博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 心理学

    1: しじみ ★ 2018/09/28(金) 10:53:22.88 ID:CAP_USER
    <大反響を呼んだドキュメンタリー番組をもとに、テレビプロデューサーが書き上げた『発達障害と少年犯罪』。衝撃的な事実を前に、私たちは何をすべきか>

    ※本記事は書籍の内容を紹介するものですが、編集部が付けた当初の記事タイトルは発達障害の方及びその関係の方たちへの配慮を欠くものでした。お詫びいたします。記事タイトルを変更しました(2018年9月21日22:15)。

    『発達障害と少年犯罪』(田淵俊彦、NNNドキュメント取材班著、新潮新書)の著者は、ジャーナリスト、テレビプロデューサー。番組制作会社プロテックスのディレクターとしてNNNドキュメントの番組制作を担当し、現在はテレビ東京制作局ドラマ制作部統括プロデューサーを務めている。

    そんな人物がNNNドキュメント取材班とともに書き上げた本書は、2016年5月15日に放映され大きな反響を呼んだNNNドキュメント「障害プラスα~自閉症スペクトラムと少年事件の間に~」の取材をもとに構成されたもの。



    タイトルからもわかるとおり、大きなテーマとなっているのは「発達障害と犯罪」。両者に直接の関係はないものの、発達障害をもつ子どもの特性が、彼らを犯罪の世界に引き込んでしまう傾向があることは否定できないという考え方を軸にしているのだ。

    そこで、矯正施設、加害者になった少年たち、彼らをサポートする精神科医、特別支援教育の現場などに徹底的な取材を行い、「負の連鎖」を断ち切るためにはなにが必要なのか、問題解決の糸口を探ろうとしている。


     確かに、「虐待によって犯罪行為に手を染めることが多くなるのは発達障害をもつ者だけではない」という意見は正しい。だが、私が限られた放送時間の中で描きたかったのは、「虐待→犯罪行為」という図式ではない。もちろん、少年犯罪の要因には、ネット社会や孤立社会、家族の絆の希薄化などもあるだろう。私はそうした数ある要因の中で発達障害に着目し、あくまでも発達障害の場合に絞った事例を検証したかったのだ。(「はじめに」より)

    「初期インパクトは強いが、情報量は少ない」テレビを通じて、すべてを明らかにすることは難しい。だからこそ、放送時に番組のなかで描ききれなかった事柄、語りつくせなかった真実を改めて紐解き、考えなおし、書籍化しようという意図には共感できる。

    しかし、そもそも発達障害とはどのようなものなのだろうか? ネットの掲示板などで、「あいつは発達障害だ」などという侮蔑的な書き込みを目にすることは少なくない。だが、そういうことを書きたがる人も、それ以外の人も、本当の意味でこの障害のことをきちんと理解できていないような気がする(自戒の意味も込めて)。

    なお、発達障害とは何かを解明するにあたって、著者は3つの事件を引き合いに出している。

    まずひとつ目は、当時15歳の女子高生が、同級生の女子生徒の後頭部を鈍器のような物で数回殴り、紐状の物で首を絞めて殺害した2014年7月の「佐世保女子高生殺害事件」。

    ふたつ目は、それから3カ月後の2014年10月、当時17歳の女子高生が、幼少期から激しい虐待を受けていた母親と祖母を殺害した事件だ。

    そしてもうひとつはその2カ月後の2014年12月、名古屋大学在学の女子大生(当時19)が、宗教の勧誘で知り合った女性を自宅アパートに誘い、斧で殴ったのちマフラーで絞め殺した「名古屋大学女子学生殺人事件」である。

