博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 事件・犯罪

    1: どどん ★ 2018/11/06(火) 22:19:09.35 ID:CAP_USER9
     神奈川県大井町で昨年6月に起きた東名高速道路の夫婦死亡事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)と
    監禁致死傷罪などで起訴されている福岡県中間(なかま)市、石橋和歩被告(26)の弁護人が6日、両罪で無罪を主張する方針を
    明らかにした。初公判は12月3日。

     横浜地検は昨年10月、石橋被告の乗用車が夫婦のワゴン車の前に割り込み、減速するなどの「あおり運転」を繰り返し、
    追い越し車線で止まらせた結果、大型トラックの追突を誘発して夫婦らを死傷させたとして、危険運転致死傷で起訴した。
    同罪は運転中の事故を想定しているため、認められない場合を考慮し、監禁致死傷罪を予備的訴因として加えた。

     初公判を前に、弁護人が報道陣に方針を説明。追突事故が停車後に起きたことなどから危険運転致死傷は当たらないうえ、
    監禁致死傷罪も路上で被害者を移動困難にしたとの状況が2分と短く、「監禁の認識があったかは疑問」とし、争う構えを示した。
    被告は事実関係は認めているといい、弁護人は「(法的な)疑問点について見解を述べていく」と説明した。

    読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00050085-yom-soci 
    【【社会】東名夫婦死亡事故、「あおり運転」無罪主張へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [TW] 2018/11/02(金) 07:03:38.71 ID:WubKeBPh0● BE:842343564-2BP(2000)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181102-00404568-fnn-soci


    オレオレ詐欺グループで、受け子に指示を出していたとみられる大学生の男が、警視庁に逮捕された。

    関東学院大学3年・灰野颯容疑者(21)は2018年5月、都内の82歳の女性に長男を装って電話をかけ、「現金が至急必要」などと言って、現金300万円をだまし取った疑いが持たれている。

    灰野容疑者は、調べに対し、容疑を認めている。



    no title
    1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

    【オレオレ詐欺グループで指示を出していた学生ら関東学院大学3年灰野颯がニッカニカの笑顔で連行される 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [CA] 2018/11/02(金) 13:12:58.61 ID:KQZDiB/Y0 BE:155743237-PLT(12000)
    69歳母親にエアガン発射 傷害容疑で41歳息子を逮捕 大阪府警
     
    全長約1メートルのエアガンで母親(69)を至近距離から撃ってけがをさせたとして、
    大阪府警が傷害容疑で、同府豊中市の会社員の息子(41)を逮捕していたことが2日、
    捜査関係者への取材で分かった。エアガンはかなりの威力があり、
    母親の体は赤く腫れ上がった。息子は容疑を認め、
    「仕事のことで口論になり、かっとなって撃った」と供述しているという。
     
    逮捕容疑は10月28日午後、豊中市内の自宅で、全長約1メートルの
    ショットガンタイプのエアガンで母親を複数回撃ち、
    背中や手など10カ所以上にけがをさせたとしている。
     
    エアガンは金属や樹脂で作られており、引き金を引くと、
    1度に複数の弾が発射されるタイプ。同種のエアガンでは射程が数十メートルに達し、
    購入に年齢制限が設けられているものもある。府警が自宅を家宅捜索したところ、
    ほかにもエアガンが見つかったという。
    母親と息子は2人暮らしで、息子と口論になった母親が「早く来てください」と110番。
    府警豊中署員が自宅に駆けつけたところ、母親の背中などが赤く腫れていたため、
    事情を聴くと「息子にエアガンで撃たれた」と説明したという。

    11/02 12:57 産経新聞
    https://article.auone.jp/detail/1/2/2/14_2_r_20181102_1541131162478450
    【全長約1メートルのショットガンタイプのエアガンでオカンを撃つ 大阪 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/30(火) 10:44:18.06 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010002-friday-soci

    「紀州のドン・ファン」こと和歌山の資産家・野崎幸助氏(享年77)が怪死を遂げてから約5ヵ月。ついに犯人逮捕へのカウントダウンが始まった。

    これまで、過去の愛人や野崎氏が経営していた貸金業の顧客など、和歌山県警は膨大な数の関係者を洗ってきた。
    だが、それらの捜査で芳しい成果が得られなかったため、野崎氏の死因が「急性覚醒剤中毒」であることに改めて注目。捜査の焦点を絞り始めている。

