博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ: 音楽

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/20(火) 21:18:15.62 ID:CAP_USER9
    昨年末にアイドルグループ・乃木坂46を卒業した中元日芽香(22)が20日、自身の公式サイトをオープンし、「これから心理カウンセラーとして活動します」と発表した。

    公式サイトのブログで「卒業から一年。次にやりたいことを見つけて、一から勉強し、形になりました。
    こうしてお知らせすることができて、まずはほっとしています」と報告。アイドルとしての経験を「私の財産です」と振り返り、
    「若いカウンセラーはあまり聞きません。22歳の私だからこそ応えられることがあると思います。必要としてくれる人が必ずいると信じています」と思いを明かした。

    「いずれは専門分野を絞って、それに特化したセッションを行うようになりたいと考えています」と今後の展望を持ちながら、
    「今の私にできるのは『入口』になること。カウンセリングに興味を持ってもらう、体験してもらう。そうやって広めていきたい」と自身の役割について説明。

    そして、「セッションしながら、カウンセラーという存在を知ってもらう活動を行いながら、時々こうして文章を綴る。
    そんな日々を送りたいと思っています」とつづり、ノートに「よろしくお願い致します」と直筆で書いた画像を添えた。

    中元は昨年1月に体調不良のため活動を休止し、4月に復帰したが、8月にブログでグループからの卒業と芸能界引退を発表。
    その理由について「大きな理由は体調面での不安です。なので卒業して、芸能界も引退して、暫くはゆっくり静養するつもりでいます」と卒業後についても言及していた。
    11月の東京ドーム公演が最後のライブ出演となった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15624779/
    2018年11月20日 20時59分 オリコン

    no title
    【【芸能】元乃木坂46・中元日芽香「これから心理カウンセラーとして活動します」公式サイト開設 】の続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2018/11/19(月) 23:03:43.13 ID:CAP_USER9
    中村麗乃(れの)が『らじらー』で障害者差別 不適切発言 その後ブログで謝罪 


    NHKラジオ第1 らじらー! より
    オリラジ中田「結婚相手はどんな人なんだ?」
    中村「髪の毛があって~、指が5本があって~、足があって~、立派に立ってる人です!」


    2018年11月18日に放送されたNHKラジオ第1「らじらー!」にゲスト出演した乃木坂46 中村麗乃さんが障害者差別発言をしたとして、自身のブログで謝罪しました。


    これからの活動が期待される中村麗乃さんですが、2018年11月18日に放送された『らじらー!』での発言が、障害者差別にあたり、不適切ではないかと問題視されています。


    この発言に関して、中村麗乃さんは自身のブログにて「皆様へ。」というタイトルの記事で謝罪しました。


    みなさんこんばんは。

    中村麗乃です。

    本日のらじらー生放送にて、
    私の不適切な発言があった事をお詫び申し上げます。
    https://enbeyond.com/21060

    【【乃木坂46】中村麗乃がNHKで障害者差別「結婚相手はちゃんと髪の毛と足と指が5本あって、立派に立ってる人」】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/11/11(日) 21:53:49.42 ID:CAP_USER9
    女優の川栄李奈が自身のInstagramにて、怪物に扮した女優の岡崎紗絵に“バックハグ”されるシュールなショットを公開し、反響を呼んでいる。

    10日に放送された『世にも奇妙な物語 '18秋の特別編』(フジテレビ系)に出演した川栄。
    同投稿では、「世にも奇妙な物語ありがとうございました。怪物からバックハグされてます」とコメントし、怪物の姿の岡崎にバックハグされている奇妙な2ショットを公開した。

    どうやらこの怪物になってしまった親友役を演じている岡崎とはドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)以来1年ぶりの共演となったようで、川栄は「原型のないさえちゃん!笑 #僕やりぶりですっ」とを喜びをつづっている。

    そんな川栄の投稿には、「怖すぎる?」「だいぶ怖かったけど川栄さんは可愛すぎた」「夢に出てきそうやった」「心臓止まるかと思いました」「この写真でも怖さが伝わりますが熱演でしたね」「とにかく演技上手すぎっ!!!!!」「本気でこわすぎた」「演技力が高すぎてほんと怖かった??!!!」「リアルでしたぁ」と番組を観たファンから迫真の演技を絶賛する声が次々と寄せられている。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1111/abt_181111_7417947889.html

    『世にも奇妙な物語 '18秋の特別編』 川栄李奈
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    怪物から“バックハグ” 岡崎紗絵と川栄李奈
    no title


