博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > レジャー

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2019/03/10(日) 14:31:44.80 ID:EpY9IGCx0● BE:121394521-2BP(3112)
    埼玉の秘境にムーミンパーク…北欧流に勝算は?

    フィンランドの人気童話「ムーミン」をテーマとする「ムーミンバレーパーク」が3月16日、埼玉県飯能市の宮沢湖畔でグランドオープンを迎える。
    9、10日には、同市へのふるさと納税寄付者らを対象に先行開業。ムーミンの物語を再現した施設をのんびりと体験できるのが「売り」だ。ドキドキの絶叫マシンや大型アトラクションなどはなく、“ほっこり型”のテーマパークに勝算はあるのか。
    テーマパーク研究家の芳中晃氏に解説してもらった。

    全文はソース

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010000-yomonline-bus_all
    【臭い玉の魔境にムーミンパーク…北欧流に勝算は? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/03/11(月) 20:47:08.90 ID:3YMB2D3T0 BE:123322212-PLT(13121)
     旅行業界の今年上半期の目玉トピック「ゴールデンウイーク(GW)10連休」が間近に迫ってきた。旅行会社各社の予約動向で好況が伝えられるなか、
    楽天トラベルはGW(4月27日?5月6日宿泊)の国内家族旅行の予約伸び率ランキングを発表。子どもたちをひきつける施設や話題、体験を擁する
    地域がしっかりと好機をつかんだようだ。

     期間中の予約人泊数からランキングを算出。宿泊構成別で「子連れ」の前年からの伸び率が3倍と最高になるなど、前代未聞の長期連休は
    家族連れの旅行意欲を大きく刺激している。

     ランキング1位は金山・熱田・千種・ナゴヤドーム(愛知県)で前年同期比608.8%増。「レゴランド」「名古屋港水族館」など話題の家族向け施設を
    多く有する名古屋周辺という地域性が人気に直結した。

     2位は倉吉・三朝温泉(鳥取県)で同594.9%増。鳥取県は人気アニメの舞台となっており、同県を縦断しての“聖地巡礼”の旅が話題を集めている。

     3位は越後湯沢・苗場(新潟県)の同565.2%増、4位はルスツ・ニセコ・倶知安(北海道)の同545.2%増でいずれも冬場スキーで賑わうエリア。
    自然体験は家族連れの人気がやはり高い。5位は糸満・豊見城・南城(沖縄県)で同474.7%増。
    http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=84622
    【今年のGW、家族旅行で名古屋に行く人が急増 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [ニダ] 2019/02/28(木) 20:04:45.31 ID:O02XI4Wm0 BE:784885787-PLT(15000)
    スタジオジブリ作品の世界観を再現する「ジブリパーク」が2022年秋、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で
    一部開業する。愛知県は新年度、予定地の既存施設の撤去に着手する。また、近くの愛知県立芸術大に21年4月、
    アニメや映画産業の担い手を育成する「メディア映像専攻」を新設する。

     県によると、ジブリパークを構成する五つのエリアのうち、屋内型の「ジブリの大倉庫エリア」の建設準備のため、
    旧温水プール棟内の設備などの撤去を始める。混雑が予想される周辺の交通対策も関係機関と協議する。
    ジブリパークの実施設計費などを含め、新年度予算案に約9億6412万円を計上した。

     「メディア映像専攻」は、愛知県立芸術大美術学部デザイン・工芸科に設ける。
    世界的なクリエーターの育成を目指し、ジブリパークの活用も視野に入れる。新年度予算案に、
    映像スタジオ棟の実施設計費など2235万円を盛り込んだ。(堀川勝元)

