博士ニートまとめ

博士を取りましたが進路が定まっておりません。
また、将来きちんと定職に就ける保証もありません。
私のような博士は多いはず。そのような場合でも生活ができるようにと考えて始めたまとめサイトです。
普通のまとめサイトとは異なり、自分で書いた記事も投稿していきます! もし不適切なところなどがありましたら、メニューバーのコンタクト、右カラム下側のメッセージや記事のコメント欄等に書いてお知らせください。できるだけ迅速に対処させていただきます。

    カテゴリ:科学 > 古生物

    1: 一般国民 ★ 2019/06/18(火) 17:30:49.42 ID:CAP_USER
    むかわ竜は「新種の恐竜」 背骨などに特徴、学会報告へ
    https://www.asahi.com/articles/ASM6L3667M6LIIPE001.html
    2019年6月18日15時06分
    朝日新聞デジタル,朝日新聞,深沢博

     北海道むかわ町穂別で見つかった恐竜「むかわ竜」(通称)について、北海道大学総合博物館の小林快次教授は18日、「新属新種の可能性が極めて濃厚」と発表した。
     21日から静岡市で開かれる日本古生物学会で報告する。

     小林教授によると、前脚がきゃしゃで細いこと、背骨(胴椎骨〈ついこつ〉)の上にのびる突起(神経棘〈きょく〉)が大きく前に傾いていること、
     頭骨にも多くの固有の特徴がみられることなどから新種と判断。骨の分析などから、9歳以上の成体で、体重は4~5・3トンと推定している。
     また、系統の解析結果で、ハドロサウルス亜科のエドモントサウルス類というグループに属していることも分かったという。

     「むかわ竜」は全長8メートル以上の植物食恐竜。2003年、約7200万年前(白亜紀後期)の地層から尾の骨の一部が見つかり、その後、全身の骨格が発掘された。
     大きさや全身の8割以上の骨が発掘されたことなどから「日本一の恐竜化石」と呼ばれている。

     研究グループはすでに論文を投稿しており、論文が掲載されれば新属新種として正式に認定される。
     むかわ町穂別で会見した小林教授は「新種が確定すれば国内8例目になるが、これだけの骨がそろった大型恐竜化石はほかにない。
     他の恐竜には見られない固有の特徴が多く見られる。世界に発信していきたい」と話した。

     「むかわ竜」は7月13日から東京・上野の国立科学博物館で開かれる「恐竜博2019」(国立科学博物館、朝日新聞社など主催)で、実物化石と全身復元骨格標本(レプリカ)が公開される。
     (深沢博)
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【【古代生物】むかわ竜は「新種の恐竜」 背骨などに特徴、学会報告へ】の続きを読む

    1: ライオン(大阪府) [US] 2019/09/05(木) 20:18:32.48 ID:N6HZeUBd0 BE:329591784-PLT(12100)
    【ロンドン時事】「ネッシー」は存在しなかった-。英北部スコットランドのネス湖で目撃情報が相次ぎ、20世紀最大
    の謎の一つとなった「未確認生物(通称ネッシー)」をめぐり、国際的な科学者チームは5日、「正体はおそらく巨大
    なうなぎだ」と発表した。未知の生物の存在を示す科学的な証拠は「全く見つからなかった」という。

    調査はニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授らのチームが実施。ネス湖の約250カ所でサンプルを
    採取し、水中に存在する膨大な量の生物由来のDNA(環境DNA)を調査・分析した。

    ゲメル教授は5日の記者会見で「大量のうなぎのDNAを発見した」と説明。「うなぎが通常よりも極端に大きく成長
    する可能性もある」と指摘した。ただ、教授は「よく分からない点も多くある」とも述べ、さらなる解明の必要性を訴え
    た。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090501201&g=int
    【【悲報】科学者チーム「ネッシーはいない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