    「誰かを殺そうと思ったときに、覚醒剤を飲ませようと考えるのは、極めて異例です。というのも、覚醒剤は簡易検査によって簡単に判別できてしまい、
    自然死ではないとすぐにバレる上、足がつきやすいからです。ではなぜ、覚醒剤を使ったのか。犯人はオーバードース(多量摂取)による覚醒剤中毒死を
    間近で見たことがある人間に違いない、と警察は睨んでいます」(捜査関係者)

    ただ、第一発見者である新妻Sさんや家政婦の疑いが晴れたわけではない。むしろ、覚醒剤に焦点を絞ったことで、
    彼女たちへの監視の目はさらに厳しくなっているという。

    「県警は事件の“黒幕“はいるが、実行するのは近しい人でないと不可能だと見ている。また、ここにきて『新妻に関する重要資料を入手した』と騒いでいるんです。
    資料の内容についてはさすがにまだ明らかにされていませんが、もしかしたら、クスリや黒幕とのつながりを示す資料なのかもしれません」(全国紙和歌山担当記者)

    40代からの『俺のサプリ』

    10月20日には、野崎氏と昵懇のジャーナリスト・吉田隆氏が自身の取材記録をすべて公開した、『紀州のドン・ファン殺害「真犯人」の正体』が発売された。
    担当記者の間ではこんな笑い話も広まっている。

    「担当の刑事たちはいま、みんなこの本に注目していますよ。野崎氏の交友関係や財産の詳細、Sさんと家政婦のやり取りなど、
    捜査では知りえない情報が書いてありますから、参考にするんじゃないですか(笑)」(同前)

    一方で、Sさんを初めとした親族たちの間では、もしかしたら犯人逮捕以上に重要な問題も浮上しようとしている。
    本誌が10月5日号で独占公開した「ドン・ファンの遺言書」を巡り、争いが勃発しそうなのだ。

    「私たちも遺産争いがしたいわけじゃないんです。でも、あの『いごん』はどう見てもおかしいでしょう。納得するまで、とことん調べるつもりです」

    そう語るのは、野崎氏の遺族の一人だ。〈いごん〉という文言から始まる「ドン・ファンの遺言書」には、

    〈全財産を田辺市にキフする〉

    と、はっきりと記されている。だが、この遺言書には多くの疑問があるという。前出の遺族が続ける。

    「まず、この『いごん』は知人のM氏宛に書かれていますが、遺言書を郵送するなんて聞いたことがない。
    それに、新妻のSちゃんはこの遺言書によって遺産が7億円以上減ってしまうのに、あっさりと『受け入れます』と言っているのも逆に不自然でしょう。
    幸助が汗水たらして稼いだ財産ですから、疑わしい点はきっちりと明らかにして、きちんと相続されるべきです」

    当のSさんは東京の自宅に戻っていることも多くなり、徐々に事件のショックから立ち直りつつある。降って湧いた遺言書について、どのような思いを持っているのか。

    「遺族の方々のお気持ちは尊重しています。ただ、私としては、遺産の額よりも、早く決着をつけたいなというのが正直な気持ちです」

    事件は再び動き出している。本の出版と時を同じくして、犯人逮捕となるかもしれない。
    【【ドン・ファン】紀州のドン・ファン怪死事件、「犯人逮捕」のカウントダウン始まる 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2018/10/30(火) 18:20:02.98 ID:8Nks8+pz0 BE:844481327-PLT(12345)
    少年をバットで殴るなどしたとして、神奈川県警相模原南署は30日、傷害と暴行の容疑で、相模原市南区大野台の自称会社員、後部(ごべ)竜男容疑者(54)を逮捕した。容疑を認めている。

    逮捕容疑は29日午後9時10分ごろ、同区大野台のコンビニエンスストア駐車場で談笑していた会社員の少年(19)=同区鵜野森=と、大学1年の男子学生(19)=同=の2人に対して、
    「お前、なんで笑っているんだ」などと因縁をつけたうえ、少年の腹をバットで殴り、男子学生の腹を蹴ったとしている。少年は軽い打撲。

    https://www.sankei.com/smp/affairs/news/181030/afr1810300029-s1.html


    【「なんで笑ってるんだ」 コンビニで談笑していた少年をバットでぶん殴った疑い 相模原の男を逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