博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 事件・犯罪

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [CL] 2019/01/13(日) 21:15:03.39 ID:1jypqdGp0● BE:842343564-2BP(2000)
    社説[「成人の日」を前に]主体的に道切り開こう
    2019年1月13日 08:17
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/371224
    【【動画】成人式帰りの不法改造車カスに警官がキックをかます様子をご覧ください 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/01/12(土) 13:14:53.31 ID:KlD40gp50● BE:201615239-2BP(2000)
     「paypayで登録できるクレカ情報売ります」。インターネットの闇サイトにある掲示板で、クレジットカード番号の販売をうたう不審な書き込みが相次いで見つかっていた。

     静岡県三島市のIT企業「ジオロケーション・テクノロジー」は昨年12月、発信元がたどられないネット空間「ダークウェブ」上にある闇の掲示板サイトで書き込みを見つけた。匿名性を売りにした有料で提供されるメールアドレスが問い合わせ先になっていた。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1C733VM1CUTIL05N.html
    【闇サイトに「paypayで登録できるクレカ情報売ります」書き込み相次ぐ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2019/01/08(火) 18:45:32.07 ID:h7gMEZIj0● BE:842343564-2BP(2000)
    姫路市飾磨区 頭部のないハト相次ぎ見つかる/兵庫県
    1/8(火) 17:19配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010004-suntvv-l28


    ことしに入り、兵庫県姫路市飾磨区の路上などで頭部を切断されたハトが相次いで見つかっています。 また、飾磨区では7日内臓のないネコの死骸も見つかっていて、警察が関連を調べています。

    今月3日、頭部がないハトの死骸が見つかった路上(姫路市飾磨区上野田)
    今月3日、姫路市飾磨区上野田の路上で頭部がないハトの死骸が見つかりました。 その後、今月5日と6日にも、現場の4キロ圏内で頭部が切断されたハトが相次いで発見されました。

    警察によりますといずれも頭部は見つかっておらず、何者かが別の場所で切断し、運んできた疑いがあるということです。 さらに、7日は飾磨区妻鹿の路上で、内臓のないネコの死骸が見つかりました。

    現場の近くには小学校や中学校があり、警察が登下校時のパトロールを強化していますが、住民からは不安の声が上がっています。

    飾磨警察署の管内では、去年11月から年末にも胴体の一部などが切断されたネコの死骸が見つかっていて、警察が動物愛護法違反や鳥獣保護管理法違反の疑いで捜査しています。
    【猫ちゃんやハトちゃんの命が輝いてしまう。頭のないハトや内臓の無い猫が相次いで見つかる 姫路市 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2019/01/08(火) 15:10:02.24 ID:jf20X6rG0 BE:135853815-PLT(12000)
    特別背任の容疑で再逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の勾留の理由を明らかにする手続きが、東京地方裁判所で行われ、
    ゴーン前会長は「私は20年間、日産の復活に尽力し無数の雇用も創出した。私は無実です」などと述べ無罪を主張しました。

    日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は、私的な損失の信用保証に協力したサウジアラビア人の実業家の会社に
    日産の子会社から16億円余りを不正に支出したなどとして、先月21日、特別背任の疑いで再逮捕され、東京地方裁判所は今月11日までの勾留を認めています。

    勾留の理由を明らかにする手続きは午前10時半から2時間近くにわたって東京地方裁判所で行われ、ゴーン前会長も出廷しました。

    去年11月の最初の逮捕以降、初めて公開の場に姿を現したゴーン前会長は、黒のスーツ姿でネクタイは締めずに出廷し、
    通訳を介して英語の文書を読み上げる形で20分以上、意見を述べました。

    裁判官が勾留の理由について「証拠隠滅や逃亡の可能性がある」などと説明したのに対し、ゴーン前会長は最初に、
    「捜査機関からかけられている容疑がいわれのないものだということを明らかにしたい。
    日産に心からの親愛と感謝の気持ちを持っている」と述べたうえで「I am innocent」=「私は無実だ」などと無罪を主張しました。

    そのうえで「私は20年間、日産の復活に尽力し三菱自動車ともアライアンスをして世界一位になった。無数の雇用も創出し、
    これらの成果は私にとっての喜びだ。私は無実です。常に誠実にやってきた。これまで不正をしたことはない。根拠もなく容疑をかけられ、不当に勾留されている」と述べました。

    そして巨額の含み損を抱えた私的な為替取引の権利を日産に付け替えた疑いについて「日産に損害を与えていない」と述べたほか、
    実業家の会社に16億円余りを不正に支出した疑いについても「実業家は長年日産のパートナーで関係部署と相談して相当の対価を支払った」と述べました。

    このほかみずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した罪についても「検察による訴追は全くの誤りだ」と主張しました。

