博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:スポーツ > 陸上

    1: ハバナブラウン(北海道) [US] 2020/01/03(金) 20:14:19.09 ID:3XkPEifk0 BE:422186189-PLT(12015)
     往路7位の創価大は10時間58分17秒で総合9位。同大初のシード権を獲得した。
    11位でタスキを受けた10区の嶋津雄大(2年)が1時間8分40秒の区間新記録を叩き出す爆走。9位まで順位を上げてフィニッシュした。

     流行の厚底シューズとは違うメーカーの靴を履いた嶋津は、左太もも裏がつりかけながら何度も患部を叩いて鼓舞。
    2人を抜き去り、シード圏の9位でゴールになだれ込んだ。
    区間賞の力走を見せ、「みんながつないだ思いを乗せて走り切れた。うれしくて、幸せ」と振り返った。

     2年の嶋津はチーム内でライトノベルを描く“作家”としても有名。
    大学入学後にペンを執り、陸上競技と異世界のコラボレーションを描いた短編作品がこのほど完成したという。
    争いの起きた異世界で平和の象徴である陸上競技を通じ、「女子を勝たせる」という独特の世界観を表現。
    ペンネーム「アイランズ」で4月の電撃文庫の新人賞に応募予定で、こちらの大成も目指している。

     ランナー兼ライトノベラー。くしくも、大会前に榎木和貴監督に提出した目標設定用紙には「シード圏でゴールテープを切る。俺の勝利を目指す」という趣旨の小説がコンパクトに書かれていたという。
    指揮官は「他の選手は設定タイムなどを書いたが、嶋津だけは唯一、短編小説を書いてきた」と苦笑いするが、指揮官の期待にも応える走りで最高の結果を出した。

     嶋津は網膜色素変性症という病とも闘っていた。暗闇で目が見えにくくなるため、日の出の遅くなる冬場の朝練習を積むことが難しかった。
    若葉総合高時代は70メートルほどの校舎の廊下を走るだけだった。練習環境にも恵まれた創価大を選択し、しっかり練習を積めたことが実を結んだ。
    嶋津は「一歩踏み出せない人に勇気を与えられた」と感無量の様子だった。

     難病とも向き合う箱根ランナーが大逆転でチームを救う奇跡のストーリーを完結させた。
    最高の筋書きを自ら演じた嶋津は「主人公のような走りができた」と夢心地に浸っていた。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/01/03/kiji/20200103s00063000266000c.html
    【創価大の嶋津くん、ただ1人ナイキのカーボン板バネ搭載ジャンピングシューズ履かず箱根10区の新記録】の続きを読む

    1: あかりちゃん(兵庫県) [ニダ] 2019/10/12(土) 18:48:55.23 ID:wUbUuI4Y0 BE:292723191-PLT(19081)
    マラソンで2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が非公認の記録ながら、人類で初めて「2時間の壁」を突破した。

    12日、ウィーンでの2時間切りにチャレンジにするレースで、1時間59分40秒で走った。

    42キロすぎ。キプチョゲは記録を確信すると、歴史の証人となる沿道の観客を盛り上げるように、何度も腕を突き上げた。
    大きな喝采を浴びながら、フィニッシュラインを駆け抜けた。
    タイムは驚異の1時間59分40秒。非公認とはいえ、人類で初めて、42・195キロを2時間切りしたことには変わりない。
    限界と言われていた壁を超えてみせた。フィニッシュしても、余力はたっぷり。
    輪になった仲間から担ぎ上げられ、笑顔で歓喜に浸った。その後、ケニアの国旗を掲げ、集まった観客の前を走り回った。

    キプチョゲは10キロを28分20秒、20キロを56分47秒、30キロを1時間25分11秒、40キロを1時間53分36秒で通過した。
    https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201910120000726.html
    no title

    no title
    【人類初!マラソンで2時間の壁を突破!キプチョゲ(ケニア)1時間59分40秒 】の続きを読む

    1: ニーニーφ ★ 2019/09/15(日) 13:56:32.86 ID:Z93yu1sZ9
     東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内であり、
    女子の前田穂南(23)=天満屋=が2時間25分16秒で優勝し、代表に内定した。
    20キロ過ぎからスパートして独走状態に持ち込み、自身初の五輪代表切符をつかんだ。記録は速報値。

