博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 災害

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2019/01/12(土) 21:38:54.20 ID:7XXcP0or0 BE:135853815-PLT(12000)
    CGと見紛う不気味な巨大雲!天変地異の前触れか
    2019年1月12日 17時28分 テレ朝news

    no title


     空一面を覆う独特な形の巨大な雲。大きな板が幾重にも重なったような形で、側面はまるで階段のように見えます。

     アルゼンチンの首都ブエノスアイレス近郊で9日に撮影された映像です。雲が現れた後、アルゼンチンの気象庁は強風に注意するよう呼び掛けました。
    ミルフィーユのような雲は前線の通過に伴って方向が異なる風同士がぶつかり合い、発生した可能性が高いとみられます。
    また、気流が乱れているため、このような雲の下では突風が発生しやすいということです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15864531/

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=DTs-RWZ4KbE

    【【画像】空一面を覆う不気味な巨大雲 天変地異の前触れか・・・ 気象庁が注意呼びかけ 】の続きを読む

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/01/11(金) 22:34:53.05 ID:7iGfeCrd9
    自転車も「自賠責」必要か…高額賠償判決相次ぐ


     国土交通省や警察庁などは11日、自転車の事故による損害賠償の
    あり方を話し合う有識者検討会の初会合を開いた。各地の裁判所が、
    自転車事故を巡って高額の賠償を命じる判決を相次いで出しており、
    全ての車に加入義務がある自動車損害賠償責任保険(自賠責)のような
    制度の必要性についても議論する方向だ。

     都道府県や政令市レベルでは、自転車保険への加入を義務づける条例の
    制定が広がっている。しかし、現状では加入対象などが自治体ごとに
    異なっている。11日の検討会では、未制定の自治体が条例化しやすいよう
    モデルとなる条例案が示された。また、検討会では、委員から
    「(対人事故だけでなく)物損事故にも対応できる内容も検討すべきだ」
    といった意見が出された。

     神戸地裁は2013年、歩行者とぶつかった自転車を運転していた
    小学生側に約9500万円の支払いを命じるなど、全国で高額賠償の
    判決が相次いでいる。一方で、自転車を使う人たちが保険に入っていない
    ケースも多い。検討会は今後、保険の補償内容のほか、保険加入の義務化が
    必要かどうかなども議論していく。


    読売新聞(2019年01月11日 22時02分)
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190111-OYT1T50125.html 
    【【交通】自転車にも「自賠責」必要か…高額賠償判決相次ぐ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [CN] 2018/12/20(木) 17:17:37.34 ID:0ZtIZofS0 BE:155743237-PLT(12000)
    大寒波が年末襲来 クリスマス寒波より強い
    12/20(木) 16:34配信

    三連休はクリスマスイブから寒くなりますが、2018年の年末は今季最強寒波が襲来。
    日本海側を中心に大雪やふぶきの恐れがあり、名古屋や広島も雪予想。
    帰省は交通機関の乱れにも注意。

    no title


    (中略)

    年末寒波は レベルアップ

    そして、年末27日頃からは、クリスマスよりも一段と強い寒気が流れ込むでしょう。
    上空1500メートル付近では氷点下6度と、平地でも雪を降らせる目安となる強い寒気が、
    本州や四国、九州まですっぽり覆う予想です。
    2018年の年末寒波は、今シーズン最強寒波となる所もありそうです。
    このため、日本海側を中心に、大雪やふぶきとなるでしょう。
    今回は「強い寒気」が「太平洋側の広い範囲にも流れ込む」のがポイント。
    このため、28日は、名古屋や広島では予報に雪マークがついています。
    普段、雪に慣れていない所でも、雪が予想されているので、交通機関が乱れる恐れもあります。
    年末の帰省で、車で移動を予定していらっしゃる方は、念のために、冬の装備をご用意下さい。

    https://tenki.jp/forecaster/keiko_mochizuki/2018/12/20/3045.html
    【レベルアップした今期最強の大寒波が年末に襲来((( ´w` )))太平洋岸も積雪で交通脂肪 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/12/17(月) 17:09:28.08 ID:EKtG1zKt0● BE:448218991-PLT(14145)
    今回の爆発は、居酒屋や不動産会社の事務所などが入る2階建ての建物で起きたとみられていますが、
    札幌市消防局が調べたところ、この爆発で20棟の建物と、26台の車両に被害が及んでいることが
    わかりました。

