博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > ゲーム

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/09/20(木) 22:12:39.76 ID:Ktw33xbK0 BE:658442179-2BP(2500)
    任天堂、「反省」生かした第一歩 ゲームショウに初出展

    世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ」(TGS)が20日、千葉市の幕張メッセで始まった。
    今年は、これまでこのイベントと距離を置いていた任天堂が初出展している。業界関係者向けの限定的な商談スペースとは
    いえ、方針を転換した理由は昨年発売したゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売戦略にある。
    今年のゲームショウには、41の国・地域から過去最多となる668の企業・団体が参加。
    対戦型ゲームの競技「eスポーツ」が目玉で、会場では関連ソフトが披露されたり、対戦イベントが開催されたりと盛り上がりを
    見せている。
     そんな会場の一角に任天堂が今回、業界関係者向けの商談スペースを設けた。一般公開日に先立つ20~21日の
    「ビジネスデイ」の期間だけだが、出展は初めてのことだ。「歴史的な経緯を考えると、大きな一歩だ」(ゲームソフトメーカーの
    関係者)とされる。
     1996年に始まり、今回で28回目を数えるTGS。当時、ゲーム機で圧倒的なシェアがあった任天堂から独立する
    形でソフトメーカーらで立ち上げた経緯があり、任天堂はこれまで距離をとってきた。05年に岩田聡社長(当時)が
    基調講演をするなどの歩み寄りはあったが、出展したことはなかった。

     方針転換の背景にあるのは、「…

    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    https://digital.asahi.com/articles/ASL9N33XFL9NPLFA001.html
    【【TGS】任天堂が東京ゲームショウに初参加 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/09/19(水) 09:41:17.06 ID:0YjJI3S30● BE:439992976-PLT(16000)
    高知の中古ゲーム販売「キャンプ」 ロス新店好調 米進出で活路

    初代ファミコン、ゲームボーイ… シンプルさ人気
     中古ゲームソフトなどを扱う「おもしろランド キャンプ」(高知市仲田町、羽方義博社長)が今春、ロサンゼルス店をオープンさせ、業績好調だ。
    初代ファミコンやゲームボーイなどレトロゲームが人気で、日本からの出荷数は右肩上がりで推移。スマートフォンが台頭するゲーム販売業界にあって、輸出に活路を見いだす形となっている。 

     「おもしろランド キャンプ」は、羽方社長が1981年に土佐市で開業した玩具店が前身。テレビゲーム専門店に業種転換して高知市に出店し、1989年に法人化した。

     全国に先駆けて中古ソフトの買い取り販売を手掛け、ピーク時はフランチャイズも含めて県内外に約40店を展開。近年は店舗展開を直営店に集約し、国内では現在、高知市の新田店と東京・秋葉原の2店を運営する。...
    (この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。)

    https://www.kochinews.co.jp/article/216454/
    【【レトロゲーム】ロサンゼルスで初代ファミコン等のレトロゲームが大人気 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/09/19(水) 22:13:00.54 ID:CAP_USER9
     スマートフォン用ゲーム「アナザーエデン 時空を超える猫」運営は9月19日、同ゲームのガチャにおいて、特定のケースで再抽選を行うプログラムが組み込まれていたとして謝罪しました。これに伴い、現在はガチャ機能および「クロノスの石(課金アイテム)」の販売を全て停止しています。

     9月13日に発生していたガチャの不具合が発端となって発覚したもの。このときは一部のユーザーから「特定の時間帯にガチャを引くとほぼ最高レアばかり排出される」という報告があがっており、これについて調査を進めていくなかで、今回の内部プログラムの存在が発覚したとしています。

     抽選プログラムの内容は、「10連ガチャで同じ仲間(同一ID)が4体以上含まれる場合に再抽選される」「10連ガチャで★5クラスの仲間が4体以上含まれる場合に再抽選される」というもの。要するにガチャ結果が極端に「悪すぎた」あるいは「良すぎた」場合に、それをなかったことにして引き直すというもので、いずれもごくまれなケースであるとはいえ、表示されていた確率通りに抽選を行わず、プログラムによって抽選結果を操作していたということになります。

     同プログラムが組み込まれた理由については、前者は「お客様の不利益に繋がると危惧し」、後者は「ゲーム内の公平性を維持することを目的に」それぞれ実装していたと運営側は説明しています。組み込まれていた期間は、前者が2017年5月12日から現在まで、後者が6月29日から現在まで。運営側は対応として、これまでに再抽選が行われていたユーザーに対し個別に補填を行うほか、全ユーザーにクロノスの石1万個(約3万円分)などの配布を行うとしています。

     スマートフォン用ゲームのガチャを巡っては、以前から「ユーザーの見えないところで運営側が不正に排出率を操作しているのではないか」という疑惑があり、今回のケースは、状況としてはかなり限定されるものの、「確率操作が実際にあった」ということを証明してしまったとも言えます(もちろん、だからといって他のゲームでも同様に行われている、というわけではありません)。 

     「アナザーエデン」運営は今回の件を受け、「この度発生しておりました不具合につきましては、お客様皆様に対する配慮が至らず、ご不快の念をおかけし大変申し訳ございません」「お客様に今後も安心してお楽しみいただけますように再発防止に努めるとともに、その他にもいただいております不具合に関するお問い合わせにつきましては、継続して調査を続けてまいります」と謝罪しています。 

    9/19(水) 15:57配信 ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000073-it_nlab-sci 