     名門のホープが輝いた。
    2012年ロンドン五輪まで4大会連続で選手を送ってきたチームにとっても2大会ぶりの代表輩出となった。

     強豪の大阪薫英女学院高出身だが、全国高校総体に出られず、全国高校駅伝も補欠続きだった。
    だが、安田功監督からは「手足が長いから必ず伸びる」と言われていたという。
    166センチと日本の女子長距離ランナーの中では長身で、しなやかな走りが持ち味だ。

     15年に天満屋に入社し、「やったことない練習ばかり。たくさん練習して、力がついてきているのかな」と語っていた。
    その練習を支えたのが食事だ。「他の選手の3倍は食べる」と武冨豊監督。
    よく食べ、よく練習した00年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さんのように人一倍のエネルギーを蓄えてトレーニングを重ね、才能が開花した。

     23歳とまだ若く、約1年後の本番まで伸びしろを残す。一昨年夏の北海道マラソンを制してMGC進出第1号となり、
    昨年1月の大阪国際女子マラソンでは自己ベストを2時間23分台に伸ばした。
    暑さへの耐久性とスピードを兼ね備えたニューヒロインが誕生した。【新井隆一】


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000025-mai-spo

    【【マラソン】MGC女子は前田穂南(天満屋)が独走で優勝!2位鈴木亜由子(日本郵政G) 2名が東京五輪内定 猛追届かず小原3位】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/15(日) 12:15:55.07 ID:Up9NaA4P9
    マラソングランドチャンピオンシップ(15日、明治神宮外苑発着)東京五輪のマラソン代表選考レース。昨年10月のシカゴで2時間5分50秒の日本記録を樹立した大迫傑(28)=ナイキ=は2時間11分41秒で3位に終わり、今大会での東京五輪代表はならなかった。

     「予想通りの展開だった。後半に足が残っていなかった。最低限の最低限、つなげた」

     40キロ以降は中村匠吾(26)=富士通、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=とのマッチレースとなった。「自然と力を使ってしまって、後半に出た。優勝を狙っていたけど中村、服部選手が足をためていて完敗だった。最低でも2番を考えていた」と肩を落とした。2位の服部に5秒届かず、「中途半端な順位。しっかりとやっていきたい」と前を見据えた。

    9/15(日) 11:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000524-sanspo-spo

    写真no title
    【【マラソン】<大迫傑>五輪代表まで5秒届かず3位「中途半端な順位。最低限の最低限」/MGC 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/15(日) 12:06:55.89 ID:Up9NaA4P9
    15日の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、男子の前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は14位に終わり、五輪代表の内定はならなかった。

     「やるしかない、と。行けるところまで行こうと決めていた」とスタート直後に飛び出して独走し、一時は後続に2分以上の差をつけた。だが、「25キロ付近できつくなった」。37キロ付近で9人の集団に捉えられ、追いすがる力は残っていなかった。

     東京五輪の代表は3枠で、優勝した中村匠吾(富士通)、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)は内定。残り1人は今後の指定大会で大迫傑(ナイキ)の持つ日本記録2時間5分50秒をクリアした選手のうち、最もタイムがよかった選手が選ばれる。設楽が五輪に出場するには、今後の指定大会で日本記録を出す必要がある

    9/15(日) 11:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000025-asahi-spo

    写真
    no title
    【【マラソン】<設楽悠太(ホンダ)>序盤快走も..失速14位「25キロできつくなった」 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2019/07/21(日) 00:17:12.16 ID:GHLL70/o0● BE:844481327-PLT(13345)
    陸上の小池祐貴選手が、イギリスで行われた国際大会ダイヤモンドリーグの男子100メートル決勝で9秒98の自己ベストをマークしました。

    小池選手は、追い風0.5メートルのなかみずからの記録を0秒06縮め、9秒98のタイムでフィニッシュし初めての9秒台をマークしました。

    日本選手が男子100メートルで9秒台を記録するのは、桐生祥秀選手、サニブラウンアブデル・ハキーム選手に続いて3人目です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190721/k10012000661000.html
    【【速報】陸上男子100mの小池祐貴選手が9秒98  】の続きを読む

    このページのトップヘ