入りを果たし、乾貴士もスタートから出場することとなった。

    試合序盤、日本はボールを保持しながら相手陣内へ押し込んでいく。3分には、左サイドに流れた宇佐美がシュートを放った。対するボリビアは、守備ブロックを組んで待ち構え、奪ってから素早い攻撃をねらう。

    日本は15分過ぎまで最終ラインでは回せるものの、ボリビアのブロックに苦しみ中々ファイナルサードまでボールを運べない。それでも20分には敵陣深くまで運ぶことに成功すると、ゴール手前でFKを獲得。小林が直接狙ったが、壁に阻まれた。23分には宇佐美のサイドチェンジから乾にわたり、得意のカットインからシュートを狙ったが、GKに弾かれている。

    その後も日本はボールを保持するものの、スタメン11人変更の弊害からか連携ミスも目立ち、そして相手のブロックに阻まれてチャンスを作ることに苦労する。逆に40分過ぎにCKの流れからピンチを迎えたが、ヘッドは枠を外れて事なきを得た。結局、前半はスコアレスで折り返す。

    後半序盤も前半と同じく、敵陣深くのタッチライン際までボールを運べるものの、チャンスには至らない。57分には間で受けた乾のパスから鎌田がボックス内で受けたが、GKの飛び出しにあった。

    中々攻めきれない展開に、森保監督は61分に2枚替え。宇佐美と乾に代え、堂安と中島を投入する。さらに68分、香川と小林に代えて南野と柴崎をピッチに送り出した。しかし引いて守るボリビアを崩すには至らない。

    だが、途中出場の2列目3人が一瞬のスキをついてゴールを奪った。75分、相手のミスを突いて堂安がセンターサークル付近でボールを拾ってカウンターを発動。南野へとつなぐと、最後は中島がコースを作ってシュートを突き刺した。苦しんだ日本だが、ついに先制点を手にする。

    先制点を奪い勢いに乗る中島は78分、相手を次々にドリブルでかわすと、GKの位置を見てコースを突いたシュートを放つ。ここは惜しくもバーに阻まれた。

    森保監督は83分、初先発となった鎌田に代えて鈴木を投入し、交代枠を使い切る。その後追加点は生まれなかったが失点は許さず。日本は1-0で勝利を挙げた。

    ■試合結果
    日本 1-0 ボリビア

    ■得点者
    日本:中島(75分)
    ボリビア:なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00010034-goal-socc
    no title

    【【サッカー】≪日本1-0ボリビア≫中島翔哉のゴールで日本勝利!! 平成ラストマッチを白星で決める】の続きを読む

    このページのトップヘ