博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 数学

    1: すらいむ ★ 2021/02/18(木) 13:28:23.89 ID:CAP_USER
    【数学間違い探し】時速10kmと時速30kmを平均したら時速20km?

    ----------
     芳沢光雄さんによる新連載「数学間違い探し」。
     今回は、意外に誤解している人も多い「平均速度」と、「文字式」に関する問題です。
     ぜひチャレンジしてみてください。
    ----------

     本年1月17日の「数学間違い探し」(第1回)は意外と多くの読者に関心をもって読んでいただき、ここに感謝する次第である。
     もともとは国民の知的好奇心が高い証である、左右の図を見比べる「間違い探し」に根強い人気があるからだろう。

     もっとも「数学間違い探し」という題は、暗記だけの数学の学びに対する危機感(拙著『AI時代に生きる数学力の鍛え方』(東洋経済新報社)参照)から思い付いたという背景もある。

     本連載では毎回、初級、中級、上級の3題の「間違い探し」問題から構成し、問題の後で背景を含む詳しい解説をする。

    初級問題
    ----------
    【問1】 場所アから場所エまで一本道がある。
     途中に場所イと場所ウがあり、アイ間も、イウ間も、ウエ間も、それぞれの距離は60kmである。
     ある車は、アとイの間を時速10kmで走り、イとウの間を時速20kmで走り、ウとエの間を時速30kmで走る。
     それを知ったA君は、次のように考えた。

    「時速10km と時速20km と時速30km の平均は時速20kmなので、車が場所アから場所エまで走行するときの平均速度は時速20kmになる」
     A君の考えが正しければ「正しい」と答え、間違っていれば訂正して正しい答えを書きなさい。
    ----------

    (以下略、続きと中級・上級問題はソースでご確認下さい)

    現代ビジネス 2/16(火) 8:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6dae29ab215e312500e7da42ea2b78a78a410b1

    【【数学間違い探し】<初級問題>時速10kmと時速30kmを平均したら時速20km?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/07/23(木) 18:59:58.04 ID:33yOvgbv9
    パズルデザイナーの息子が考えた「ぼうを1本動かして、正しい等式にせよ」という問題が、超難問だとTwitterで話題を呼んでいます。数学者も悩ませたその問題とは……!

    【画像で見る:問題の答え】
    no title


    ツイートを投稿したのは、プロのパズル作家として活躍する田守 伸也(パズル作家)@tamori_puzzlesさん。仕事仲間の息子で小学4年生の行人(ゆきと)さんが考案した問題を紹介しました。

    行人(ゆきと)さんが考案した問題
    間題 ぼうを1本動かして、正しい等式にせよ。

    4-3=5+2

    田守さんはこの問題について「数学者さんを悩ませた面白い問題」とコメント。ツイートは1万8000件以上リツイートされた他、4万2000件以上の“いいね”も獲得し、大きな注目を集めた一方、正解者はなかなか現れませんでした。


    行人(ゆきと)さんが考案した問題 解答編
     
    ここからは問題の答えを紹介します。ネタバレしたくない人はご注意ください。

    注目する必要があったのは数式そのものだけではありませんでした。冒頭に書かれていたのは「間題」という漢字。そう「問題」ではなく「間題」だったのです。間の“日”からぼうを1本取って、「4-3=5+2」のマイナスに加えれば「4+3=5+2」となり等式が成立しました。これは盲点……!

    子どもならではの柔軟な発想で作られたこの問題、皆さんも正解できましたか?

    画像提供:田守 伸也(パズル作家)@tamori_puzzlesさん
    問題作成:行人(ゆきと)さん

    7/23(木) 16:51 ねとらぼ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc3d6222b92cb63b7cf1e0e48e1a0f188778b754

