博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > フィギュアスケート

    1: トラペジウム(秋田県) [GB] 2019/12/14(土) 06:58:50.79 ID:10PYZYff0 BE:194767121-PLT(12001)
    【モスクワ共同】フィギュアスケートで2018年平昌冬季五輪女王のロシアのアリーナ・ザギトワ選手は13日、
    今月下旬に予定されているロシア選手権に出場せず、しばらく活動を停止すると述べた。事実上の引退宣言となる可能性がある。

    https://www.daily.co.jp/general/2019/12/14/0012958839.shtml
    【ザギトワ「心が折れた。ちょっと気持ち入れ替える」 】の続きを読む

    1: ニールキック(東京都) [US] 2019/11/30(土) 20:39:12.80 ID:wCk0XJXr0 BE:123322212-PLT(13121)
    フィギュアスケート欧州選手権で二度優勝経験をもつ川口悠子氏が、なぜ日本でアリーナ・ザギトワ選手とエフゲニア・メドベージェワ選手が
    これほど人気を集めているのかについて語った。

    「彼女たちは単にとても美しいからです。現代のお手本ですね。いかにも外国人という外見をしています。いま日本ではちょうどスラヴ系や欧州系の顔が流行っています。
    これはフィギュアスケートだけに限ったことではありません。俳優の中でも人気トップにアジア系はほとんどいません。外見が全てを決めます。

    そもそもフィギュアスケートは日本でショービジネスに転換するのが速いです。フィギュアスケーターはポップスターのような扱いになります。
    日本のファンはどの選手も分け隔てなく応援するというのは神話であって、事実ではないですね。フィギュアファンがクレイジーになのはロシアだけではありません。

    日本の試合で羽生選手のファンの隣に座り、他の選手を応援してしまったり、羽生選手の演技を批判してしまったら、もうそれで終わり。
    アンチが多く、ファン戦争が多いです」という川口悠子氏の言葉をSport24が伝えた。

    https://jp.sputniknews.com/figure-skating/201911306879126/
    【ロシア人「なんで日本ではザギトワとメドベージェワが人気なの?」 元フィギュア選手が回答 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/29(金) 20:25:43.95 ID:SeZ2hZ5e9
    博報堂DYメディアパートナーズは27日、「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表し、五輪連覇で国民栄誉賞スケーターの羽生結弦(24=ANA)が総合ランキング1位となった。

    2位は21日に引退を表明した大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)、3位にはエンゼルスの大谷翔平投手(24)が入った。

     さらに4位に大坂なおみ(21)、5位に錦織圭(29)と日本テニス界の男女トッププレーヤーがトップ5入り。6位=長谷部誠(35)、7位=紀平梨花(16)、8位=リオネル・メッシ(31)、9位=本田圭佑(32)、10位=宇野昌磨(21)と続いた。

     また、各種ランキングも発表され、「知性的」部門はイチロー、「親しみやすい」部門では大坂、「さわやか」部門は羽生、「勢いを感じる」部門では紀平がそれぞれトップとなった。

    2019年03月27日 14:33スポニチ
    https://www-sponichi-co-jp.cdn.ampproject.org/c/s/www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/03/27/kiji/20190327s00079000251000c.html?amp=1&usqp=mq331AQPCAEoAZgB3YzeiO-ulqsg
    【【調査】<博報堂・アスリートイメージ」総合ランキング>五輪連覇で国民栄誉賞スケーターの羽生結弦が総合ランキング1位! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/03/23(土) 12:52:24.65 ID:Ax8VWlMi0 BE:123322212-PLT(13121)
    「沖縄っていう場所があると聞きました 休暇はそこに行きたいです」 ザギトワ

    さいたまアリーナでの世界フィギュアスケート選手権で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手は、フリープログラムの終了後の
    記者会見で、シーズンオフの後のリフレッシュ休暇プランを語った。

    「これからいくつかショーに出演することになっていて、その後、日本に行きたいと思っているんですけれど、えっと、沖縄っていいましたっけ? 
    そこにいってゆっくりしたいです。」

    ある女性記者からザギトワに、16歳ですでに世界チャンピオン、五輪金メダリストとなった少女がこの先何をしようと考えているか、という質問がとんだ。
    するとこれにザギトワはこう答えた。

    「私は将来どうなるか思いを巡らすことは好まない人間なんです。だって明日、1分後にどうなるかだって、私たちは知らないじゃないですか。
    だから今日一日を生きる方を私は選びます。ただ、これだけははっきりわかっているのは、私は戦い続けるということです。」

    全文
    https://jp.sputniknews.com/figure-skating/201903236068484/
    【ザギトワ「今度の休暇は、沖縄に行ってゆっくりしたい」 】の続きを読む

    1: サザンカ ★ 2019/03/22(金) 23:25:01.06 ID:/ep3dlJy9
    ザギトワ圧巻演技で初の世界選手権V 紀平4位、日本勢は表彰台ならず
    3/22(金) 21:26配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000210-spnannex-spo
    フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位発進のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が圧巻の演技を見せ、
    155・42点、合計237・50点で初の世界選手権優勝を飾った。

    SP4位の平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)は149・57点で合計223・80点だった。

    SP7位と出遅れた紀平梨花(16=関大KFSC)はフリーで巻き返した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と3回転トーループは見事に成功。
    2本目の3回転半ジャンプは転倒したが、その後のジャンプもきっちり着氷。笑顔で演技を終えた。
    フリー152・59点で合計223・49点をマークした。

    SP2位で全日本選手権女王の坂本花織(18=シスメックス)は145・97点、トータル222・83点。
    SP8位スタートで前回3位の宮原知子(20=関大)は、145・35点、トータル215・95点だった。

    公式順位
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0290.htm
    ショートスコア詳細
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0203.pdf
    フリースコア詳細
    http://www.isuresults.com/results/season1819/wc2019/data0205.pdf

    【【フィギュアスケート】世界選手権~さいたま ザギトワ(ロシア)が復活の世界一 紀平4位 坂本5位 宮原6位 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/03/20(水) 23:40:24.96 ID:B+GEDLI69
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190320/k10011855371000.html
    2019年3月20日 21時51分

    フィギュアスケートの世界選手権は女子シングル前半のショートプログラムが行われ、坂本花織選手が2位につけた一方、紀平梨花選手はトリプルアクセルに失敗して7位スタートとなりました。

    さいたま市で開かれている世界選手権の女子シングルには40人が出場し、20日は前半のショートプログラムが行われました。

    去年の全日本選手権で優勝した坂本選手は冒頭の3回転の連続ジャンプなど3つのジャンプすべてに成功し、スピンやステップでも最高評価のレベル4を獲得しました。

    さらに持ち味のスピード感ある演技で自己ベストを3点余り上回る76.86をマークし、2位につけました。

    一方、今シーズン出場した国際大会で6連勝中の16歳、紀平梨花選手は冒頭のトリプルアクセルがシングルアクセルとなるミスが出て、その後の3回転の連続ジャンプなどは決めたものの、70.90で7位と出遅れました。

    去年、この大会で3位に入った宮原知子選手は3回転の連続ジャンプの2本目が回転不足となり、70.60で8位でした。

    ピョンチャンオリンピック、金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワ選手が冒頭の難度の高い3回転の連続ジャンプを決めるなどミスのない演技で82.08の高得点をマークしてトップに立ちました。

    オリンピック銀メダルのロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手は74.23で4位でした。

    世界選手権 女子シングル後半のフリーは22日行われます。

    no title
    【【フィギュアスケート】坂本花織2位 紀平梨花7位 ザギトワ首位発進 世界選手権SP 】の続きを読む

    このページのトップヘ