    ちなみに名古屋の事件の加害者は、以前から人を殺すことに異常な興味を示しており、取り調べでも「子どもの頃から人を殺して見たかった」と供述したという。精神鑑定の結果、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」の可能性があると診断されるも、「刑事責任能力については問題ない」と判断され、起訴された。

    no title

    続きはソースで

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/post-10997.php
    【【精神医学】テレビで反響を呼んだ取材、『発達障害と少年犯罪』】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/15(水) 15:40:52.75 ID:CAP_USER
    ■重要なのは使命感や利他性を養う教育だ

    たとえば、寄付やボランティアをして、独特の幸福感を得た経験がある人は多いはずだ。経済学的に見れば、金銭的にも時間的にも「損」をしているのに、である。

    経済学はこれまで、経済的な損得勘定を中心に幸福について考察してきたのだが、特に超高齢社会では、寄付やボランティア、また家族や地域での助け合いが重要になっていくとすると、幸福について考え直す時期に来ているようである。このことについて、経済学は何を語っているであろうか。

    ■幸福の経済学とは何か

    経済学では、最近になってようやく、主観的幸福度のデータを用いた幸福の経済学が発展してきた。具体的には、「一般的に言って、あなたはどのくらい幸せですか?」あるいは「あなたの生活にどの程度満足していますか?」というような質問に対する回答を主観的幸福度として用いている。これが、幸福の経済学の分析方法の主流をなしている。

    幸福の経済学では、主として「幸福」を3つのグループに分ける。①感情としての幸福感、②生活満足度、③エウダイモニアである。①の感情としての幸福感は、瞬間的あるいは一時的な喜び、悲しみ、怒りなどのさまざまな感情の頻度と強度に関わる感覚である。

    ②の生活満足度は、自分の生活の消費と余暇の状態を評価する伝統的経済学で研究されてきた「効用(Utility)」の概念にほぼ対応すると考えられており、人生や生活全般などについての評価で捉える「幸福」である。

    ③のエウダイモニアは、前4世紀の哲学者のアリストテレスが論じたもので、本稿の目的のためには、使命感や利他性を獲得した人が共同体への貢献を喜ぶ幸福と言える。

    本稿では、まず幸福の経済学の研究成果からは、われわれ現代人には物質的な生活満足度を求める誘惑が大きいが、エウダイモニアを求めることでより幸福になれると考えられることを説明したい。そしてエウダイモニアを経験するためには使命感と利他性が重要と思われること、これらは大人になってからでも獲得できるが、子どものときからの教育が可能だし有効と思われることを説明する。

    赤ちゃんはお腹が満たされたら生活満足度を感じていると考えられるが、エウダイモニアは成長して学ぶものである。お母さんのお手伝いをして家族共同体に貢献することを喜ぶようになる子どもも多くいると思われる。しかし、一人でゲームをする楽しみの誘惑があまりに大きいと、お手伝いを早く終えてゲームをしたい気持ちが大きくなりすぎて、貢献する喜びをほとんど経験することなく成長する場合もあるかもしれない。

    物質的な満足度への誘惑が大きいわれわれ現代人は、エウダイモニアの経験が不足している場合が多いようである。このことを示す実験の例は、贈与や寄付などの行動が幸福度に与える影響の因果関係を調べたブリティッシュ・コロンビア大学の心理学者のエリザベス・ダンとハーバード大学のマーケティング学者のマイケル・ノートンらが、2008年に『サイエンス』誌に発表した研究である。

    続きはソースで

    東洋経済オンライン
    https://toyokeizai.net/articles/-/233198
    【【話題】行動経済学が解明を目指す「幸福」の正体】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/07/22(日) 23:23:28.84 ID:CAP_USER
    ■「先延ばしする人は優秀な人」だが、もちろん減らせたほうが人生はもっと充実したものになる

    ――「先延ばし克服の伝道師」ことチェコ人のピーター・ルドウィグは、世界中の文献を読み漁り、
    誰もが使える9つの克服ツールを開発した>

    ダイエットや禁煙、面倒くさそうな仕事は「後でしよう」「明日から」と、先延ばしをした経験が誰にでもあるはず。
    「先延ばし」は心理学、脳科学から行動経済学まで幅広い分野で研究対象となっており、人類にとって永遠のテーマである。