    また、NHKが調べたところ、最も離れた場所では、現場からおよそ160メートル先の4階建てアパートでも
    3階の廊下の窓が窓枠ごと落下して、1階の駐車場に止めてあった車の後部ガラスに当たる被害が
    起きていました。

    このアパートに住むオーナーの男性は「9月の地震のときくらい揺れた気がしました。こんなに離れていて
    窓が外れるとは思いませんでした」と話していました。

    また被害は周辺に止めてあった車にも及んでいて、このうち現場からおよそ50メートル離れた先に
    駐車していた車は窓ガラスが粉々に割れ、車体の一部もへこんでいました。

    車の所有者の男性は「まさかここまで被害が及ぶとは思っていなかった。割れたガラスが車内に
    散らばっていて、もし車の中にいたら危なかった」と話していました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181217/k10011749811000.html
    【【驚愕】札幌スプレー爆発 20棟の建物と26台の車両に被害 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/12/16(日) 18:24:54.83 ID:CAP_USER9
    PayPayからのお知らせ

    クレジットカードに利用した覚えのないPayPayからの請求がきた
    身に覚えのないPayPayからの請求が発生している場合は、下記の点をご確認ください。

    ■PayPayを登録している場合
    PayPayアプリのレシートでご利用状況が確認できます。該当の利用がないか確認してください。

    <レシートの確認方法>
    1.アプリの左上のメニューアイコン[≡]をタップ
    2.画面上部中央に表示されている[レシート]をタップ

    レシート画面に表示されている各取引をタップすると決済番号などの詳細が確認できます。

    《参考》
    お支払い後のキャンセルについては、ご利用いただいた店舗の手続きが必要となります。
    恐れ入りますが、ご利用いただいた店舗へご連絡ください。

    ■PayPayを利用したことがない場合、レシートを見ても対象の履歴がなかった場合

    お客様の携帯電話やクレジットカードを知りえるご家族様や知人のかたの利用の可能性についてご確認ください。

    ご家族の方も含めてご利用にお心当たりがない場合は、ご利用のクレジットカードが不正に利用されている可能性がありますので、速やかにカード会社へご連絡ください。

    PayPay株式会社 2018年12月14日
    https://www.paypay-corp.co.jp/notice/20181214/01/
    https://support.paypay.ne.jp/consumer/s/article/10003

    【【PayPayからのお知らせ】見に覚えのない請求が来たら、ご家族様や知人の方の利用の可能性についてご確認下さい】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/12/13(木) 08:36:52.03 ID:AoTD/92M0 BE:837857943-PLT(16930)
    相次いで接近・上陸する台風や常態化する集中豪雨にも防災対策が求められる中、総合ランキング5位・富山、6位・長崎、
    9位・石川、11位・山梨、27位・群馬、33位・長野は他県と同じような回数の災害に見舞われていても、人的被害(死者、
    行方不明者など)や物的被害(全壊、床上浸水など)はそれぞれ50件以下と毎回少なく、風水害に強い数字が表れた。一方、
    豪雨の影響をモロに受けるのは土砂災害だろう。

    1位 滋賀/2位 佐賀/3位 香川/4位 徳島/5位 富山/6位 長崎/7位 福井/8位 鳥取/9位 石川/10位 高知/11位 山梨/
    12位 大阪/13位 青森/14位 三重/15位 奈良/16位 和歌山/17位 秋田/18位 愛媛/19位 島根/20位 愛知/21位 岡山/
    22位 山口/23位 宮崎/24位 沖縄/25位 宮城/26位 大分/27位 群馬/28位 広島/29位 福岡/30位 山形/31位 岐阜/
    32位 岩手/33位 長野/34位 栃木/35位 埼玉/36位 静岡/37位 京都/38位 東京/39位 茨城/40位 熊本/41位 北海道/
    42位 福島/43位 兵庫/44位 千葉/45位 神奈川/46位 新潟/47位 鹿児島

    ※災害実態をもとに週刊アサヒ芸能が作成

    https://www.asagei.com/excerpt/112607
    【災害に強い都道府県ランキング 1位滋賀 2位佐賀 3位香川 】の続きを読む

    このページのトップヘ