博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/22(金) 23:35:26.60 ID:Ft2agPl49
    日本代表は22日、キリンチャレンジカップ2019・コロンビア代表と対戦して0-1で敗戦。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    鈴木武蔵がA代表デビュー
    【日本 0-1 コロンビア キリンチャレンジカップ2019】

    東口順昭 6 PKは反応し触ったが、弾き出せなかった
    佐々木翔 6 簡単に入れ替わられる場面はあったが、強さを生かして対応する場面も
    昌子源 5.5 ファルカオは自由にさせなかったが、後半に入りスピードで剥がされる場面も
    室屋成 6 後ろに引きすぎず、なるべく前で対応。果敢なオーバーラップも見せた
    冨安健洋 5.5 故意ではないが、ハンドによりPKを献上。先制されることに
    山口蛍 5.5 行くべきところ、待つべきところの判断が整理されていた印象
    柴崎岳 5.5 キャプテン務めた。シンプルなプレーに徹したが、もう少し存在感を示して欲しいところ
    中島翔哉 6.5 得意のドリブルでチームに推進力をもたらす。後半も仕掛け続けた
    南野拓実 6 強烈なシュートでゴールを狙った。ポジションは渡さないという意欲が感じられた
    堂安律 6 積極的な突破でボックス内に侵入。相手を慌てさせた
    鈴木武蔵 6 裏への抜け出し、ポストプレーとまずまず。前半の決定機はせめて枠に飛ばしたかった

    香川真司 5.5 ロシアW杯以来の代表戦。積極的にボールを呼び込んだが、チャンスは生まれず
    乾貴士 5.5 右サイドで途中出場。精力的に動き回った
    小林祐希 6 精度の高いキックでチャンスを演出した
    鎌田大地 5.5 1トップとしてピッチに立った。短い時間で違いを生むことはできなかった
    安西幸輝 ? 出場時間短く採点なし

    森保一監督 5.5 鈴木武蔵を最前線でテストし、香川も起用。しかし勝てなかった

    フットボールチャンネル編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00314533-footballc-socc
    3/22(金) 21:16配信 
    【【サッカー】コロンビア戦、香川真司復帰も見せ場なく低評価に…沈黙の中で最も高評価だったのは?【どこよりも早い採点】】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 01:49:50.56 ID:sXthjsm99
    中島翔哉が“躍動“も日本代表ゴール奪えず ファルカオのPKに泣く

    日本代表は、22日(金)19:20より日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップのコロンビア戦を迎え、ロシア・ワールドカップ初戦(2-1○)以来の再戦となったこのゲームは、0-1でコロンビア代表が勝利を収めている。
    この試合最初のチャンスを迎えたのはコロンビア代表。前半3分、ピッチ中央でボールを持つハメス・ロドリゲスが左サイドのファルカオに展開。左サイドから上げたクロスにビジャが反応しスライディングで合わせたシュートはクロスバーを叩いた。

    日本代表も反撃に出る。前半8分、堂安からボールを受けた南野はバイタルエリアから左足で強烈なシュートを放つ。枠をとらえたこのシュートはバルガスが好セーブを見せた。
    16分、日本の攻撃をけん引する堂安が魅せる。中島が左サイドで1人かわすと右サイドにいる堂安へパス。左足でボールを持った堂安は得意の角度からファーサイドを狙ったシュートを放つも惜しくもゴール左に外れてしまった。

    日本がペースを掴む。中島も積極的にロングシュートを放つなど、堂安、南野を中心に、コロンビアゴールに迫る。

    前半は日本代表がチャンスを多く作り、決定的なシーンを何度か演出した。
    0-0で迎えた後半8分、ビジャが右サイドからアーリークロスをあげる。反応したファルカオが頭で日本代表のゴールネットを揺らしたかと思われたが、ハンドの判定でノーゴールに。

    後半18分、ついにスコアボードが動く。
    途中出場のコロンビア代表FWサパタがPA内で放ったシュートが日本代表DF冨安の肘に当たり、PKの判定に。このPKをファルカオが決めこの試合の均衡を破った。(0-1)

    後半21分、日本代表は鈴木に代わって香川を投入。
    続けて後半25分、堂安に代わってリーガでプレーする乾をピッチへ。ヴィッセル神戸でイニエスタとプレーする山口に代わってオランダでプレーする小林をいれ、1点のビハインドを追いかける。

    後半も中島を中心に攻撃を展開。コロンビア代表陣地でプレーする時間が続くが1点が遠い日本代表。
    後半33分には南野に代えてベルギーでプレーする鎌田大地をピッチへと送る。

    後半37分、柴崎が左サイドの中島に大きく展開。中島はそこからドリブルを開始すると、キックフェイントで1人をかわすと、右足で強烈なシュート。このシュートはバルガスがわずかに触り、惜しくもクロスバーにはじかれた。
    終始日本代表がコロンビア代表ゴールへと迫る展開だったが、ゴールを奪うことが出来ず、試合は終了している。

    3/22(金) 21:16配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00010015-sportes-socc

    【得点者】
    0-1 ラダメル ファルカオ (後半19分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019032203

    【【サッカー】<日本0-1コロンビア>冨安がハンドを取られファルカオのPK弾で日本敗れる…キリンチャレンジカップ】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/08(金) 15:50:39.50 ID:EeLZRXyR9
    日本代表MF香川真司はドルトムントからベジクタシュに期限付き移籍し、トルコデビュー戦で3分間に2得点という強烈なインパクトを残した。そんな香川が衛星放送「ビーイン・スポーツ」で、自身の考える世界のベストイレブンを明かした。

     イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドで2シーズンプレーし、ドルトムントではファンから絶大な人気を誇った香川。日本代表の10番としてワールドカップ2大会連続出場など、華やかな経歴を持つ日本屈指のスターが選ぶ「サッカー界最高の11人」とは――。

     GKはドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)。DFラインは右からドイツ代表DFヨシュア・キミッヒ(バイエルン)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(バルセロナ)の4人が並んだ。

     中盤から前は超攻撃的布陣ができ上がりそうな名前がずらり。スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)とベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)という二人の司令塔に、ブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペ(ともにパリ・サンジェルマン)、そしてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)という“二大巨頭”が選出された。

     香川にとっては、この11人が現代サッカー界の“ベスト”だという。まさにゲームの世界でしか見られないような夢の顔ぶれが揃った。

    2/8(金) 11:05配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00169200-soccermzw-socc

    写真no title
    【【サッカー】<香川真司が選ぶ「世界最強イレブン」>海外メディアで明かした“夢の11人”とは? 】の続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/01(金) 14:26:23.94 ID:ZrEc34WV9
     山形県鶴岡市立加茂水族館で1月31日、サッカーのアジア・カップ決勝、日本―カタール戦(2月1日)の勝敗を予想する恒例のクラゲ占いがあり、クラゲは日本の負けを予想し、職員らからため息が漏れた。

     白色や焦げ茶色などの東南アジア原産「カトスティラス」70匹を飼育する水槽に、日の丸とカタールの国旗を貼った容器を沈めると、開始3分10秒で1匹のクラゲがカタールの容器に入った。

     25日にテニスの全豪オープン決勝を占った際は大坂なおみ選手の優勝を的中させており、奥泉和也館長は「今回は外れてくれることを祈るだけ」。昨年のサッカー・ワールドカップ(W杯)で日本の勝敗を占った際には4回のうち1回しか当たらなかっただけに、サッカーでの的中率の低さを期待する様子だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000014-mai-so
    【【サッカー決勝】クラゲが日本の負けを予想!大坂なおみの優勝を的中させた! 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/02(土) 00:55:17.33 ID:qdhJgDLN9
    2/2(土) 0:52配信
    日本、悲願のアジア王者奪還ならず…カタールが歴史的なアジアカップ初優勝

    日本代表は1日、アジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れ、優勝を逃した。

    準決勝で強敵イランを3-0で破った日本代表と、ここまで16得点無失点という圧巻のパフォーマンスでファイナルに勝ち進んだカタールが、アジア王者の座を懸けて激突。森保一監督は、イラン戦から負傷の遠藤航に代えて塩谷司を起用する先発1点を変更した。

    2大会ぶり最多5度目の優勝を期する日本と、初優勝を狙うカタールの一戦。試合は開始序盤に日本が失点を喫する。12分、右サイドからクロスを入れられると、正面のアルモエズ・アリにトラップからバイシクルシュートを放たれる。これがゴール右に吸い込まれ、アジアカップ記録となる今大会9ゴール目を決めたアリのスーパーゴールで日本が先手を取られる。

    リードを許した日本は焦らずボールをつないで反撃に出ようとするが、統制のとれたカタールの守備を崩せない。すると27分、厳しい2失点目を喫する。バイタルエリアでアブデルアジズ・ハティムに時間を与えてしまうと、カットインから左足でシュートを放たれる。これがゴール左に突き刺さり、日本が2点のビハインドを背負った。

    そのままリズムを掴めず、0-2で前半を終えた日本は迎えた後半、立ち上がりから積極的に前へ出る。しかし、やや重心を下げたカタールの守備を前に決定機を創出できず、逆に縦に早いカウンターから脅威を与えられる。

    流れを変えたい森保監督は、62分に原口元気を下げて武藤嘉紀を投入する。すると、この交代から、カタールの疲れも見え始めて流れが一変。66分には左CKにニアサイドの武藤がヘディング。しかし、これは枠に飛ばない。それでも69分、塩谷の縦パスを正面で受けた南野拓実が素早いターンから、飛び出してきたGKをいなすチップキックでゴール。南野の今大会初得点で日本が1点差に詰め寄る。

    しかし、逆に82分には日本が3失点目。アブデルカリム・ハサンのヘディングシュートが吉田麻也の手に当たると、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での検証の結果、カタールのPKに。これをアクラム・アフィフに決められ、再び2点差とされる。

    その後、日本は塩谷に代えて伊東純也を投入し、リスクを冒して攻めるも、そのまま敗戦。過去最高記録がベスト8だったカタールが、今大会19得点1失点という圧巻の内容で初戴冠を果たした一方、日本は惜しくもアジア王者奪還に失敗した。

    ■試合結果
    日本代表 1-3 カタール代表

    ■得点者
    日本:南野拓実(69分)
    カタール:アルモエズ・アリ(12分)、アブデルアジズ・ハティム(27分)、アクラム・アフィフ(83分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00010002-goal-socc

    【【サッカー】日本代表、アジア王者奪還ならず!! カタールが同国史上初のアジアカップ優勝!】の続きを読む

    1: ベクトル空間 ★ 2019/02/01(金) 23:27:56.53 ID:hJFmtPHZ9
    ソース テレビ
    【【痛恨!】 優勝確実といわれていたサッカー日本代表! まさかの2失点! 】の続きを読む

    このページのトップヘ