博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > テニス

    1: 豆次郎 ★ 2018/11/16(金) 00:36:49.46 ID:CAP_USER9
    最終戦 Nitto ATPファイナルズ
    (イギリス/ロンドン、室内ハード)
    グループ・レイトン・ヒューイット
    予選ラウンドロビン第3戦


    【グループ・グーガ・クエルテン】
    N・ジョコビッチ(セルビア)
    A・ズベレフ(ドイツ)
    M・チリッチ(クロアチア)
    J・イズナー(アメリカ)

    【グループ・レイトン・ヒューイット】
    R・フェデラー
    K・アンダーソン(南アフリカ)
    D・ティーム(オーストリア)
    錦織圭



    <錦織圭 0-2 D・ティーム>
    1-6
    4-6


    https://live.tennis365.net/london/2018/7/ 
    【【テニス】錦織圭がD・ティームにストレート負け!! ATPファイナルズ予選第3戦 準決勝進出は5時~のフェデラー下村戦次第 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/10/27(土) 00:57:56.91 ID:CAP_USER9
    10/27(土) 0:56配信
    錦織 世界7位ティームに圧勝で4強、今季5度目のTOP10撃破<エルステ・バンクOP>

    男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)は26日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードの錦織圭が第1シードのD・ティーム(オーストリア)を6-3, 6-1のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。今シーズン、世界ランキング・トップ10から5度目の勝利をあげた。

    錦織は地元のティームを後押しするアウェーの中、ミスを誘い出して2度のブレークに成功し、ゲームカウント5-0とリードする。そこからティームに3ゲーム連取を許し、第9ゲームでは0-40とブレークポイントを握られる。ここで我慢のラリー戦を制した錦織が挽回してサービスキープし、第1セットを先取。

    第2セットもミスを連発するティームから主導権を握り、第1セットと同様に第1・第3ゲームでブレーク。その後も攻撃の手を緩めない錦織はフォアハンドの強烈なウィナーやサーブ・アンド・ボレーを決めるなどで主導権を握り、ストレート勝ちをおさめた。

    準決勝では、世界ランク71位のM・ククシュキン(カザフスタン)と対戦する。予選勝者のククシュキンは準々決勝で同40位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を逆転で下しての勝ち上がり。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00010001-tennisnet-spo
    no title
    【【テニス】錦織 世界7位ティームに圧勝で4強、今季5度目のTOP10撃破<エルステ・バンクOP> 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [PE] 2018/09/25(火) 10:37:09.81 ID:aog3W/Hb0 BE:517598406-PLT(20500)
    大坂なおみ選手の記者会見で、私が本当に聞きたかったこと
    アイデンティティや日本人観について尋ねたことについて、さまざまな意見が寄せられました。

    質問の意図
    なぜ、この質問をしたのか。そもそもどんなことを聞きたかったのか。

    その背景には、外国人と日本人との間に生まれた「ハーフ」と呼ばれている人たちをはじめとする、海外にルーツを持つ人たちの存在があります。
    彼らは、日本で生まれ育ったり、日本国籍を持っていたりするのに、容姿や言葉を理由に外国人扱いされることも少なくありません。
    中には、部屋を貸してもらえないなど日常生活で不便を被る人もいます。私も取材を通して、「自分は一体何者なのか」などと所属意識やアイデンティティをうまく形成できずに悩む人たちと出会ってきました。
    もちろん、「ハーフ」の人全てがそのような経験をしているわけではありません。ただ、多様なルーツを持つ人たちが増え、社会が寛容になる一方で、根強い偏見が残っているのも現実です。

    日本人の母親とハイチ系アメリカ人の父親の間に生まれ、3歳の時にアメリカに移住した大坂選手は、3カ国の文化的バックグラウンドを持っています。
    大坂選手をはじめ、昨今のスポーツ界では多様なルーツを持つ選手の活躍が目立っていますが、彼らに対して「日本人じゃない」と心無い言葉を浴びせる人たちもいます。
    大坂選手の活動拠点であるアメリカでは、大坂選手の多様なルーツが注目されています。全米オープンの記者会見でも、文化的なバックグラウンドやアイデンティティについて質問されて答えています。
    私も含めて、みんなで考えるよいチャンスになればと、今回の会見で質問しました。
    https://www.huffingtonpost.jp/rio-hamada/naomi-osaka-press-conference_a_23529953/?ncid=tweetlnkjphpmg00000001


    【ハフポスト炎上記者「大坂なおみは古い日本人観への考えを語ってくれると思い質問した。海外も報道してる」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/09/23(日) 13:12:29.20 ID:EJ7B3SBG0● BE:299336179-PLT(13500)
    テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは23日、東京・アリーナ立川立飛でシングルスの決勝が行われ、
    全米オープン覇者で世界ランキング7位の大坂なおみ(日清食品)が、同8位のカロリナ・プリシュコバ(チェコ)に4―6、4―6で敗れた。
    プリシュコバは同大会初優勝。全米から続いた大坂の連勝は10で止まった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00050059-yom-spo


    【【まさかの敗北】大坂の連勝ストップ、東レ・パンパシ決勝敗れる 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/09/23(日) 14:33:06.39 ID:EJ7B3SBG0● BE:299336179-PLT(13500)
    プリスコバにまさかの完敗、今後は2戦出場予定も「まだ100%じゃない」

     テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位
    で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、
    凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。
    全米オープンから続く連勝も10で止まった。会見では「今までにないくらい疲れを感じている」と本音を吐露した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00037987-theanswer-spo


    【【今までにないくらい疲れている】大坂なおみ、準V会見で本音「休む暇がなかった」と”なおみ節”へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