博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > 五輪

    1: スタス ★ 2020/02/15(土) 00:05:50.35 ID:9D/AMYdG9
    日本で新型肺炎による初めての死者が発生し、政府内では五輪中止が最悪シナリオとして懸念され始めている。
    国内で感染が拡大し、それが日本の対応能力への不信につながり、五輪開催が危ぶまれるとの悪夢だ。国の信認問題に加えて、経済的打撃も計り知れないとの懸念が強まっている。

    https://jp.reuters.com/article/corona-japan-idJPKBN20812O?feedType=RSS  
    【【速報】政府、東京五輪の中止を検討=新型コロナ拡大で】の続きを読む

    1: プロピオニバクテリウム(北海道) [US] 2020/02/07(金) 18:38:27.30 ID:WhQffon30 BE:422186189-PLT(12015)
    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は6日、
    「新型コロナウイルスによる肺炎の感染が続いているが、7月24日に開幕予定の
    東京オリンピックとパラリンピックは中止になることは絶対にない」と改めて明らかにしました。

    共同通信の報道によりますと、大会組織委員会は「あらゆる措置を講じて、感染症がもたらす
    脅威に対応していく。主として、まずは準備活動を順調に進めていけるよう、組織委員会の
    内部で感染を防ぐこと。続いて、開催期間中は選手の感染を予防し、万が一に備えて、
    予め対策案を講じるという二点に集中する」と表明しています。大会委員会筋はまた、
    スタジアムなどの人混みの集中する場所では、体温測定など簡単に健康診断ができる措置を
    講じることを考えていると示唆しました。

    これに先立って、安倍晋三首相は、「東京オリンピックとパラリンピックの準備活動が感染の
    影響を受けず順調に進められるよう、日本政府はWHO(世界保健機関)と密に連携をしていく」
    という考えを示しました。

    また、IOC(国際オリンピック委員会)は声明の中で、「IOCは新型コロナウイルスによる
    肺炎の感染状況について、WHOおよびその他の関連機関と情報を交換する」としたうえで、
    東京大会の成功に自信を示しました。(非、Yan)

    http://japanese.cri.cn/20200207/84f14027-e953-8f0d-67cb-de307ef2c4d7.html
    【IOC、東京オリンピックは日本封鎖、観客ゼロ、選手1人でも強行開催すると発表】の続きを読む

    1: ガーネットスター(東京都) [ニダ] 2019/12/19(木) 23:19:47.78 ID:BuhG46H70 BE:878978753-PLT(12121)
    札幌開催の五輪マラソン、変則的3周コースに決定

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、暑さ対策として札幌開催に変更された五輪の新たなマラソンコースを発表した。
    決定が先送りとなっていた後半部分については、約10キロのコースを2周することで決着した。

     新コースは変則的な3周コースで、女子は8月8日、男子が最終日の同9日、いずれも午前7時に市中心部の大通公園をスタートする。
    毎夏開催される北海道マラソンのコースがベースで、距離調整を兼ねて大通公園を2周してからさっぽろテレビ塔や北海道大キャンパスなどを
    通る約20キロを1周したのち、主にその北側半分にあたる約10キロを2周して大通公園にゴールする。

     前半の約20キロについては4日に関係機関で合意したものの、後半部分はコンパクトな約7キロのコースを3周する案を希望する世界陸連と、
    前半の約20キロをもう1周する案を主張する組織委で意見が分かれ、協議が続いていた。14日には世界陸連とIOCの担当者がコースを視察し、
    給水ポイントや周辺住民への影響などをチェック。最終的には両者が歩み寄る形で合意に至った。

     コースと日程が固まり、組織委などは準備を本格化させる。20日には札幌市や北海道などの協力を得て、同市内に準備拠点となる運営本部を発足させる。

    https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/191219/spo19121919380048-n1.html
    【札幌オリンピックマラソンが不評の悪寒しかしねぇ テレビ塔前を3周 名所がねぇのか 】の続きを読む

