博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/01/14(月) 05:53:37.80 ID:BtYwoxIW0 BE:323057825-PLT(12000)
    1-0で迎えた前半45分、日本代表はカウンターからピンチを招く。
    日本の右サイドからクロスを入れられ、FWラエド・サレハのシュートをブロックしたこぼれ球を再びMFサラー・アルヤハヤエイがシュート。
    これはゴール前で体を投げ出したDF長友佑都(ガラタサライ)が防いでCKに逃れたが、ボールは長友の手に当たっているように見えた。

     当然、オマーンの選手はハンドをアピールして猛抗議したが、主審は判定を変えず、そのままオマーンのCKに。
    このシーンについて聞かれた長友は「腕に当たりましたね」と率直に認めた。

    判定に救われた日本…“疑惑のハンド”に長友「VARがなくて良かった」
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264143-264143-fl

    「ハンドボールもあったので、1-1になっていたかもしれない。
    しかし、日本の方がより良いチャンスをつくっていた。後半はパワーが落ちた。選手を誇りに思う。
    もちろん結果にはがっかりだが、日本は良いチーム、もしかするとアジアのベストチームかもしれないから」と不平不満はなし。

    「ハンドもあった」けどオマーン監督は不平不満なし
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201901140000110.html
    【サッカー長友、ハンドを申告せず→対戦相手のオマーン「ハンドだったが日本は良いチーム」 】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/24(月) 11:39:21.30 ID:CAP_USER9
    サッカー元日本代表で豪メルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑が23日、ツイッターに動画を投稿。サンタクロースに扮(ふん)して、スポーツ店でサプライズを仕掛ける様子を収めた。

     バスルームでサンタクロースの衣装と白いカツラ、ひげを装着。サングラスをかけて向かった先は、とあるスポーツ用品店だった。

     店内をうろつき、陳列されている子供用のユニホームジャージーにこっそりサイン。店を出ると「しー!」とばかりに口の前に人さし指1本を立てて秘密をお願いした。ツイッター本文には「できた。明日に続く…メリークリスマス!」と投稿した。

     本田からのサプライズプレゼントを手にするのはだれか…。買った本人にしか分からないとみられるが、コメント欄には「サンタさんに成りきってもケイスケホンダですね」「歩き方が本田さんです」と指摘されていた。


    参考動画
    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1076786332477706240 
    【【サッカー】本田圭佑サンタでサプライズ演出 変装でこっそりジャージーにサイン 】の続きを読む

    1: ぐう@なごみ ★ 2018/12/22(土) 21:47:13.15 ID:CAP_USER9
    12/22(土) 10:31配信 神戸新聞NEXT


     兵庫県警生田署は22日、無免許運転の疑いで、自称プロサッカー選手の男(20)=神戸市中央区=を現行犯逮捕した。同署などによると、男はモンテネグロのプロリーグに所属しているとみられるという。

     逮捕容疑は同日午前1時すぎ、同市中央区で、無免許で知人男性の乗用車を運転した疑い。容疑を認めているという。

     同署によると、無灯火で走行する車を警戒中のパトカーが職務質問し、発覚したという。同乗していた知人男性からも道交法違反容疑で事情を聴いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000010-kobenext-l28
    【【兵庫】自称プロサッカー選手、無免許運転容疑で逮捕  】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/16(日) 19:37:07.58 ID:CAP_USER9
    ●国内外で実力を示し始めた若者たち

    ここ数年間、日本サッカーは世代交代が遅々として進まない空気があった。
    象徴である日本代表の主力の顔ぶれが、2011年アジアカップ優勝メンバーと大きく変わっていないこともあっただろう。若い選手たちが、厚い壁を突き破れずにいたのだ。

    「Jリーグを見渡しても、二十歳前後の選手が台頭してきていない。ひと昔前には、十代でスタメンを勝ち取る選手は少なくなかったのに……」
    関係者のあいだで、それは危機感になっていた。