    2019年2月26日12時51分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM2Q3671M2QOIPE006.html
    no title
    【愛知県ジブリパーク始動 県税投入9億円 2022秋一部開業 レゴランドの仇は長久手で返す 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2019/02/23(土) 15:13:08.33 ID:fxCnOwnC0 BE:837857943-PLT(16930)
    新幹線、全車両に無料Wi―Fi 訪日客の要望多く
    20年度までに
    鉄道各社が車内や駅構内での無料Wi―Fiの整備を進めている。JR各社は2020年度までに、ほぼすべての新幹線の車両と駅に導入を終える。
    東京メトロも20年夏までに全ての車両でサービスを提供する計画だ。訪日客からの不満が多い無料Wi―Fiの未整備を解消し、
    利用者の拡大につなげる狙いがある。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41611390S9A220C1MM8000/
    no title




    no title
    【『のぞみ』 停まる必要なさそうな駅とは? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [FR] 2019/02/22(金) 11:21:07.19 ID:U2+XuLvs0● BE:887141976-PLT(16001)
    タカラトミーが2月28日に発売する「ザ・昭和シリーズ」の第一弾『昭和スマアトテレビジョン』、
    『昭和レコードスピーカー』、『昭和ミニラジカセ』。
    以前簡単にリリースを紹介させて貰ったが、編集部で発売前のサンプルを借りることが出来たので
    実際に商品を紹介したい。

    ■昭和スマアトテレビジョン
    『昭和スマアトテレビジョン』はレトロな雰囲気を楽しむ事ができる動画視聴プレイヤーだ。
    専用のアプリをスマートフォンにダウンロードしスマートフォンを『昭和スマアトテレビジョン』にセット。
    動画はYouTubeの中から自由に選ぶことが可能。
    モノクロ―、昭和、カラー、ハイビジョンから選ぶことが可能。視聴していると砂嵐になるのでテレビを
    叩くことにより砂嵐が直るぞ。
    (製品概要は記事参照)
    no title

    no title


    (つづく)

    http://gogotsu.com/archives/48450
    no title
    【タカラトミーのミニチュア昭和家電ガジェットが激アツ! おまえらは何出してほしい? 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [GB] 2019/02/22(金) 20:57:15.58 ID:ZzX8Fzb50 BE:844481327-PLT(12345)
    夜明け前の車両基地にはSF映画のような光景が広がっている。
    赤いテールランプをともし、出番を待ち静かに並ぶ新幹線。かばんを抱えた運転士が足早に車両へ向かった。
    新幹線が宇宙船ならば運転士は宇宙飛行士だろうか。
    どこか非現実的とも思える光景に、想像は膨らむ。氷点下の冷えこみも忘れて、夢中でシャッターを切った。

    「かがやき」や「あさま」など4種類の愛称で親しまれている北陸新幹線。長野新幹線車両センター(長野市)には、深夜から早朝にかけて、運行を終えた車両が整然と並ぶ。
    愛称や車種がバラエティーに富む東北新幹線などと異なり、北陸新幹線は外見が一緒のE7系(JR東日本)とW7系(JR西日本)だけだ。そのため、同一デザインの列車が集結すると、独特の風景ができあがる。

    午前5時ごろ、白い息を吐きながらやってきた運転士は、車止めを外して運転席に乗り込んだ。
    機器の点検を終えると遠慮がちに汽笛を鳴らし、長野駅に向けてゆっくりと動き出した。
    この後、6時過ぎまで次々と列車が出発し、隊列は崩れていく。

    日中は、東京と長野や金沢との間を行き来するため、車両センターに並ぶ列車は数本しか見当たらない。
    JR東日本長野支社によると、車両が整列するのは、終電後の午前2時ごろから数時間だけという。

    深夜に限って見られる宇宙基地のような光景。鉄道ファンにもあまり知られていない、隠れた撮影スポットだ。(写真報道局 桐原正道)

    https://www.sankei.com/photo/photojournal/news/190217/jnl1902170002-n1.html
    no title

    no title

    no title
    【【画像】まるでSF映画 夜明け前の新幹線車両基地の様子をご覧ください 】の続きを読む

    このページのトップヘ