博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 深海

    1: 一般国民 ★ 2019/08/09(金) 15:35:09.62 ID:CAP_USER
    奇妙な深海生物スケーリーフットが絶滅危惧種に 熱水噴出孔に固有の生物では初の認定
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/072400429/
    2019/7/24
    NATIONAL GEOGRAPHIC,https://natgeo.nikkeibp.co.jp/

    【科学(学問)ニュース+、無条件公開記事のみ】

    (画像)巻き貝の仲間スケーリーフットを下から見たところ。(提供:JAMSTEC)
    no title

     体が金属のウロコで覆われたような、奇妙な深海生物スケーリーフット(学名:Chrysomallon squamiferum、和名:ウロコフネタマガイ)が7月18日、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにおいて、絶滅危惧種(Endangered)に指定された。

     スケーリーフットは、深海の熱水噴出孔だけに密集して生息する巻き貝の仲間。熱水噴出孔でしか確認できていない深海生物がレッドリストに記載されるのは今回が初めてだ。(参考記事:「白いスケーリーフットを発見!その瞬間、全身に稲妻が走った」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20110712/277345/

    ・70%が「熱水固有種」
    「熱水噴出孔にすむ動物は現在、数百種が知られていますが、そのうち実に70%以上が熱水に適応し“すぎて”、そこ以外では生きられないスケーリーフットなどの『熱水固有種』です。しかも、それぞれの熱水サイトの面積は小さいため、環境変化の影響を受けてサイト自体が破壊されやすいのです」と、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究員チョン・チェン(Chong Chen)氏は言う。氏は、7月22日付けで学術誌「Nature Ecology & Evolution」に、スケーリーフットのレッドリスト記載と深海生物の多様性保護についての記事を掲載した。

     現在、スケーリーフットの生息が確認されているのは、インド洋の水深2400~2900メートルにある3カ所の熱水噴出域のみ。それぞれの生息域は小さく、互いに離れているために個体が行き来することもほとんどない。

    (画像)熱水噴出孔。「チムニー」と呼ばれる煙突状の構造物などから熱水が噴き出す。(提供:JAMSTEC)
    no title


    次ページ:さらに14種の深海生物を提案

    ■■以上が無条件公開記事 
    【【動物/深海】奇妙な深海生物スケーリーフットが絶滅危惧種に 熱水噴出孔に固有の生物では初の認定 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/12/14(金) 13:54:31.71 ID:CjBOER3R0 BE:439992976-PLT(15000)
    6千メートル超深海のエビはどんな形?「彩虹魚」着底装置マリアナ海溝に潜る

    【12月13日 Xinhua News】
    2018年度マリアナ海溝海上試運転・科学調査チームを乗せた科学調査船「沈括」号は現在、
    世界で最も深いマリアナ海溝で調査活動を行っている。

    今回の航海で科学試料の採集と海底撮影の任務を担う「彩虹魚」着底装置(ランダー)は、
    西太平洋の深海6000メートル近くで深海生物の撮影を行い、その様子が公開された。
    (c)Xinhua News/AFPBB News


    http://www.afpbb.com/articles/-/3201565

    http://www.afpbb.com/articles/-/3201565?pid=3201565001
    no title

    no title

    no title
     
    【【超深海生物】ABCからCを取ったらエビ♪【写真】 】の続きを読む

    このページのトップヘ