    ところが2018年、その様相がにわかに変わった。U-21代表のメンバーに名を連ねる選手たちが、所属クラブで試合出場を積み重ねている。

    板倉滉(ベガルタ仙台)、橋岡大樹(浦和レッズ)、立田悠悟(清水エスパルス)、中山雄太(柏レイソル)、藤谷壮(ヴィッセル神戸)、三好康児(コンサドーレ札幌)、
    杉岡大暉、齊藤未月(湘南ベルマーレ)、遠藤渓太(横浜F・マリノス)、田川亨介(サガン鳥栖)、小川航基(ジュビロ磐田)……。

    いずれも、J1リーグで存在を示しつつある。J2でも、岩崎悠人(京都サンガ)、前田大然(松本山雅)、神谷優太(愛媛FC)らが、これに続いている。
    この世代には、すでに海外で研鑽を積むタレントも出てきている。

    その筆頭が、20歳の堂安律(フローニンヘン)で、彼はA代表でも定位置を掴んでいる。右サイドからカットインし、ゴールに向かう迫力は、他の追随を許さない。
    左利きで、独特のリズムを刻む。オランダ・エールディビジでも得点を積み重ねており、大きく化けそうな雰囲気があり、この年代のエースと言えるだろう。

    また、冨安健洋(シント=トロイデン)もベルギーで経験を積むCBとして、すでに代表デビューを飾っている。このポジションの人材不足が叫ばれて久しいなか、有望な存在と言える。ポテンシャルも高い。
    ドイツ・ハンブルクで台頭した“海外プロ”伊藤達哉のようなタレントも出てきた。伊藤もすでに、代表招集を経験。左サイドでの緩急差のあるドリブルは、大きな武器になるはずだ。

    ●2002年日韓W杯前と同じ現象が!
     
    そして、今後が注目のルーキーが、鹿島アントラーズの19歳のMF、安部裕葵だ。

    U-19アジア選手権に参加し、U-20W杯出場に大きく貢献。安部がいるチームといないチームでは、雲泥の差があった。
    基本的技術の高さだけでなく、ドリブルからシュートにかかるプレーには、凄みが感じられる。すでに、アジア王者の鹿島で準レギュラー、現Jリーグで最高の大器と言える。

    台頭した若手には、時代をアップデートする勢いがある。
    ではなぜ、これだけのタレントが一斉に頭角を現わしつつあるのか?

    その理由は、一概に言えない。しかし、2020年に東京五輪があることは、ルーキーたちにとってひとつの指標になっている。自国開催の五輪出場は、大きな栄誉だろう。

    無論、五輪サッカーは、ワールドカップとは比べて世界的には関心も乏しく、年齢制限のある大会。すでにプロ選手として活躍している彼らのなかには、海外移籍を視野に入れている者もいるし、
    誰もがそこに向かっているわけではない。しかし、このタイミングで五輪に出られる、というのは大きなモチベーションだ。

    かつて、2002年に日韓W杯が開催されることになった時、やはり現場での士気は高まった。才能ある選手が切磋琢磨し、一時代を築いている。これに似たような現象が起こっているのだ。

    2019年、若手の成長は、今後の日本サッカーを動かすことになる。

    12/16(日) 18:34配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00010007-sdigestw-socc&p=1

    写真
    no title
    【【サッカー】<日本サッカー新時代の幕開け>なぜ、これだけのタレントが一斉に頭角を現わしつつあるのか? 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/09(日) 23:04:55.14 ID:CAP_USER9
    ●「怪物」の7勝1分け2敗という結果に。

    ユベントスは12月7日、セリエA第15節でインテルをホームに迎える。クリスチアーノ・ロナウドにとっては、初のイタリア・ダービーだ。

    インテルといえば、かつて「怪物」の異名で知られた元ブラジル代表のロナウドが在籍したクラブ。
    時代の異なる選手の比較は不可能だが、もしロナウドとC・ロナウドの対決が実現していたらどうなっていたのか、好奇心をくすぐられる人は少なくないだろう。
     
    そこで、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は7日、識者10名を対象に実施した「ロナウドとC・ロナウドはどちらが上?」というアンケートの結果を紹介した。

    アンケートに答えたのは、ジャンカルロ・アントニョーニ、フィリッポ・ガッリ、ディノ・ゾフ、アルベルト・ジラルディーノ、ルッジェーロ・リッツィテッリ、
    ジュゼッペ・ジャンニーニ、マルコ・ボッリエッロ、フランチェスコ・グラツィアーニ、アントニオ・ディ・ナターレ、マノーロ・ガッビアディーニの10名だ。

