博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 映画

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [SI] 2019/04/17(水) 21:10:10.77 ID:y+SEXoVB0 BE:123322212-PLT(13121)
    [映画.com ニュース]「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以降、毎年コンスタントに新作映画が公開されていた
    「スター・ウォーズ」シリーズだが、来年以降はしばらく休止となることが明らかになった。

    米エンターテインメント・ウィークリーの取材に対し、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長が明かしたもので、
    今後数年間、新作映画の公開をストップし、「この時間を費やして、新たなサーガをどこに導くべきかじっくり考えることになります」という。

    「エピソード9」となる「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」は、「フォースの覚醒」からの3部作の最終章となるだけでなく、
    「スター・ウォーズ」(1977)からのスカイウォーカー・サーガ全9作品の完結編と位置づけられている。そのため、新作を生み出すためには、
    まったく新しいキャラクター、新しい時間軸で「スター・ウォーズ」を創造しなくてはいけないそうで、「我々はただ単に次の3本の映画や、
    3部作だけを考えているわけではありません。我々が考えているのは、『次の10年間でどのような物語を紡ぐのか?』ということなんです」とコメントしている。

    すでに「最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督による新3部作と、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイター、
    デビッド・ベニオフとD・B・ワイスによる新3部作が発表されているが、ケネディ社長が「『ゲーム・オブ・スローンズ』が終了次第、
    彼ら(ベニオフとワイス)は『スター・ウォーズ』に本格的に取りかかってくれる予定です。すでに、ライアンとは一緒に作業をしてくれています」と言うように、
    2チームは別々ではなく、共同作業になる予定だそう。

    新たなサーガはまったく新しいタイムラインを舞台にしつつも、「ジョージ(・ルーカス)が生みだしたDNAをしっかり維持するつもりです」と、
    「スター・ウォーズ」らしさを守るとケネディ社長は約束している。

    「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」は12月20日全国公開。
    https://eiga.com/news/20190417/4/
    【【激烈悲報】スター・ウォーズ、来年から製作休止 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/04/04(木) 07:44:40.62 ID:rx8Kdzqd0● BE:792141984-2BP(2000)
    映画「ドラクエ」主人公は佐藤健!ヒロイン2人は有村架純と波瑠に、予告編も公開

    https://natalie.mu/eiga/news/326536
    【映画版ビアンカが別人になってて早くも大コケの予感 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2019/04/05(金) 21:01:25.53 ID:5NP0fCCW0● BE:842343564-2BP(2000)
    金曜ロードSHOW!:「さよなら平成 2週連続スタジオジブリ」 高畑勲監督命日に「平成狸合戦ぽんぽこ」放送
    https://mantan-web.jp/amp/article/20190404dog00m200052000c.html
    【今日の金ローは高畑勲の命日だからぽんぽこ!たまには柳川堀割物語やらグリーンゲーブルズへの道をやれ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [JP] 2019/03/30(土) 03:39:08.03 ID:abLGD1tt0● BE:842343564-2BP(2000)
    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』応援チーム募集を発表!エンドクレジットに名前も
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000022-flix-movi


    12月20日の劇場公開が決定したアニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のイベントが29日、テアトル新宿で行われ、出席した片渕須直監督、真木太郎プロデューサーから、同作の「応援チーム」発足および参加者募集が発表された。

    映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報第2弾

     女優・のんが、主人公・すずさんの声優を務め、大反響を呼んだアニメーション映画『この世界の片隅に』に約30分の新規映像を追加する本作。昨年12月の公開を予定していたが、想定していた以上に製作時間を要したため公開が延期。
    このたび12月20日に公開されることが発表された。