    元AKB48 川栄李奈
    no title

    no title
    【【女優】元AKB48川栄李奈、『世にも奇妙な物語』主演 迫真の演技に「演技力が高すぎてほんと怖かった」絶賛の声 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [IT] 2018/11/05(月) 18:27:05.07 ID:3zpy7J6Z0 BE:306759112-BRZ(11000)
    『HKT48』を2年半休業し、韓国で活動し始めた宮脇咲良にショッキングな事態な発覚した。
    大好きな韓国で歌が歌えない状況だという。

    「韓国では日本の大衆文化の流入制限をするため、映画振興法や公演法その他の行政措置で、日本の歌、映画などは長く制限されてきました。
    サッカーのワールド杯日韓共催あたりから雪解けムードもあり、だいぶ緩和されたのですが、昨今、また日韓状況はよくない。
    そこでまた規制が厳しくなったのでしょう」(韓国語学校教員)

    具体的にいうと日本のオリジナルで作られた曲、映画などのエンタテインメント、
    しかも日本語制作などというと向こうでは売られたり、公開されたりしない。

    「反日の授業があり、竹島は何年に韓国人が住んでいて、もともと韓国のものだという話をエンエンと教え込まれる。
    従軍慰安婦なども捏造話をして授業にする。
    彼らは日韓について歴史書なしでもスラスラしゃべることができるし、日本人は韓国人と歴史話はしてはいけないといわれるほど」(同・教員)

    それが今回、宮脇にも影響しているという。
    10月31日、韓国のオーディション番組から誕生し、宮脇が所属する日韓合同ガールズユニット『IZ*ONE(アイズワン)』の日本語曲『好きになっちゃうだろう?』が放送禁止になった。

    「宮脇はアイズワンを結成するオーディション番組で2位になり、曲ではセンターです。
    それもあるのか『好きになっちゃうだろう?』が即放送禁止。
    理由は“日本色が強い”という相変わらず韓国らしい理不尽なものです」(音楽ライター) 


    宮脇咲良ショック…大好きな韓国で「いきなり放送禁止」食らう
    https://myjitsu.jp/archives/66322
    【宮脇咲良ショック… 大好きな韓国で「いきなり放送禁止」食らう 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/10/29(月) 22:19:38.99 ID:CAP_USER9
    2018/10/29 12:2515:06 CDジャーナル
    辻井伸行、ウラディーミル・アシュケナージとの共演によるショパンのピアノ協奏曲第2番をリリース

     ピアニストの辻井伸行が、ウラディーミル・アシュケナージ(Vladimir Ashkenazy)との共演による新作アルバム『ショパン: ピアノ協奏曲第2番、ノクターン』(AVCL-25978 3,000円 + 税)を10月31日(水)にリリース。

     本作に収められたショパンのピアノ協奏曲第2番は、アシュケナージの薫陶を受ける辻井が、ベルリンのフィルハーモニーでベルリン・ドイツ交響楽団と同作を演奏した2017年5月15日の公演をライヴ録音したもの。また、これまでにCD化の要望が多く寄せられていたというショパンのノクターンの名作3曲を同時収録しています。

     辻井とアシュケナージは、11月にコンサート〈セキスイハイム presents アシュケナージ×辻井伸行 アシュケナージ指揮アイスランド交響楽団 ピアノ: 辻井伸行〉で共演。オーケストラは、今回が初来日となるアイスランド交響楽団です。辻井とアシュケナージ指揮アイスランド交響楽団は、本公演のプログラムAでショパンのピアノ協奏曲第2番、プログラムBでラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏します。

    ■2018年10月31日(水)発売
    『ショパン: ピアノ協奏曲第2番、ノクターン』
    AVCL-25978 3,000円 + 税

    [収録曲]
    ショパン:
    01. ピアノ協奏曲第2番ヘ短調op.21
    02. ノクターン第1番変ロ短調op.9-1
    03. ノクターン第2番変ホ長調op.9-2
    04. ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作)

    [演奏]
    辻井伸行(p) / ウラディーミル・アシュケナージ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団(01)

    [録音]
    01: 2017年5月15日 ベルリン フィルハーモニー
    02~04: 2015年11月6、7日 ベルリン テルデックス・スタジオ

    ■セキスイハイム presents
    アシュケナージ×辻井伸行
    アシュケナージ指揮アイスランド交響楽団 ピアノ: 辻井伸行

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    no title


    https://www.cdjournal.com/main/news/tsujii-nobuyuki/80897
    【【音楽】辻井伸行、ウラディーミル・アシュケナージとの共演によるショパンのピアノ協奏曲第2番をリリース 】の続きを読む

    このページのトップヘ