    結果は、「怪物」の圧勝だった。ガッリ、ジラルディーノ、リッツィテッリ、ジャンニーニ、ボッリエッロ、ディ・ナターレ、ガッビアディーニの7名が「怪物ロナウド」と回答。
    C・ロナウドを選んだのは、ゾフとグラツィアーニの2名だけだった。アントニョーニは「ドロー」としている。

    なかでも、リッツィテッリとボッリエッロは、「インテル時代のロナウドが純粋に才能で上回る」とコメント。
    ジラルディーノは「クリスチアーノもロナウドには並び得ない」とし、ディ・ナターレは「ロナウドこそ最強だった」と述べている。

    一方でゾフは、C・ロナウドの継続性を高く評価。グラツィアーニは「現代のサッカー選手のプロトタイプ」と称賛した。
    怪物ロナウドを選んだリッツィテッリやボッリエッロも、「完璧なマシン」「見事な精神力」と、C・ロナウドに賛辞を寄せている。

    なお、『Corriere dello Sport』紙によると、ユベントスは現在、セリエA通算4998ゴールで、大台まであと2点に迫っているという。
    イタリア・ダービーでドッピエッタ(2ゴール)を記録すれば、C・ロナウドはまた新たな歴史をつくることになる。

    12/7(金) 20:25配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00051212-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【【サッカー】<怪物ロナウドとC・ロナウド、どっちが上だと思いますか?>伊紙が識者10名にアンケートを実施!その結果は…】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/11/30(金) 17:21:53.27 ID:Kb1jJ2Nd0 BE:878978753-PLT(12121)
    サッカーの元スペイン代表で米メジャーリーグサッカー(MLS)ニューヨーク・シティを今季限りで退団する
    FWダビド・ビジャ(36)のJ1神戸加入が濃厚となっていることが29日、分かった。複数の関係者によると、既に水面下で交渉が進んでいるといい、
    米大手メディアもJリーグ行きの可能性を報じた。FWポドルスキ、MFイニエスタに続く3人目のW杯優勝経験者が港町に降り立つかもしれない。

     神戸にまたも大物加入の可能性が浮上した。現地時間28日にニューヨーク・シティがビジャの退団を正式発表すると、米紙「ニューヨーク・タイムズ」
    など大手メディアが日本行きの可能性を報じた。ビジャも同日、自身の公式ツイッターに「私の決断。私の未来」と投稿。添付されたインタビュー映像では
    「私の心と体は新たな挑戦を必要としている」などと新天地への思いを語っていた。

     複数の関係者によると、早くからビジャ側の意向をつかんでいた神戸は既にクラブ幹部が渡米し、水面下で交渉を進めてきたという。
    ニューヨーク・シティとの契約が12月末で切れるためビジャ獲得に移籍金は発生しない。1年契約で年俸も現在の561万ドル(約6億3千万円)から
    大幅な減額になるとみられるが、条件面が折り合えば交渉は一気に加速しそうだ。

     前節にようやくJ1残留を決めた神戸はチーム得点王がMF三田の6得点とストライカー不在に悩まされた。イニエスタの能力を最大限に引き出す
    FW獲得は喫緊の課題で、バルセロナやスペイン代表でともにプレーした経験を持つビジャは適任。イニエスタもかつての同僚の獲得を熱望しているという。

     ビジャはスペインが優勝した08年欧州選手権、10年南アフリカW杯で得点王に輝き、スペイン代表通算59得点は同国の歴代最多記録となっている。
    12月に37歳を迎えるが、今季はリーグ戦で14得点と決定力は健在。米MLSの4年間で公式戦80得点を記録した。

     ニューヨーク・シティなどを運営するシティ・フットボール・グループと業務提携している横浜Mもビジャの移籍先候補に挙がった。
    だが、イニエスタやリージョ監督の存在から大きく神戸入りに傾いているといい、交渉の行方が注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000006-dal-socc
    【ビジャ神戸入り濃厚 既にクラブ幹部が接触 イニエスタポドルスキ日本のチェルシー目指す 】の続きを読む

    このページのトップヘ