    前会長の弁護士は今後、勾留の取り消しを請求する方針で、午後3時から都内で記者会見を開く予定だということです。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190108/k10011770671000.html
    【ゴーン容疑者「私は20年間、日産の復活に尽力し無数の雇用も創出した。私は無実です」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送 typeR) [US] 2018/12/30(日) 11:40:01.01 ID:WoRhrRNW0● BE:601381941-PLT(13121)
    宅配ボックス、盗難に注意 手口は簡単、新聞とテープで

    宅配物が届いたときに不在でも、受け取ることができる宅配ボックス。その中から届いた商品が盗まれる事件が、
    昨年から今年にかけて埼玉県川口市などで相次いだ。帰省や旅行で不在がちな年末年始にも助かる存在だが、
    警察も宅配業者もこれといった対策が打てていないのが現状だ。

    さいたま地裁で先月、男(39)に窃盗罪で懲役2年執行猶予3年の判決が言い渡された。判決などによると、
    男は5月に東京都足立区の集合住宅の宅配ボックスに届いた眼鏡を、昨年11月には川口市のマンションで
    宅配ボックスに届いたフィギュアを盗んだ。

    宅配ボックスは宅配業者が暗証番号を決めて不在連絡票に書き込み、住民が番号を入力して解錠するタイプだった。
    住宅部品の研究などをしている一般社団法人リビングアメニティ協会(東京)によると、建設時はなかった集合住宅にも
    簡単に導入できるため、人気だという。

    手口はこうだ。新聞紙を丸めてテープを巻き付けた棒をポストに差し入れ、宅配業者が入れていく不在連絡票を
    くっつけて取り出す。そこに書かれた暗証番号で宅配ボックスを解錠。中の品を盗んで転売し、生活費に充てていた。

    県警は2月、大手宅配業者に注意喚起のチラシを配った。事件が相次いでいることや、不在連絡票を抜き取られないよう
    中に確実に入れることを呼びかけた。

    川口の事件で荷物を届けた宅配業者は、不在連絡票の抜き取りは想定していなかったという。届けたことを伝えるには、
    連絡票を入れるしか今のところ手段がなく、ボックスを使わないのもクレームにつながり難しいという。
    担当者は「最新のボックスだと、配達が部屋に通知されるものもある」と、マンションやメーカー側の対策に期待する。
    (米田悠一郎)

    no title


    https://www.asahi.com/articles/ASLDW5CQWLDWUTNB012.html
    【宅配ボックスからの盗難が相次ぐ 不在連絡票を盗んで暗証番号ゲット、簡単な手口も対策取れず 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [NO] 2018/12/28(金) 08:10:12.26 ID:ZcK13e/C0 BE:844481327-PLT(12345)
    鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で11月、水産庁の取締船「白萩丸」から立ち入り検査を受けていた中国漁船が同庁職員12人を乗せたまま半日以上逃走した事件で、
    漁船を追跡する取締船に多数の中国漁船とみられる船団が接近していたことが27日、同庁への取材で分かった。
    漁船団と対峙すれば、船舶事故など大きなトラブルになる可能性があるとの判断から、取締船は職員らの収容を優先せざるを得なかった。

    政府関係者や水産庁によると、中国漁船は11月5日午前10時ごろ、外国人の違法操業を規制するEEZ漁業法違反容疑で同庁職員が立ち入り検査を始めた直後に漁を再開したうえ逃走。
    取締船が追跡して停船を求め続けた。この間も漁船に乗り込んだ職員12人は立ち入り検査を続行していた。

    さらに応援要請を受け、同日夜に合流した海上保安庁の巡視船も停船を要請していたところ、数十隻の中国漁船とみられる船団の接近が判明した。
    当時は夜を迎え周囲は暗闇で、多数の漁船員らとトラブルになれば危険な状況となるため、取締船は立ち入り検査中の職員らの安全確保を優先し、
    漁船に検査の中断を伝え、漁船側は接舷に応じ、取締船は職員を収容した。

    漁船は日本のEEZから日中両国が操業できる中間水域に逃走。
    この海域では強制的な検査は行えず、職員は船長らに任意聴取を行ったが、当時は違法操業を裏付けられなかった。
    船長らは違法操業を否認。一時、取り締まりに激しく抗議したが、暴行などはなかったとしている。

    外務省によると、問題を受け11月7日、中国側に「停船命令を無視し、わが国の当局者を危険にさらす行為」と厳しく抗議し、違法操業の証拠も示して調査を要請。中国漁船による違法操業が続いているとして再発防止を求めた。
    水産庁が平成29年に行った立ち入り検査24件のうち、中国漁船が19件を占める。

    https://www.sankei.com/politics/news/181228/plt1812280005-n1.html
    no title


    関連
    違法操業の中国漁船、立ち入り検査の水産庁職員12人乗せたまま半日逃走
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1545863524/
    【中国漁船が水産庁職員12人を乗せて逃走した事件、中国漁船団の大接近で検査中止に 】の続きを読む

    このページのトップヘ