    【【社会】スマホゲーム「アナザーエデン」、ガチャ不正操作で謝罪 「特定のケースで再抽選を行う内部プログラム」の存在が発覚★2 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [BR] 2018/09/16(日) 17:39:20.91 ID:6ECgmrsY0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    VRゲームを全身で体感する。そうした趣向の製品はすでにあるが、問題は「自宅に置けるか否か」である。
    テーマパークのアトラクション並の巨大機器は、豪邸に住んでいるというのならともかく一般的な家屋では設置不可能。
    しかしこの記事で紹介する「Feel Three」は、VRモーションシュミレーターをより小型化したものだ。自宅にいながらにして戦闘機を操縦したり、ロボットのパイロットになれるという。
    シートが設置された半球状のコクピット。Feel Threeは、我々がアニメの中で見たことのあるようなデザインである。
    ジョイスティック式のコントローラー、スロットル、そしてフットペダルも装備されている。
    これはゲーム内容に応じてカスタマイズ可能で、たとえばレースゲームの場合はジョイスティックではなくハンドルにすることもできる。
    半球コクピットは周囲360度はもちろん、最大100度のピッチとロールが可能。
    さすがに宙返りとまではいかないものの、より本物に近いドッグファイトは体感できそうだ。
    左右のアームレストは調整でき、よほどの巨漢でない限りプレイヤーの体格を問わない設計でもある。
    また、運動器具のランニングマシーンはいざという時のために緊急停止スイッチが備えられているが、Feel Threeにも同様のものがある。安全面の配慮も成されている。
    レースゲームの動きは、このFeel Threeならばほぼ完璧に再現できるだろう。ちなみに、現時点で80以上のタイトルをサポートしているという。
    Feel Threeはクラウドファンディング「Kickstarter」で出資を受け付けている。
    最安枠は1499ポンド(約21万8000円)とあるが、こちらは残念ながら締め切られてしまった。
    筆者が確認したところでは、1999ポンド(約29万円)の枠が残っている。もっとも、こちらも数量限定であるため注意が必要だ。

    https://techable.jp/archives/83215
    no title

    no title

    no title
    【ゲーミング環境を考える時、PCの性能やマンマシンインターフェースだけでなく椅子にもこだわりたいよな 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/09/15(土) 16:16:25.88 ID:N8nSX3JB0 BE:439992976-PLT(15000)
    「プロゲーマー」や「e-Sports」、「優勝賞金1億円強のゲーム大会開催!」などの言葉が飛び交い、ゲーマー以外もゲーム関連のニュースを目にすることが多くなってきました。

    特に大会運営に関しては、ゲーム企業やPC関連企業以外にも大手食品メーカーや携帯キャリア企業、テレビ局各局がプロチーム設立やスポンサードを行うなど、
    「ビジネスとして成立する」と見込んで参入する企業がかなり増えてきている印象です。

    ゲーム業界全体にとっては明るいニュースではあるのですが、そもそも本当にゲーム大会は「ビジネス」として成立するのでしょうか。
    我々ゲーマーはただ単にゲームを楽しんで、同じ熱量で、同じ熱狂を、同じ空間で共有したいだけなのに、よくわからない企業が「スポンサーです」といって登場…。
    さまざまな考え方や意見があると思いますが、今回はプロゲーミングチーム運営およびコミュニティイベントなどを開催する株式会社忍ismのチョコブランカさんに「ゲームイベントは儲かるのか?」というお話を聞きました。
    <略>

    https://www.gamespark.jp/article/2018/09/15/83819.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    【【e-sportsの闇】ゲームイベント(大会)は儲かるのか。イベント運営者に訊く 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/09/08(土) 06:35:48.33 ID:YYgNTymK0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    人気スマートフォンゲーム「ポケモンGO」は7日、直近で開催予定のイベントを北海道地域のみ中止すると発表した。
    イベントの順延や延期の予定はないとしており、被災地域の利用者への追い打ちなどと批判の声が多数あがっている。

    「ポケモンGO」の公式Twitterは7日、「9月8日(土)昼の12時から15時に開催を予定していた『ファイヤー・デイ』と、
    9月10日(月)に予定していた『EXレイド』は、地震による影響を考慮し、
    北海道地域のみ実施を中止とさせていただきます」と告知。
    また、「順延・延期の予定はございません」とのことで、今後も北海道でこれらのイベントを楽しむことはできない。

    「ポケモンGO」は外出してポケモンを探したりする必要があり、地震で大きな被害が出ている北海道で開催することは難しい。
    しかし、通常よりも強力で珍しいポケモンを入手できるイベントが北海道のみ開催されず、
    順延や延期の予定もないことに批判の声が多数あがっている。

    「延期してあげて下さい 北海道の人が可愛そうです」

    「地震で割食ってる地域にさらに追い打ちかける気ですか?」

    「いっそのこと、こういう日時指定のイベント、やめてほしい」

    「北海道だけハブるなよ。場合が場合なんだよ」


    「やるなら『日本地域での延期』でしょ?大阪かって大概やのに」

    「道民です。順延・延期しないのなら無理にでもやって欲しかった。。」

    「北海道だけが災害受けているわけではないでしょう。道民より。」

    「ポケモンのブランドイメージ下がった」

    「被災地を切り捨てた」

    「ポケモンGO」北海道地域のみイベント中止 順延・延期の予定もなく批判殺到「被災地域に追い打ち」
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0907/blnews_180907_5113768493.html
    no title
    【ポケモンGO、北海道だけイベント中止で批判殺到 】の続きを読む

    このページのトップヘ