     片渕監督は登壇するなり「映画ができましたと発表する場ではないので……」と苦笑いを浮かべると「気合と根性がないと、ここには立てないですよね」と現在も鋭意製作中であることを明かす。
    さらに司会者から、公開延期の理由を問われると「昨年7月の段階では、頑張ればなんとかなると思っていたのですが、少数精鋭なので加速が利かない。
    日々ねちねち作り続けることでちゃんとしたものが出来上がるという考え。ダッシュして変なものを作るよりいいかなと思ったんです」と明かしていた。

     そんななか、イベントでは特報の第2弾が公開され、最後に「2019.12.20公開」と公開日も発表。片渕監督は「この時期まで製作が掛かるというわけではないんです」と説明すると、もともと延期前の公開が2018年12月だったと指摘。
    「以前にも話しましたが、第二次世界大戦というと8月というイメージがありますが、戦争は8月だけではない。ずっと続いている毎日と捉えてもらいたい」と語っていた。
     
     そして、前作ではクラウドファンディングによる「制作支援メンバー」募集が行われた同作だが、今回は「応援チーム」を結成。支援者が「応援チーム」に参加するとエンドクレジットに名前が掲載され、支援者の名前が入った名刺が配られる。
    それを配るなどして、作品の応援をするという仕組みだ(実費負担)。オフィシャルサイトによると、募集時期は5月下旬開始、7月末終了を予定している。
     
     「もうすぐ観られると思った方には申しわけありません」と謝罪した片渕監督。しかし、12月の公開までには、いろいろな試みで作品を盛り上げることを約束すると「ちょうど映画の冒頭のシーンは12月だったと記憶しています。そのころ、すずさんが装いを変えて皆さんの前に帰ってくると思っていただければ」とファンに向けてメッセージを送った。(磯部正和)
    【【サグラダファミリア】この世界の片隅に拡張版「(さらにいくつもの)」12月20日公開決定 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/03/15(金) 14:52:51.74 ID:SAkyewZg9
    2019年03月15日 テレビ

     15日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、午後9時放送)は、今と昔のプロ野球を徹底比較する「OBvs現役 プロ野球好珍バトル2019春」を放送する。「激痛デッドボール」や「うっかりエラー」「面白ヒーローインタビュー」「“神技”好プレー」など、OB選手と現役選手が時代を超えた好珍プレーを紹介する。MCは人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん、お笑いコンビ「さまぁ~ず」が務める。

     好珍プレーを、大物が別角度から解説。乱闘時の身の守り方をプロレスラーの武藤敬司選手、ファインプレーの数々を俳優・藤岡弘、さんが分析。野球知識ほぼゼロのギャル軍団や、園児に珍プレーを見せて、笑ってくれるかなど検証する。

     プレーヤーズゲストとして、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手、広島東洋カープの菊池涼介選手と松山竜平選手、読売ジャイアンツの炭谷銀仁朗選手と田口麗斗選手、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中和基選手、北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手、阪神タイガースの西勇輝選手が出演。赤星憲広さん、里崎智也さん、中畑清さん、長谷川滋利さん、山本浩二さんが解説する。

     次週22日は、劇場版人気アニメ「名探偵コナン 世紀末の魔術師」を放送する。

    https://mantan-web.jp/article/20190314dog00m200061000c.html
    【金曜ロードSHOW!:OB選手と現役選手の時代を超えた好珍プレー 「プロ野球好珍バトル2019春」放送 2019/03/15 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/03/11(月) 18:15:14.32 ID:pVwm3eh10 BE:448218991-PLT(13145)
    先月22日に公開された、GACKT(45)二階堂ふみ(24)主演の映画「翔んで埼玉」の興行収入が、
    10日までで、15億3444万4100円となった。動員数は118万1040人。第3週の週末の興行収入は
    前週比104・4%と異例の大ヒットとなっている。

    土日だけでなく、平日もシニア層から子どもまで幅広い来場者が訪れており、リピーターも
    相次いでいることがヒットの要因だという。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903110000551.html
    ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
    【翔んで埼玉 異例の大ヒット リピーターも相次ぐ 】の続きを読む

    このページのトップヘ