    【【ツイッター】「4-3=5+2」の棒を1本動かして正しい等式にせよ 小4が考案、数学者も悩ませた間題が超難問と話題】の続きを読む

    1: 名無しさん@おだいじに 2013/11/17(日) 10:37:19.91 ID:???
    医学部入試では数学が重要であることが多く、数学が得意な受験生が医学部に入ってきます。
    しかし医学部で必要とされる数学は、「大学教養の統計学ができれば十分」(某医学部教授)だそうです。
    実際、医学に必要な数学とはどの範囲でどの水準なのでしょうか?
    【医学に必要な数学とは?】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/04/03(金) 18:33:44.93 ID:CAP_USER
    2020.4.3 17:45ライフ科学

    no title



     京都大の望月新一教授が証明した「ABC予想」は整数の性質に関する問題で、数学の多くの未解決問題の中でも超難問として知られる。

     ABC予想は1以外の公約数を持たない自然数A、Bと、その和であるCについて、それぞれの素因数分解がどのように関係しているかを示した不等式。望月氏によると、足し算と掛け算の「絡み合い方」の性質に関する予想だという。

          ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.sankei.com/smp/life/news/200403/lif2004030087-s1.html
    【【数学】 ABC予想は超難問 解ければフェルマーの最終定理証明も】の続きを読む

    1: ハナコアラ(ジパング) [ヌコ] 2019/10/30(水) 13:52:54.17 ID:lP5zibaC0● BE:842343564-2BP(2000)
    no title


    数字に色がついて見える? あなたにも「共感覚」は備わっているかもしれない
    https://www.lifehacker.jp/2018/05/you-may-have-synesthesia-and-not-know-it.html
    【「赤は1」「緑は5」数字に色がついて見える「共感覚」にわかるとの声 】の続きを読む

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/08/13(火) 04:25:43.36 ID:wQ3IUHv19
    数学的思考は抽象的思考の頂点だ。しかし、スイスのジュネーブ大学(UNIGE)とフランスのブルゴーニュフランシュコンテ大学の研究チームの調査によると、ハイレベルな数学者であっても、小学生レベルの算数の文章問題を間違えることがあるという。研究結果は、2019年6月28日付けの『Psychonomic Bulletin&Review』に掲載されている。

    学校で教える算数では、オレンジとリンゴを合わせてデザートを作ったり、花瓶の数に合わせてチューリップの花を分けたりと、日常生活の具体的な例を使っている。研究チームは、日常生活の知識は数学的推論にどの程度影響するかを調査した。調査対象となったのは、標準的な大学教育を受けてきた成人グループと、ハイレベルの数学者のグループだ。

    我々は数字を見ると、心理的に数直線上もしくは集合としての値として考える傾向にある。そこで、研究チームは、被験者に同じ値/数式/解を持つ問題を、文脈を変えて出題した。問題は全部で12問で、そのうち6問は、身長、建物が完成するまでの時間といった、内容を数直線で表すことができる問題。残りの6問は、動物の数、レストランでの会計といった、要素が集合としてグループ化できる問題だ。下にそれぞれの例を挙げる。

    問1「小人Aがテーブルの上に登ると、高さ14cmになります。小人Bは小人Aより2cm低く、同じテーブルに登っています。小人Bはどれくらいの高さになりますか」

    問2「花子さんは猫と犬を14匹飼っています。太郎さんの飼っている猫は花子さんより2匹少なく、犬の数は同じです。太郎さんは何匹動物を飼っていますか」

    解答はリンク先へ

    正解率は問1と問2で大きく差が出る結果となった。成人グループの正解率は、問1が82%、問2は47%。さらに驚くべきことに、数学者グループの場合は、問1が95%、問2になると76%に下がったという。問2を間違えた参加者たちは「解なし」と考え、正解した参加者も、解答に時間がかかったという。

    この結果について、人が持つ一般的な知識が単純な計算を妨げたためと研究チームは考えている。つまり、人は集合の問題では部分集合の値を自動的に使おうとするため、問2で花子さんの犬の数を計算しようとした結果、犬の数がわからないため解けない問題だと考えてしまったということだ。そして、これは抽象的で文脈に依存しない推論を習得している数学者でさえも、無関係の非数学的知識のため、単純な計算を間違ってしまう場合があることを示している。

    直感的に解ける数直線問題と異なり、集合問題は視点を変える必要があることを、数学教育では考慮に入れる必要があると論じている。「非数学的な直感から我々自身を切り離す必要がある」と研究チームは結論付けた。

    https://fabcross.jp/news/2019/20190809_expert-mathematicians-stumped-by-simple-subtractions.html
    【【解答】高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは 】の続きを読む

    このページのトップヘ