博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > バドミントン

    1: ひかり ★ 2018/10/13(土) 15:29:14.85 ID:CAP_USER9
     バドミントンの世界選手権男子シングルス王者の桃田賢斗(24)=NTT東日本=が13日、デンマークオープンへ向けて成田空港から出発した。
    5月の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での合宿中、女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀(25)=岐阜トリッキーパンダース=が
    ドーピングの抜き打ち検査時に自室ではなく桃田の部屋にいた騒動について初めて言及。

     「お騒がせして本当に申し訳ないと思っています。自分の軽率な行動によって、回りの方にまた迷惑をかけてしまったことを反省して、生活、行動に
    気をつけていきたい」と謝罪した。両選手は日本協会から、すでに注意を受けている。「表現出来るものは自分はそこ(バドミントン)しかないので。
    そこで示していきたい」。ひたむきにプレーを続けながら、信頼回復に努めていく。

     世界ランク1位になってから最初の試合となるデンマークオープン初戦で、ジャカルタ・アジア大会3回戦、中国オープン決勝と連敗中のアンソニー
    シニスカ・ギンティン(インドネシア)と対戦する。「前の反省を生かして納得いくプレーがしたい」と、気を引き締めた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000162-sph-spo
    海外遠征出発前に成田空港で取材に応じた桃田
    no title



    【【バドミントン】桃田、福島との“同室行動”を謝罪「また迷惑をかけてしまいました」】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/10/10(水) 21:09:55.10 ID:CAP_USER9
     違法カジノ店通いが明るみに出て、バドミントン・桃田賢斗選手(24)に無期限の試合出場停止処分が下されたのは一昨年4月のことだった。「謹慎」が明けて以降の
    目覚ましい活躍は知られたとおりだが、またもバド協会から厳重注意を受ける“事件”を起こしていた。

     ***

     舞台となったのは、東京都北区にある『味の素ナショナルトレーニングセンター(トレセン)』。男子と女子が集って今年5月に行われた日本代表強化合宿中の
    出来事である。

     文部科学省が374億円を投じて建設したこのトレセンには、延べ床面積約3万平方メートルの屋内トレーニング施設のほか、食堂、そして宿泊施設も完備されている。

    「そのトレセンでの強化合宿中の、早朝6時頃のことでした。『日本アンチ・ドーピング機構(JADA)』の検査員が、バドミントン日本女子代表のある選手に
    抜き打ちのドーピング検査を行おうとしたところ、彼女はトレセン内の宿泊施設であるアスリートヴィレッジの自分の宿泊部屋にいなかった」

     と明かすのは、協会関係者だ。この女子選手とは、女子ダブルス日本代表の福島由紀(25)。関係者の証言にあるとおり、JADAのドーピング検査は確実に
    その選手がいる場所と時間を選び、事前の予告なしで行われる。

     当の福島選手が姿をくらましたことで、代表コーチたちは一時騒然となったというが、防犯カメラがすべてを目撃していた。

    「カメラに写っていたのは、桃田の部屋から出てくる福島の姿でした。誰もが『夜這い』という言葉を思い浮かべました――」(トレセン関係者)

     合宿では桃田、福島、ともにひとり部屋が用意されており、密室でふたりだけの時を過ごしていたということになる。“若気の至り”ではあるが、JADAには
    迷惑を掛けた格好で……。

     当の桃田は取材に、

    「あの、広報の方に連絡してもらって……」

     と歯切れの悪い答え。所属先のNTT東日本は、

    「協会から、福島選手と自室で話をしていたことについて厳重注意を受けたことは事実です」(広報室)

     と、「同室騒動」は認めつつ、「話をしていた」だけとの回答だった。10月11日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

    「週刊新潮」2018年10月18日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00549956-shincho-spo 
    【【新潮】バドミントン桃田賢斗、今度は合宿所で女子選手と密会 協会から厳重注意】の続きを読む

    3: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [ニダ] 2018/08/27(月) 21:04:47.85 ID:VK2GULtr0
    やった!日本準優勝おめでとう 


    【【速報】バドミントン女子ダブルス銀メダル 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/08/05(日) 15:57:08.76 ID:CAP_USER9
    <バドミントン:世界選手権>◇5日◇中国・南京◇女子ダブルス決勝

     女子ダブルス世界ランク9位の松本麻佑(22)、永原和可那(22=北都銀行)組が、福島由紀(25)、広田彩花(24=岐阜トリッキーパンダース)との史上初の日本人ペア対決を2-1で制し、77年の栂野尾悦子、植野恵美子組以来となる41年ぶりの金メダルを獲得した。

     松本が177センチ、永原が170センチという世界屈指の長身ペア。結成当初からけんかが絶えなかったが、昨年12月に所属先の先輩、米元、田中組のスーパーシリーズファイナルでの優勝に刺激され、発奮。今年から初のA代表に選ばれ、合宿で高橋、松友組、福島、広田組ら世界トップの先輩と打ち合い、技術を磨いた。

     北都銀行の原田俊雄総監督は「永原はサーブが下手で、松本は足を使わず打ったりする。欠点だらけで、その分伸びしろがいっぱい」と話す。高さと勢いを武器に、11シードのノーマークから世界一となった。

    8/5(日) 15:44配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00290503-nksports-spo
    【【バドミントン】日本ペア対決制しナガマツ初V、日本勢41年ぶり金 / 世界選手権 女子ダブルス 】の続きを読む

    このページのトップヘ