博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:社会 > 家庭

    1: おち〇ちん ◆d9eTMNEKrI (えびふりゃー) [US] 2019/11/15(金) 22:40:43.34 ● BE:547841423-PLT(25252)
    ヒートテック着ると痒くなるのなんでなの?
    https://www.uniqlo.com/jp/store/list/basic/mobile/meninner/heattech
    【ヒートテック着ると痒くなるのなんでなの 】の続きを読む

    1: まがたん(茸) [FR] 2019/10/20(日) 17:10:49.92 ID:3V+GHULT0 BE:422186189-PLT(12015)
    「賃貸か持ち家か」この問題は永遠のテーマのようなところがあり、何度でも話題にのぼる。
    10月15日のガールズちゃんねるに、結婚を考えている女性から「一生賃貸ってどうですか?」と問うトピックが立った。
    彼氏と家の話になったとき、「一生賃貸がいい」と希望を伝えると、「えーそれはちょっと…俺は庭付きの一軒家が欲しい」と言われたそうだ。トピ主は

     「有り余る程のお金があるなら別として、今の不安定な時代にローンを組んで何千万という買い物をするのがリスクに感じてしまいます」

    と心配していた。

    これまでこの話題は、意見が分かれ、どちらかと言えば「持ち家がいい」という声が多かった。
    だが、今回は「賃貸がいい」という人のほうが大勢を占めているようだった。(文:okei)

    ■「高齢になると借りられなくなる」VS「高齢者でも借りられるよう変わってきている」

    トピックは注目を集め、2000以上のコメントが入った。

    まず、「死ぬまで家賃払えるならいいんでない?」など老後の課題が上がった。
    「賃貸は、借りれなくなる日が来るぞ。年齢でね」という声も。
    確かに賃貸オーナーは孤独死などを恐れ、高齢者を避ける傾向はある。

    ただ、これに対して多くの人が、「高齢者でも借りられるよう変わってきている」と指摘している。

     「公的物件あるから大丈夫。URへ。役所の方で紹介してくれるよ」
     「徐々に変わりつつあるよ。高齢化社会がどんどん加速していく中、従来のやり方では不動産業界も生き残れないからね」

    という声も。URはかつて「公団住宅」といわれた公的な賃貸住宅だ。
    現在は高齢者向けにリノベーションした物件を用意したり、低所得者への家賃補助なども行っている。
    超高齢化へ進む日本では、高齢者に貸さないなどと言っていては商売が成り立たず、「今後どんどん変わっていく」という意見が次々上がっていた。

    2019年10月19日 8時0分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17255599/

    画像
    no title
    【武蔵小杉タワマンで証明された「庭付き一戸建て最強説」 】の続きを読む

    1: ポコちゃん(秋田県) [US] 2019/10/19(土) 14:37:29.91 ID:4F/JLiFJ0 BE:194767121-PLT(12001)
    日本の腰痛生涯有病率は83%、「一家に1台アシストスーツ」が救世主に!
    https://newswitch.jp/p/19694
    【みんな笑うけど、ぎっくり腰になると地獄の日続くんだぜ 】の続きを読む

    1: 石ちゃん(青森県) [US] 2019/10/19(土) 18:44:44.04 ID:x2giptpw0● BE:711178767-2BP(2000)
    みゆみゆ姉妹ママ♡@miyumiy93263587
    きょう耐えられなくて上のガキ2回頭叩いたわ。
    みなさん子どもがどーしても言うこと聞かなかったりするときのイライラは我慢できない時どーしてるの?
    ママのコンディション悪ければ我慢できない時もあるよね
    午後1:45 · 2019年10月16日

    さゆ@3y10m&2m@2374241117a
    この前あまりにも頑なに風呂入らないとゴネるから服のまま強制入室、服のままシャワー、それでも諦めめず暴れるからぶち切れてびしょびしょのまま外に出した。
    寒いだろうしもう超大泣きでまわりに響きまくりだけどやっと風呂入ってくれた。すごい疲れた。
    こうでもしなきゃやってくれない時あるよ
    午後11:02 · 2019年10月17日
    no title
    【ママさん「子共が風呂ゴネっから強制で服のまま風呂入れて外に出したら泣いてんの、マジ疲れる」 】の続きを読む

    1: シンガプーラ(調整中) [US] 2019/09/27(金) 11:20:54.17 ID:MKc0GK3w0 BE:194767121-PLT(12001)
    心穏やかに過ごすための「他人事」思考のススメ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00215342-diamond-bus_all
    【親に否定され続けた子供って一々他人の顔色を見る様になるよな 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/15(日) 06:00:54.63 ID:tyfS83wc9
    電車広告やテレビCMでも、以前と比べて「婚活サービス」の文字を目にする機会は増え、サービス提供会社の増加傾向も見られます。
    元来、結婚に第三者が介在する「婚活サービス」、いわゆる結婚相談所には「結婚相手を見つけるための最終手段」といった、どちらかというとネガティブなイメージがつきものでした。

    ですが、現在その状況は変化しつつあり、より身近なサービスとして受け入れられるようになっています。
    その背景を、結婚を希望する人たちの意識や行動、取り巻く環境をデータを踏まえながら解説したいと思います。

    ■ミレニアル世代注目の結婚手段はお見合い?

    2016(平成28)年の内閣府による調べでは、年間婚姻件数は62万531組、婚姻率(人口1000人当たりの婚姻件数)は5.0%と過去最低を記録しています。
    2013(平成25)年版厚生労働白書によると、「人は結婚するのが当たり前だ」という結婚観は1984年61.9%だったのに対し、2008年には35%にまで減少しています。
    今、結婚は「する」「しない」を選択する時代になったといえます。

    しかし、結婚を否定する人が増えたわけではありません。
    内閣府が2014(平成26)年に行った「結婚・家族形成に関する意識調査」では、20~30代未婚者の77.7%が結婚を望むという結果が出ています。

    では彼らはどのように結婚への道をたどるのでしょう。

    そこで注目したいのは、その手法です。時代をさかのぼると、50年前は「結婚」は家族と家族の結びつきの象徴とされ、家族やその周囲からの紹介「お見合い」で成立していました。
    その後は、女性の社会進出やバブル景気も追い風となって「恋愛結婚」が進んでいきました。まさにその流れを受けて「恋愛結婚」が主流の現代で、今は結婚への手法に変化が起きています。

    以下ソースで 
    https://news.nifty.com/article/magazine/12208-404373/2
    2019年09月14日 07時20分 東洋経済オンライン
    【【婚活】20代の「結婚相談所」利用がじわり増える背景 】の続きを読む

    このページのトップヘ