    このたび本国チェコをはじめ、ドイツ、フランス、ロシアなど世界各国でベストセラーになっている
    『先延ばし克服完全メソッド』が邦訳、刊行された(斉藤裕一訳、CCCメディアハウス)。

    人類の敵である「先延ばし」は完全にゼロにすることはできないが、減らすことはできる
    ――そう話す著者ピーター・ルドウィグは、先延ばしに打ち勝つために「9つのツール」を開発し、
    「先延ばし克服の伝道師」として世界中を飛び回っている。日本版刊行に合わせて来日したルドウィグに、
    先延ばしとは何か、どうすれば克服できるか、そして本書を執筆した経緯について聞いた。


    ■「先延ばし」と「怠惰」は異なる

    現代社会は先延ばしが起こりやすくなっている。情報化が進み、インターネットなどを介して大量の情報が一気に流入してくるが、
    人間の脳のキャパシティはインターネット誕生以前から変わらないため、情報処理能力がそのスピードに追い付くことができないのだ。

    それにより、物事の優先順位をつけられない「決断のまひ」という現象が起きており、どうしても先延ばしをしてしまうことになる、
    とルドウィグ。
    ただし、注意したいのは、「先延ばし」と「怠惰(たいだ)」は別物であることだという。

    「先延ばしとは、意図的、あるいは習慣的に物事を先送りすることです。
    ですから、最初からやる気がなかったり、単にだらだらしている人は先延ばしをしているとは言いません。
    ある物事をやり遂げようという意志はあっても、エンジンがかからずにいる人が先延ばしをしている人です」

    その「やる気のエンジン」をかけるためにルドウィグが友人と開発したのが、以下の9つのツールだ。

    ・自分のビジョン
    ・習慣リスト
    ・To-Doトゥデー
    ・To-Doオール
    ・ヒロイズム
    ・インナースイッチ
    ・フローシート
    ・ハムスターからのリスタート
    ・自己会議

    これらは全て、先延ばしに関する研究から生み出されたオリジナルのツールだという。
    メソッドの根幹にあるのは「クリティカル・シンキング」で、
    情報過多の時代に良質な情報を自ら選択していく能力を養うことを目的としている。
    ただし、これら9つのツールを全て使う必要はないとのこと。

    「一番使いやすいツールは『自分のビジョン』だと思います。
    目標を単に繰り返すだけでは、『目標中毒』になるだけです。例えば難関大学に入ることを目標にすると、
    合格した瞬間に目標を失うのと同じで、目標達成後のつかの間の喜びは続きません。
    そうではなく、その先にもつながる永続的な目標、
    つまり『自分のビジョン』を持つことによって『やる気』のエンジンをかけ続けることができるのです」

    一流アスリートや成功している実業家にとって、物事の遂行を可能にしているのは「つかの間の喜び」ではない。
    彼らは「自分のビジョン」を持ち、「フロー状態」、つまりそのビジョンに挑戦している過程が楽しく、
    没頭できる状態になっているのだという。

    続きはソースで

    no title


    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/07/10-48.php
    【【心理学】世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科学的メソッド】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/24(日) 21:32:43.07 ID:CAP_USER
    ■一人暮らしであるかよりも孤独かどうかが、早期死亡、メンタルヘルスの悪化に大きく影響する

    心臓は時に、心の状態に大きく影響を受ける。例えば、たこつぼ心筋症。失恋によって突然、
    激しい胸の痛みが引き起こされ、重い心筋障害の引き金となる場合がある。

    最新の研究によると、孤独と早死には強い関連があるという。

    アイルランドの首都ダブリンで開催された欧州心臓病学会で、
    コペンハーゲン大学病院のAnne Vinggaard Christensenとそのチームが、
    孤独と健康リスクの関連について発表を行った。
    心疾患、心不全、不整脈を抱える1万3463人を対象とした研究で、身体および心の健康状態、ライフスタイル、
    喫煙習慣、そして交遊関係に関するアンケートから得たデータが使用されている。