    1: ウンブリエル(大阪府) [US] 2019/12/12(木) 20:37:33.13 ID:teTHJQWz0 BE:329591784-PLT(12100)
    2020年東京五輪の聖火リレーで、ヒット曲「天城越え」などで知られる演歌歌手の石川さゆりさん(61)が聖火ランナ
    ーとして東京都内を走ることが12日、分かった。

    関係者によると、石川さんは来年7月10日、東京都内での聖火リレーがスタートする世田谷区内を走る予定という。

    https://this.kiji.is/577798260558480481
    【東京五輪の聖火ランナーに石川さゆり 】の続きを読む

    1: 宇宙定数(東京都) [TW] 2019/12/02(月) 18:53:41.89 ID:1a441Efv0 BE:416336462-PLT(12000)
    Q 2020年東京五輪で福島県産の食材は提供されるべき?

    https://rebrand.ly/19aaa
    海外さんの反応
    ・ああ、完全に安全だからね。
    ・どうして駄目なの?
    ・健康的。楽しんで。
    ・すべての検査に合格しているなら、駄目な理由がないだろ?
    ・放射線が検出されない限り、問題ない。
    ・誰かが持ち運びできる小さなガイガーカウンターを発明すれば、安全かどうか分かる。
    ・汚染水は海に漏れ出しているから、世界中で間接的に提供されていることになる。
    ・太平洋に放射線物質が廃棄されているのに、どうして心配するの?みんなが寿司で突然変異の魚を食べているけど、誰も夜に光っていない。
    ・福島県産の食材のほとんどが、影響を受けていない。
    ・影響を受けているのは福島県の一部だけ。特に原発近くの海岸地域。
    ・我々が食べられるのなら、アスリートが食べても問題ない。
    ・馬鹿馬鹿しい質問だな。少なくとも加工された肉よりは安全だ。
    ・好きにしてくれ。オリンピック開催期間中に私は東京にいない。
    ・なんて馬鹿馬鹿しい質問なの?売られているのだから、もちろん食べられる。
    ・こうやって「ゾンビによる世界の終末」が始まる。
    ・もちろんだよ!2017年に福島に行ったけど、食べ物は美味しかった!
    ・え?福島産の食材を食べないようにする運動なんてあったの?
    ・私は福島県産の肉や野菜を食べている。多くの人たちも同じだ。
    ・私は福島県産の食材を何年も食べているけど、問題なく歩けているよ。
    ・日本は先進国だから、食材はきちんと検査されている。検査に合格しているなら、食べても安全だ。
    ■駄目だ。ドーピングすることになる。
    【福島県産の食材は東京五輪で提供されるべきだと思う? 】の続きを読む

    1: 晴男くん(SB-Android) [US] 2019/10/18(金) 07:15:53.43 ID:fz14GCyp0 BE:971283288-PLT(13000)
    https://this.kiji.is/557520909162021985

    五輪マラソンと競歩、札幌開催へ
    IOC会長と組織委合意
    2019/10/17 20:30 (JST)10/17 20:31 (JST)updated
    ©一般社団法人共同通信社

     【ドーハ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、ドーハで2020年東京五輪のマラソンと競歩の会場について
    「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と述べ、既に二者間では札幌開催で合意に達したとの認識を示した。組織委の森喜朗会長も受け入れる考えを表明した。
    開催都市の東京都をはじめ札幌市などとの調整がまだ残っているが、札幌開催は確実な情勢となった。

     バッハ氏はドーハでの各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会で、「(札幌開催は)より涼しく選手の健康を守れる。これは大きな、そして重要な一歩だ」と発言した。

    https://this.kiji.is/557492218327221345


    森会長、マラソン札幌開催案に同意
    2019/10/17 18:14 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社



     東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は、五輪のマラソンと競歩を札幌市で開催する案について
    「暑さ対策の一環からみれば、やむを得ない。組織委として受け止めることは当然」と述べ、受け入れる考えを示した。
    【札幌五輪が正式に決定 】の続きを読む

    このページのトップヘ