博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:ネットビジネス > ふるさと納税

    1: パルサー(神奈川県) [RU] 2019/08/23(金) 17:43:20.81 ID:Cq4Azzly0● BE:121394521-2BP(3112)
    ふるさと納税、この悪魔のシステムは改良の必要がある

    ふるさと納税をしてしまった。岡山県赤磐市に7万円寄付すると白桃8個とシャインマスカット2房が届いた。
    特に白桃は冷やして食べるとジューシーで本当に美味しかった。娘は大喜びだった。

    やり方は簡単だった。スマホで検索してふるさと納税のサイトを適当に選び、自分の年収を入れると、年間の寄付の限度額を教えてくれる。
    あとはカタログショッピングのように好きな返礼品を限度額以内で選ぶだけでかかる費用は2000円。寄付したお金は全額返ってくる。

    ざっくり言うと年収700万円の人は7万7千円まで寄付できる。返礼品は寄付額の3割以内なので、2万3千円分の返礼品がもらえる計算だ。

    美味しい桃とシャインマスカットを食べたい、というのが赤磐市に寄付した第1の理由。

    実は赤磐市というのは初めて聞く地名で、従って思い入れもない。
    白桃とシャインマスカットの返礼品が岡山の他の自治体に比べて「割が良かった」ので赤磐市に寄付しただけだ。これが理由の2番目。

    3番目は、僕の払っている住民税の額に比べて東京都や僕が住む区から受けている公共サービスが少なすぎるという不満である。
    で、東京都と居住区に復讐するために税金を他の自治体に移したというわけだ。

    これがふるさと納税の実態である。節税してカタログショッピングを楽しんでいるくせに、
    あたかも善行をしたような顔をして、おまけに居住地の行政に復讐する、こんなに楽しいことはないが、何かおかしい。

    これを考えたのは総務官僚らしいのだが天才だと思う。ただ天才が考えた悪魔のシステムだ。
    これを利用して金儲けをたくらむやつがいっぱい出てきた。

    いかそ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00010003-fnnprimev-pol
    【ふるさと納税、この悪魔のシステムは改良の必要がある 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [RU] 2019/05/14(火) 18:08:07.93 ID:HobSbY8n0● BE:842343564-2BP(2000)
    ふるさと納税、泉佐野市など4市町除外を正式発表
    2019年5月14日 15:10

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44766350U9A510C1EA2000
    総務省は14日、6月に始まる「ふるさと納税」の新制度で静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町の参加を認めないと正式発表した。
    6月1日以降、これらの市町に寄付しても制度上の税優遇は受けられない。過度な返礼品競争には歯止めがかかるが、生まれ故郷や応援したい地域を活性化するという本来の趣旨に沿うかは依然として微妙だ。
    【「泉佐野市ふるさと納税排除ざまあww 」市長「地方交付税の144年分を稼ぎました」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2019/04/11(木) 19:38:41.21 ID:R1y8JmVi0 BE:754019341-PLT(12345)
    『国はあまりに一方的かつ姑息』泉佐野市が会見開いて徹底批判…「ふるさと納税を縮小させたいのか」
    https://www.ktv.jp/news/articles/d07fb3469ab64ec8bb7842cd1158e43f.html

    先月、国は地方税法を改正し、「返礼品は寄付額の3割以下」「地場産品に限る」といったルールを、ことし6月から、厳格に適用することになりました。

    また、これまでの寄付の集め方に問題がある自治体は、制度自体に参加させない方針も示しています。

    しかし、泉佐野市は、アマゾンのギフト券100億円還元キャンペーンを今月になって再開するなど、強気の姿勢を崩していません。
    (略)
    【【ふるさと納税】泉佐野「Amazonギフト券を認めろ! 特産品が無い持たざる者に配慮しろ!!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