    なかでも交遊関係についての設問は、特に慎重にかつ綿密に作られた。
    孤独なことと1人でいることは同義ではないため、幅広く情報を集めることが重要だったからだ。
    アンケートは、1人暮らしか、孤独と感じたことがあるか、誰かと話をしたいと感じたことがあるかといった問いが中心になった。

    ■「テレビが1番の友人」は390万人

    「孤独はかつてないほど蔓延している。多くの人が1人で生活をしている」と、Christensenは言う。

    英デイリー・メールによると、アメリカの人口の4分の1は一人暮らし。孤独な45歳以上は約4260万人にのぼる。
    一方イギリスでは、390万人がテレビが1番の友人としている。

    Christensenによると「早期死亡、メンタルヘルスの悪化、生活の質低下には、
    一人暮らしであるかよりも孤独かどうかが男女ともに大きく影響する」。
    これは心臓疾患の種類に関わらず当てはまるそうだ。
    患者の年齢、教育水準、そのほかの健康上の問題と既往歴、BMI(ボディマス指数)、喫煙、
    アルコール摂取量を考慮し、差し引いても結果は同じだった。孤独は女性の場合には死亡のリスクを2倍に、
    男性の場合にも同程度まで高めると結論づけられた。

    さらに悪いことに男女問わず孤独は、生活の質を極端に低下させる悪影響もたらし、
    不安症と鬱病のリスクを3倍に高める。

    Christensenは「社会的支援を享受できていない人は、
    医療からも遠ざかり不健康なライフスタイルを送りがちになる。
    自分に対しての十分なケアができず、結果として『孤独=悪』という仮説の大きな裏付けとなる」と説明する。
    「我々は孤独がいまだかつてないほど当たり前の時代に生きていて、
    医療従事者はこの事実を受け入れ正しくリスクを評価しなければならない」

    孤独の健康被害はタバコ1日15本分に相当!?
    ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」オーストラリア版は、
    孤独と健康への悪影響の関連を発表した過去の研究にも言及した。
    たとえば、満足な社会的支援を受けていない場合、その被害はタバコを1日15本吸うのと同程度だという。
    孤独が炎症を悪化させるという報告もある。
    石器時代、1人でいることが脅威だったのを身体が覚えているのではないかというのだ。

    昨年8月には、孤独は肥満と同程度の健康被害をおよぼすという研究発表があった。

    いかなる理由にせよ、孤独は肉体面でも精神面でも悪影響をおよぼす。
    しかし、社会との関わりにより、早死のリスクは減らすことができる。
    人生の辛い時期を無事に乗り越えるために、
    周囲のサポートやネットワークを今一度見直すことが長生きへの第一歩かもしれない。

    ■孤独の健康被害はタバコ1日15本分に相当!?

    ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」オーストラリア版は、
    孤独と健康への悪影響の関連を発表した過去の研究にも言及した。
    たとえば、満足な社会的支援を受けていない場合、その被害はタバコを1日15本吸うのと同程度だという。
    孤独が炎症を悪化させるという報告もある。
    石器時代、1人でいることが脅威だったのを身体が覚えているのではないかというのだ。

    昨年8月には、孤独は肥満と同程度の健康被害をおよぼすという研究発表があった。

    いかなる理由にせよ、孤独は肉体面でも精神面でも悪影響をおよぼす。
    しかし、社会との関わりにより、早死のリスクは減らすことができる。
    人生の辛い時期を無事に乗り越えるために、
    周囲のサポートやネットワークを今一度見直すことが長生きへの第一歩かもしれない。

    no title

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2018/06/115-1.php
    【「孤独」は本当に心臓に悪い】の続きを読む

    このページのトップヘ